ヨラン・ペールゼン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヨラン・ペールゼン
外国語表記 Yoran Pailsen
登場作品

ボトムズシリーズ

声優 大塚周夫
デザイン 塩山紀生
初登場SRW 第2次スーパーロボット大戦Z破界篇
SRWでの分類 NPC
テンプレートを表示
プロフィール
種族 人間(アストラギウス銀河出身)
性別
所属 ギルガメス連合メルキア軍 → 秘密結社
軍階級 大佐 → 少将
テンプレートを表示

ヨラン・ペールゼンは「ボトムズシリーズ」の登場人物。

概要[編集 | ソースを編集]

ボトムズシリーズを通して登場するギルガメス軍の将校で、ギルガメス・バララント百年戦争時の階級は大佐、終戦時に少将に昇進した。長年続いた戦争の毒気にあてられたのか、いつしか「理想の軍隊」の育成に心血を注ぐようになり、その理想はレッドショルダー隊の設立等で実行された。

戦中、「真空中でも死なない緑の泡に包まれた赤子」を偶然目にした事から、やがてそれを利用した「死なない兵士」の育成を考えるようになる。その後、250億分の1という凄まじく低い遺伝確率ながら、生存確率がケタ違いに高い生命体を「異能生存体」と命名し、その最たる者であるキリコ・キュービィーの能力を我が物にせんと画策する。しかし、悪い意味で完璧主義なのが仇となり、「たとえであっても従わない」キリコの存在が許せなくなり(あるいは絶対に殺されない異能生存体が恐ろしくなり)、抹殺を図るが失敗する。

レッドショルダーによる第三次サンサ戦役の功績で少将に昇進し栄華を極めるが、直後に異常なまでに多い訓練中の死亡者の数や、レッドショルダー隊の虐殺行為等が露見した事で失脚。一時メルキア連邦情報省の者に軟禁されるが事前に手を打ち脱出し、その後は秘密結社に身を寄せてしぶとく己の理想を成そうとしていた。

やがて、秘密結社の協力で「パーフェクトソルジャー」(PS)であるイプシロンの開発に成功するが、ペールゼンに恨みを持つグレゴルーバイマンムーザ、そしてキリコら元レッドショルダー隊員に潜伏先を襲撃され、瀕死のバイマン機の攻撃を受けて死亡した。

キャラクターの総評[編集 | ソースを編集]

簡単に言えば、キリコに底知れぬトラウマを植えつけた人物である。キリコが散々な目に遭い続けているのは、ペールゼン(とワイズマン)のせいである。また、キリコに対する執着はかなり年季の入ったものであり、ロッチナがキリコに注目するようになったのは、ある意味ペールゼンの影響

登場作品と役柄[編集 | ソースを編集]

Zシリーズ[編集 | ソースを編集]

第2次スーパーロボット大戦Z破界篇
初登場作品。大体原作通りだが、本作ではバーコフ分隊を結成させたのもペールゼンという事になっている。最期はバイマンに加え、グレゴルーやムーザらの一斉射撃で死亡した。

単独作品[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦Operation Extend
こちらも原作同様の役回り。本作ではバイマンとザキに止めを刺される。

人間関係[編集 | ソースを編集]

キリコ・キュービィー
異能生存体」として目を付け、配下に置こうとするが、誰にも従わない彼の姿に恐怖を覚える。
イプシロン
開発に携わったPS。ある意図を持ってプロトワンに情操教育を担当させ、人間の心を彼に与えた。
インゲ・リーマン
キリコに対する見解の相違は有ったものの、レッドショルダー隊のNo.2としてペールゼンを支えた。
グレゴルー・ガロッシュバイマン・ハガードムーザ・メリメ
彼らもキリコ同様、自分の理想に適わぬ「不良品」だったので、謀殺しようとする。最後にはバイマンに(『第2次Z破界篇』では全員に)よって引導を渡される。
フェドク・ウォッカム
ペールゼンが作成した機密文書「ペールゼン・ファイルズ」に興味を持ち、彼を軍事法廷から救い出す。
ペールゼンとその研究成果を自らの出世の為に利用しようとしたが、実は逆にペールゼンに利用されていた事に気付かず、最期は逃亡の為の生け贄にされてしまう。
ゲレンボラッシュ・ドロカ・ザキ
部下に命じて、彼にある「処置」を施させる。その目的は…?

