無限のリヴァイアス

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
無限のリヴァイアス
外国語表記 Infinite ∞ RYVIUS
監督 谷口悟朗
シリーズ構成 黒田洋介
キャラクターデザイン 平井久司
メカニックデザイン 山根公利
音楽 服部克久
M.I.D.
制作 サンライズ
(第9スタジオ)
放送局 テレビ東京系
放送期間 1999年10月6日 -
2000年3月29日
話数 全26話
初登場SRW スーパーロボット大戦X-Ω
テンプレートを表示

無限のリヴァイアス』はサンライズ制作のテレビアニメ作品。

概要[編集]

後に『ガン×ソード』『コードギアスシリーズ』を手がける谷口悟朗氏のTVシリーズ初監督作品。

極限状態に置かれた少年・少女達の心の動きを描いたSFサバイバルアニメ。

なお、本作の登場人物の一部には衝撃的な過去や裏設定を持つ者がおり、それは公式サイトで閲覧出来るが、本編のネタバレとなるものもあるので注意が必要である。

ストーリー[編集]

西暦2137年、大規模な太陽フレアによって出現した高密度のプラズマ雲「ゲドゥルトの海」に黄道面を境に太陽系の南半分が覆いつくされた。この「ゲドゥルト・フェノメーン」によって滅亡の危機に追いやられた人類は、ヴァイア艦による外宇宙進出を目的とした「ヴァイア計画」を秘密裏に発動した。

西暦2225年、相葉昴治が通う航宙士養成所「リーベ・デルタ」がテロリストの襲撃によって制御不能になり、圧壊し始め、教官達は全員殉職してしまった。その時、リーベ・デルタ内部に隠されていたヴァイア艦「黒のリヴァイアス」が起動。リヴァイアスに避難した昴治達487人の子供達は、救助が来るまでの間リヴァイアスでの生活を開始する。

ところが、子供達を救助するはずの軌道保安庁はリヴァイアスに対し攻撃を開始。これを退けた事により、リヴァイアスは逆にテロリスト扱いを受け、追われる身となってしまう。

昴治達は自分達の受け入れ先を求めて逃避行を続けていくが、それにより艦内は不穏な空気に包まれていき、混沌と化していく…。

登場人物[編集]

スパロボ毎の登場人物一覧については以下を参照して下さい。

メインキャラクター[編集]

相葉昴治
本作の主人公。
相葉祐希
昴治の弟。
蓬仙あおい
相葉兄弟の幼なじみ。
尾瀬イクミ
昴治の親友。
和泉こずえ
あおいの友人。
ファイナ・S・篠崎
チタニア出身の少女。
ネーヤ
黒のリヴァイアスのスフィクス。

ツヴァイ[編集]

正式名称は「操船科二期生」。士官候補生で構成されたエリートチーム。

ユイリィ・バハナ
ツヴァイのまとめ役。
ルクスン・北条
ツヴァイの自称リーダー。
シュタイン・ヘイガー
アインス・クロフォード
ケヴィン・グリーン
チック・クラート
クライス・モラーテ
チャーリー(グッド・タートルランド3世)
ラン・ラックモルデ
カラボナ・ギニー
ブライアン・ブラブ・ジュニア
グラン・マクダニエル

チーム・ブルー[編集]

土星圏出身のアウトロー集団。

エアーズ・ブルー
チーム・ブルーのリーダー。
フー・ナムチャイ
リュウ・ギイル
クリフ・ケイ
ミシェル・ケイ
ソン・ドッポ

その他の乗員[編集]

パトリック・キャンベル
カレン・ルシオラ
ニックス・チャイプラパット
雅明弘
市川レイコ
エマーソン・エルビィ
リリッシュ・フラゥ
ジョンソン・コール
シャーロット・ラキュナス
キブレ・キッキ
ラダン

ヴァイア計画関連人物[編集]

コンラッド・ヴィスケス
セルゲイ・ベルコビッチ
下村由吉
矩継真琴
ギッター・ペインティアム
アリス・アスターシャ
アンナ・ド・ポンパドゥール

登場メカ[編集]

スパロボ毎の登場メカ一覧については以下を参照して下さい。

ヴァイア艦[編集]

