R-2パワード

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
R-2パワード
読み アールツーパワード
外国語表記 R-2 Powered
登場作品

バンプレストオリジナル超機大戦SRX

SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
正式名称 Real Personal Trooper Type-2 Powered
分類 パーソナルトルーパーSRX計画)(Rシリーズ
型式番号 R-2P
全長 24.2 m
重量 152.4 t
動力
  • 核融合エンジン(新)→トロニウム・エンジン(新 宇宙編)
  • トロニウム・エンジン兼核融合エンジン(αシリーズ)
装甲材質 ゾル・オリハルコニウム
基本OS TC-OS
素体 R-2
合体形態 SRX
開発者 カーク・ハミル
製造 マオ・インダストリー
所属 地球連邦軍極東支部SRXチーム
パイロット ライディース・F・ブランシュタイン
テンプレートを表示

R-2パワードは『バンプレストオリジナル』の登場メカ

概要[編集]

SRX計画で開発されたパーソナルトルーパー・Rシリーズの2号機。正式名称は「Real Personal Trooper Type-2 Powered」。

R-2に、重金属粒子砲であるハイゾルランチャーやショルダー・アーマーといったプラスパーツを装着した砲撃戦用のパーソナルトルーパーで、SRXの動力源となるトロニウム・エンジンを搭載している。

R-2にはT-LINKシステムが搭載されていないため、パイロットが念動力者である必要はないが、SRX合体時にトロニウム・エンジンの出力調整、機体のダメージコントロール、R-1R-3パワードのパイロットのメディカルチェック等を担当することから、パイロットには一流以上の技量が要求される(ライリュウセイに対して、SRX合体時に自分が行なわなくてはならない役割の多さを語っていた)。

登場作品と操縦者[編集]

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
マップ兵器持ちではあるが、運用面から長射程からの攻撃がメインであろう。
スーパーロボット大戦α外伝
リュウセイの口からR-1共々解体処分されてしまった事が語られる。
第3次スーパーロボット大戦α
再び組み立てられ、SRXに合体して戦っていたが、帝国観察軍によって破壊される。

単独作品[編集]

新スーパーロボット大戦
初登場作品。地上編中盤でR-2から強化される。ハイゾルランチャーが追加されるが弾数が少なく、機体性能もあまり変わらない。宇宙編では登場時からこの姿。運動性の低さは後々の作品まで影響を及ぼす。Iフィールド持ちなので、宇宙編におけるモビルスーツとの撃ち合いには負けない。
新スーパーロボット大戦 スペシャルディスク
フリーバトルに登場。

OGシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATION
キョウスケルートでは、SRXが正式に参戦しないので、分離状態で運用する事に。一方、リュウセイルートでは終盤は自由に合体できるので、分離状態で運用する機会が減る。
スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATION2
リュウセイとライは序盤で参戦するが、アヤの参戦が中盤なので、合体はそれまでお預け。
スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATIONS
ハイゾルランチャー(散弾)がALLW(全体攻撃・ダブルアタック可能)なので、敵の援護防御を崩すのに非常に有効。また、ライが直撃を持っていることもあり、SRX時には先手役として特殊弾(アーマーブレイカーなどの装甲ダウン系)使うのが良い。
スーパーロボット大戦OG外伝
引き続きOGSでも同じ運用が可能。今回はSRXになるタイミングが早いので、分離形態による特殊弾での攻撃役となるだろう。
第2次スーパーロボット大戦OG
序盤のラ・ギアス編ではマサキルートで合流。移動力の面からはザムジードと、長射程ALLと移動タイプ:水の面からはガッデスとのツインがよく噛み合う。地上帰還後は過去作と同様の先手役が有効。
スーパーロボット大戦OG ムーン・デュエラーズ
カルヴィナ編第1話から使用可能。
スーパーロボット大戦OG ディバイン・ウォーズ
スーパーロボット大戦OG ジ・インスペクター
スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATION THE ANIMATION
早くも合体するため出番はない。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