他作品との人間関係[編集 | ソースを編集]

アリー・アル・サーシェス
第2次Z破界篇』において、彼の事を「もう少し従順であれば私の理想の兵士であった」と評している。

名台詞[編集 | ソースを編集]

野望のルーツ[編集 | ソースを編集]

「奇跡というものを、私は目撃した。それは、あるのだ!」
「異能生存体」の存在に疑念を抱くリーマンの問いに、こう返した。
「私は間違っていなかった。しかし、許すわけにはいかん」
キリコが異能生存体であると確信したペールゼンではあったが、同時に彼が己の理想とはかけ離れた存在であると気付き、キリコを「処分」するべく謀略を巡らせる。

ペールゼン・ファイルズ[編集 | ソースを編集]

「真実は、常に残酷だ。そしてそれは、認め難くもある。そうではないかね、ドクター?」
モナド攻略戦の最中、キリコの発言によりバーコフ分隊の面々が自分たちも異能生存体であると確信、あるいは思い込もうとし、口々に「俺達は死なねえ!」と叫びながら敵中に突撃している頃、ペールゼンがメンケンに語った言葉。その言葉通り、直後にコチャックが被弾したことを皮切りに不死であるはずの小隊員たちは次々と落命し、彼らはキリコ以外の面々は単なる近似値に過ぎないという「残酷な真実」を目の当たりにすることとなる。またこの場面は、本来ウォッカムの命令でペールゼンに拷問する立場であるはずのメンケンが、何故かペールゼンの部下であるかのように(実際にはそうであるのだが)振舞っており、ウォッカムも認識違いをしており、近々彼も残酷な真実を味わわされることになる伏線でもある。
「コアの暴走を自然現象と捉える君達がうらやましい。多くを悩まずに済む。私には偶然とは思えない。モナドにはキリコがいたのだ!」
コッタ・ルスケから「ギルガメス軍だけで1億2千万が死んだモナドの惑星爆発でもキリコが生き延びていると考えているのか?」と尋ねられた際の返答。
ペールゼンの認識は「惑星爆発からキリコが生き延びた」のではなく、「キリコが生き延びる為にモナドは惑星爆発を起こした」であった。その返事を得たルスケ…もといロッチナは上官のウォッカムを射殺。ペールゼンと共にキリコを追う人生へと突入する事になる。

ザ・ラストレッドショルダー[編集 | ソースを編集]

「私は知りたい。感情というままならない機能を持ちながら、人が、人でないそれ以上の存在に成れるのかをな」
「キリコは機械ではなく、人間の手によって殺さなければならない」
フィアナの「PSにとって『人の心』は不要なもの。何故イプシロンにそれを教えさせるのか」という問いに対して。
ペールゼン『お前を追っているのは、私の理想そのものだ。完璧なる兵士だ。貴様等ごときでは絶対に勝てんぞ?』
キリコ  「有難い忠告だな。だが俺たちが引き下がると思うか?」
ペールゼン「本気で私を殺せると思ってるのか?」
キリコ  「でないと、一生悔いを残すからな」
グレゴルー等と共にアジトに突入してきたキリコとの無線越しでの会話。この時はイプシロンの力に絶対の自信を持っていたのだが……。
「私は、間違っていたのかも知れん……危険過ぎる、キリコはあまりにも……殺せ!
その後、イプシロンに叩きのめされながらも自らの元にたどり着いたキリコの姿を見たペールゼン。かつて感じたキリコに対する恐怖が蘇ったのか、その言葉は自信に満ちたものではなく、弱々しい老人のそれであった。

余談[編集 | ソースを編集]

  • SRWではアナベル・ガトー役で知られる大塚明夫氏が大塚周夫氏の実子である事はよく知られているが、明夫氏が「声優デビューにあたってどれに出れば良いのか?」を父・周夫氏に相談したところ、周夫氏がヨラン・ペールゼン役を演じていた「ボトムズシリーズ」を薦められたという。
    • 実際に明夫氏の声優デビューはボトムズシリーズの一つであるOVA作品『機甲猟兵メロウリンク』で、しかもレギュラーキャラ(キーク・キャラダイン役)であった。