ロバート・H・オオミヤ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ロバート・ハジメ・オオミヤ
登場作品

バンプレストオリジナルOGシリーズ

声優
『F』特典ドラマCD
矢尾一樹
OGシリーズ
桐本琢也(現:桐本拓哉
デザイン 河野さち子
初登場SRW スーパーロボット大戦α
SRWでの分類 NPC
テンプレートを表示
プロフィール
愛称 ロブ
種族 地球人
性別
年齢 27歳
所属 マオ・インダストリー
役職 開発者
テンプレートを表示

ロバート・H・オオミヤは「バンプレストオリジナル」の登場人物。

概要[編集]

SRX計画に携わる科学者。親しい者は愛称のロブと呼ぶ(ゲームではロバートと表記される)。また、ミドルネームのHは「ハジメ」の略であり名前を漢字にすると「大宮 創」になる。

マオ・インダストリーの研究者であり、グルンガストシリーズの開発に参加している。また、擬似戦略・戦術シミュレーションゲーム「バーニングPT」の開発者でもある。人当たりが良く社交的で、バンプレストオリジナルのエンジニアとしては珍しい常識人。幼い頃に日本で生活しており、その時に日本の「ロボットアニメ」に興味を持つ。その関係からか、リュウセイ・ダテとは仲が良い。

カーク・ハミルとは気の合う仲だが、パイロットを機体のパーツと発言する彼とは異なり、ロブはパイロットの安全に最大限気を使うなど、方針はやや異なる。

人がいいためか押しの強い性格には弱く、マリオン・ラドムには意見をスルーされ、安西エリソフィア・ネートらのバイタリティに圧倒されるなど女性には押され気味である。

登場作品と役柄[編集]

旧シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦F
PS版予約特典のドラマCDに登場。グルンガストの開発スタッフとしてテスラ研に配属されたが、敵の襲撃に遭う。なお、この時のみ矢尾一樹氏が声を担当している。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦αα for Dreamcast
スーパー系主人公の場合に出番が多い。
ヒュッケバインMk-IIがリアル系主人公の手に渡った事件にイングラムと共に関与しているカークと異なり、ロブはグルンガスト弐式がスーパー系主人公の手に渡った事件には関与していない。
スーパーロボット大戦α外伝
第2次スーパーロボット大戦α
ダイゼンガーに、追加武装「ネオ・チャクラムシューター」と「Gインパクトステーク」を搭載しようとしたところ、ゼンガーに「いらん」の一言で却下される。この二つの武器はOGシリーズで換装武器として登場する。
第3次スーパーロボット大戦α
邪魔大王国に情報を要求された際、断固としてはねつけた為殺されそうになるが、ゼンガーに助けられた。本作では中盤までアルタードの調整とアルブレード・カスタムの移送に携わっていた。

OGシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATION
スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATION2
スーパーロボット大戦OG ORIGINAL GENERATIONS
スーパーロボット大戦OG外伝
第2次スーパーロボット大戦OG
スーパーロボット大戦OG ムーン・デュエラーズ
PV2にで登場が確認されている。
スーパーロボット大戦OG ディバイン・ウォーズ
本作から担当声優が桐本氏に変更された。
スーパーロボット大戦OG ジ・インスペクター

関連作品[編集]

スーパーヒーロー作戦
エンディングにて登場する。
Another Century's Episode:R
OGルートの第1話に登場。

人間関係[編集]

カーク・ハミル
同僚であり、気が合っている仲。
マリオン・ラドム
一応同僚であるが、機体の開発方針に相違があり、仲はあまり良くない。
ケンゾウ・コバヤシ
彼と協力して念動力を応用した兵器を開発。
ヴィレッタ・バディム
同じく同僚。カークと共に運用試験を彼女に任せている。
イングラム・プリスケン
かつての上司。彼の訓練に対してはリュウセイらを気遣っている。
フィリオ・プレスティ
先輩にあたり、プロジェクトTDを彼に引き継いだ。
リン・マオ
同社の社長。
リュウセイ・ダテ
同じ趣味で、意気投合。仲が非常に良い。
リョウト・ヒカワ
メカニックマンとしての後輩であり、様々な分野を教えている。
安西エリ
共同で超機人のモニタリングや解析作業を担当。
ソフィア・ネート
安西エリと同期であり、『OG外伝』以降、ソフィアがアースクレイドルからテスラ研へ移動してからは共同で作業することが多い。