固定武器[編集]

バルカン
機体頭部に付いているバルカン砲。作品によって『頭部バルカン砲』だったり、『バルカン砲』だったりと、表記が異なる。
有線式ビーム・チャクラム
移動後に使用可能で射程もそれなりにある為、使い勝手が良い武器。作品によって格闘武器か射撃武器か扱いが異なり、OGシリーズでは射撃系になっている。なお、ライはこの武器やスラッシュ・リッパー等を使う際、『戦輪』という言葉を好んで使っているようだ。
ラウンド・チャクラム
スーパーロボット大戦αに登場する、自機中心型のマップ兵器。有線式ビームチャクラムを振り回す。OGシリーズでは、ゲーム中の武器としては未だ実装されていないが、『OGクロニクル』で使用している。また、OVAでも似たような攻撃を披露しているが、この時、ライのヘルメットに投影されたターゲットサイトは「殺」という文字だった。
ハイゾルランチャー
SRX合体時に腕部となるパーツから発射される重金属粒子砲。OGSではゲームシステムの都合上、集束と散弾の2種類が存在する。SRXの『ハイ・フィンガーランチャー』と同じ部分から発射されているにも拘らず、そちらとは演出は同じではない。
新スーパーロボット大戦では何故か機体の中央部辺りからやたら遅い速度で発射される。ダンコフの『オーバーレイ・アーティラリー』はきちんと肩キャノンから発射されるのに、どうしてプラスパーツから発射するアニメーションにならなかったのか…。
ハイゾルランチャー(散弾)
ビーム弾をばらまく散弾モード。全体攻撃。
ハイゾルランチャー(集束)
ビームを照射する収束モード。威力が高い。

換装武器[編集]

ビームソード
OGシリーズでは固定武装ではなく、換装武器扱い。有線式ビーム・チャクラムが使いやすい為、影が薄い。
マグナ・ビームライフル
ビームソード同様、OGシリーズでは換装武器扱い。同シリーズではビームコートを持つ敵が多い為、非ビーム系の武器に取って代わられる事も。

合体攻撃[編集]

フォーメーションR
R-1及びR-3パワードと繰り出す合体攻撃。SRXに合体できないOG1のキョウスケルートでは重宝する。

特殊能力[編集]

剣装備
切り払いを発動する。
盾装備
ビームシールドを使い、シールド防御を発動する。
ABフィールド / Iフィールド
どちらもビームによるダメージを軽減する防御機構。Iフィールドはガンダムシリーズのものの為、OGシリーズではABフィールドで登場する。
ホバー
機動力低下から、ホバー機能が与えられている。

移動タイプ[編集]

ホバー
ホバーはαのみ。OGシリーズでは水で代替している。新でも移動タイプ水を持つが、海適応Cでビーム兵器は使用不可なので水中戦は得意とは言い難い(元々の移動力が低いので、恐らくはその補助)。

サイズ[編集]

M

機体BGM[編集]

「EVERYWHERE YOU GO」
初参戦のにおける選曲、後にR-1及び、リュウセイ・ダテのメインテーマとなる。
「R-2パワード」
リアルロボッツファイナルアタックにおけるR-2パワードのテーマ。
「ICE MAN」
ライ専用BGM

対決・名場面[編集]

OG2地上ルート第36話(OGSでは第44話)『眠れ、地の底へ』
兄であるレーツェル・ファインシュメッカーが駆るアウセンザイターと連係し、仇敵であるアーチボルド・グリムズに引導を渡す。もし、イベント発生時にSRXに合体していたとしても、リュウセイが『SRX、合体解除するぞ! 行け、ライ! 行って、今度こそ奴とのケリをつけるんだ!』と促す。

関連機体[編集]

R-1R-3パワード
僚機。合体してSRXとなる。

商品情報[編集]