第6使徒ガギエル

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
第6使徒ガギエル
外国語表記 Sixth Angel Gaghiel
登場作品 新世紀エヴァンゲリオン
初登場SRW スーパーロボット大戦F
SRWでの分類 機体
パイロット
テンプレートを表示
生態
種族 使徒
動力 S2機関
テンプレートを表示

第6使徒ガギエルは『新世紀エヴァンゲリオン』に登場する生物。

概要[編集]

TVアニメ版第八話「アスカ、来日」にて登場。6番目に確認された水棲型の使徒で、EVA弐号機を輸送中の国連軍艦隊を襲撃した。

全長が推定500メートル以上の巨体でありながら、水中では俊敏な動きを見せた。初陣のアスカと無理やり同乗させられたシンジを苦戦させるが、葛城ミサトが発案した「弐号機が口をこじ開けた隙に、口腔内に自沈させたアイオワ級戦艦イリノイ・ケンタッキーの2隻を突入させ、コアに零距離射撃を撃ち込む」という奇策に敗れた。

劇中、襲撃だけではなく「何か」を探しているような動きを見せていたが、おそらく加持リョウジが密かに運んでいた第1使徒アダムを探していたものと思われる。

一方、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』では登場せず、代わりに全く違うデザインの「第7の使徒」がその役割を担う。

登場作品と役柄[編集]

スパロボでは水中戦の扱いは悪く、戦ってもゲッター3に投げ飛ばされる事が多い。

旧シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦F
原作同様、EVA弐号機の初陣の相手となる(ただしシャムシェルより先に出現する)。一定ターンが経過すると何故か撤退する。
最大射程1&空中に反撃できないので、撤退させるだけなら飛行ユニットで囲めばいい。しかしには上がらない(上がれない)ので、倒す場合はゲッター3で接近戦を挑まなくてはならない。A.T.フィールドもあるため、ゲッター3とEVA弐号機以外でダメージを与えられるのはゲシュペンストのプラズマカッターとガンダムMk-IIのハイパーバズーカが3段階程度改造+熱血込みでギリギリ、といったところ。他の機体は実質戦力外である。
倒しても撤退しても、2度と登場しなくなる。完結編』にも、唯一登場しない使徒である

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
シナリオ「海からのマレビト」または「紅いエヴァンゲリオン」に登場。事前のインターミッションの選択によってランバ・ラル隊か、ガギエルとどちらと先に戦うか変わってくる。
ガギエルは原作通り水中にいるので威力の高いビーム兵器は効かないが、同シナリオで初登場のEVA弐号機単機であっさりと殲滅可能。
スーパーロボット大戦α for Dreamcast
新規エンディングルートで再登場。もはや数合わせのような扱いで相手にならない。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦MX
直接は登場しないが、「EVA弐号機初登場時に、輸送中に洋上で使徒と遭遇。これを殲滅したものの、輸送艦が大破して立ち往生した」と言及されている。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

体当たり

特殊能力[編集]

A.T.フィールド
HP回復(小)

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

L

パイロットステータス[編集]

精神コマンド[編集]

F
ド根性熱血自爆
α
ド根性隠れ身

余談[編集]

  • 名前の由来であるガギエルは、魚を司る天使
  • 第3使徒サキエルとよく似た顔を持つが、番組企画書ではEVA弐号機の初陣の相手として海上で戦うのはサキエルの予定だった。