レイオス・プラン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search

ReEOTH(レイオス)とは「Reliable Extra Over Technological Hybrid」(高信頼化された異星人技術複合体)の略で、超技術「EOT」の信頼性を上げるため、地球連邦軍マオ・インダストリーで立ち上げられたプラン。EOTは地球上の技術を遙かに凌駕するため、最前線に配備される強力な機動兵器や戦艦に数多く採用されているものの、技術解析が十分ではないために安定性や信頼性に欠ける面があった。これらの欠点を解消するため、より詳細な解析を行い十分なテストを重ね、安全なEOT運用を確立させる目的で立ち上げられたプランである。

RXR計画[編集]

これまで地球上で開発された技術を応用して、昇華・発展させる計画。

ART-1
RXR計画の初期段階としてR-1の発展後継機を開発。
バンプレイオス
RXR計画の最終到達点と思われる。

EXH計画[編集]

ヒュッケバインシリーズを基礎に「限りなく高い攻撃力と汎用性」をもつパーソナルトルーパーを作成する計画。

エグゼクスバイン
テストヘッド「エクスバイン」をベースに改修したスーパー・パーソナルトルーパー。愛称はゼクス。

その他のプラン[編集]

トロニウムエンジン
絶大な出力を制御できずに、不安定な要素であったが、プランの発動の結果、エンジンが安定するようになった。今のところR-GUNパワードバンプレイオスのみ調整されている。OGシリーズにおけるヒュッケバインMk-IIIに関しては不明。

関連人物[編集]

ケンゾウ・コバヤシ
カーク・ハミル
ロバート・H・オオミヤ

関連機体[編集]

ART-1
バンプレイオス

関連用語[編集]

SRX計画
マオ・インダストリー
トロニウム
XNディメンション