版権作品との人間関係[編集]

ショット・ウェポン
αではテスラ研時代からの先輩・後輩の間柄という設定で、彼と共にSRX計画に関わっていた。
葵豹馬
α中盤の極東地区ルートで両腕に重症を負った彼へ、SRX計画から派生した義手の接合手術を施す。後に、リハビリもままならぬ状態で戦おうとする彼の無茶振りを「それでこそスーパーロボット乗り」と称賛し、出撃準備に協力する一幕も。
北小介四ッ谷博士浜口博士
α中盤の極東地区ルートでは、地球の頭脳たる彼らですら開発に難航していた新型超電磁エネルギー発生装置「ウルトラマグコン」の技術的問題点をあっさりと解決し、彼らに一目置かれる。
兜甲児
α外伝では甲児がテスラ・ライヒ研究所にいた事で親しい仲になっていた。

名台詞[編集]

αシリーズ[編集]

「いやあ…テスラ研時代の上司、ビアン=ゾルダーク博士とジョナサン=カザハラ博士の指導のお陰だよ」
αDC)』中盤の極東地区ルートで難航していたウルトラマグコンの問題点を解決へと導き、小介から自身の天才振りを称賛された際に、2人の「」の名を挙げて謙遜する。
「これ以上、ちずるちゃんに心配を掛けるなよ」
ちずると痴話喧嘩を繰り広げられるまでに回復した豹馬の術後の経過に満足し、さり気なく彼女を気遣うようアドバイスを送るが、朴念仁の豹馬には何の事やら理解出来なかった模様。
「ショット博士といい、シャピロ少佐といい…一連の事件はSRX計画絡みの人間が原因、か」
「人々を守るためのマシンを開発していた連中が…こぞって敵に回るとは皮肉だよ。俺達は一体何をやっていたんだろうな…」
『α(DC)』(ゴラオン隊ルート)第43話「静止した闇の中で」にて、極東基地へ出頭した主人公からイングラムの離反を告げられ、SRX計画関係者が立て続けに事件の中心人物と化す現状を嘆く。直後、自分だけは絶対に「主人公やリュウセイ達を裏切らない」と誓うロブだったが…。

OGシリーズ[編集]

「フッ…テスラ研で厳しい修行を積んだこの俺に、あの程度の仕掛けが通用するものか」
OG1』リュウセイ編#16話「スターバク島波高し」にて、リオンに仕込まれていた爆弾トラップを切り抜け格好をつける。
が、「結局爆発したんなら通用したと思う」とガーネットに突っ込まれると返す言葉もなかった。
「だが、それでも…! せめて、俺の作ったマシンに乗っている人間だけでも…殺したくはない」
「それすらも偽善やエゴだってことは承知してる。だが、その感情が俺に残された最後の…」
「最後の良心なんだ…!」
『OG1』リュウセイ編#17話「ラスト・バタリオン」より、R-1で出撃しようとするリュウセイを止めようとして。
ロブのスタンスを表す代表的な台詞であり、カークのそれとは双璧をなしている。
「君と似たような経緯でね……学生だったが、パーソナルトルーパーに乗って戦うようになった者が、鋼龍戦隊には何人かいる」
OGMD』地上編#8話「光るグランティード」より、出撃を止めない事をトーヤから聞かれて。言われてみれば戦うようになる切っ掛けが似ている人も何人かいる。

関連機体[編集]

関わった機体は数十機に及ぶ。

SRX計画
R-1R-2パワード)、R-3パワード)、R-GUNパワード)、SRXART-1バンプレイオス
ヒュッケバインシリーズ
ヒュッケバインMk-III
グルンガストシリーズ
グルンガスト弐式グルンガスト参式
超機人
龍人機
ダイナミック・ゼネラル・ガーディアン
ダイゼンガー
アルブレード
...「ロバート・H・オオミヤ」についてさらに詳しく
Has subobject「Has subobject」はコンテナ構造を表す定義済みのプロパティであり、Semantic MediaWiki によって提供されています。
開発者 +
ロブ +