黒のリヴァイアス
生徒たちが乗り込んだ黒いヴァイア艦。スフィクスはネーヤ。
蒼のインプルス
ギッターが艦長を務める青いヴァイア艦。スフィクスは巻貝型。
深紅のディカスティア
アリスとアンナが艦長を務める赤いヴァイア艦。スフィクスは蜘蛛型。
灰のゲシュペンスト
コンラッドが艦長を務める灰色のヴァイア艦。スフィクスはマーヤ。
深緑のヴァイスハイト
第23話の冒頭にてシルエットの状態のみ登場したヴァイア艦。
山吹のディプロマーター
本編未登場のヴァイア艦。

ヴァイタル・ガーダー[編集]

ヴァイタル・ガーダー・アインヴァルト
黒のリヴァイアスに搭載されているヴァイタル・ガーダー。
ヴァイタル・ガーダー・回転衝角
蒼のインプルスに搭載されているヴァイタル・ガーダー。
ヴァイタル・ガーダー・エイステラール
深紅のディカスティアに搭載されているヴァイタル・ガーダー。
ヴァイタル・ガーダー・ガイスト
灰のゲシュペンストに搭載されているヴァイタル・ガーダー。

用語[編集]

ゲドゥルト・フェノメーン
異常噴出した太陽フレアにより太陽系全域が超重力とプラズマの渦巻く「ゲドゥルトの海」に覆われた現象。
地球も南半球がゲドゥルトに晒され、17億もの人類が失われた。将来的には太陽系の惑星全てがゲドゥルトに沈む事が予測されていることから、「ヴァイア計画」が開始される。
大災害である一方で、ゲドゥルトのプラズマエネルギーは、リーベ・デルタのような宇宙ステーションのエネルギーを充電するのにも用いられる等、人類の生活に欠かせないものにもなっている。
なお、ゲドゥルトの海はその深度をシアー(sere)という単位で表され、深度が深いほど環境は過酷になっていく。また、本作の物語の各話数を表す単位としてもsereが使われている。
ヴァイア計画
来たる第2のゲドゥルト・フェノメーンに備えた、ヴァイア艦による外宇宙進出計画。
ヴァイア艦
ヴァイア計画の核となる存在。重力制御能力を持ち、ゲドゥルト最深部へも潜航可能な航宙可潜艦。名称の由来は「ヴァイア」と呼ばれる宇宙生物を重力制御源としている事から。
通常の艦船よりも遥かに長く深くゲドゥルトの海に潜ることが可能となっており、艦内も極めて高度な重力制御によって常に1Gの状態が保たれている。
本来の用途は移民船であり、戦闘を目的として造られたものではないが、搭載しているヴァイタル・ガーダーと重力制御機能を転用することで通常の戦闘用艦船とは比較にならない戦闘能力を発揮する。
ヴァイタル・ガーダー
ヴァイア艦と対を成す存在である機動兵器。艦の要であるヴァイアを核としているため、搭載は各艦に1機のみ。パイロットは搭乗せず艦内から遠隔操縦される。
スフィクス(S-fix)
ヴァイア艦の制御中枢を司る存在。ソリッド体の形状は艦によって異なる。スフィクスの死はヴァイア艦の機能停止に等しい。
乗組員らの精神とリンクして効率的に艦全体のコントロールを行う機能を有しており、未熟なリーベ・デルタの訓練生らでも問題なく操艦や艦内機能の管理を可能としている。特に艦長として認識された者とのリンクは極めて強く、命令が最優先で処理されるため、ヴァイア艦の艦長となることは階級だけでなく、実際にヴァイア艦そのものを掌握するに等しいほどの権限を得ることと同義となる。このため、歴代リヴァイアスの艦長の中には隔絶された艦内社会の権力者として君臨した者も居る。
一方で、精神リンクのフィードバックから引き起こされる「バックヤード」と呼ばれる弊害により、航行が長期に渡ると乗組員の精神に異常をきたさせてしまうという問題点も抱えている。

楽曲[編集]

オープニングテーマ
「dis-」
エンディングテーマ
「夢を過ぎても」

登場作と扱われ方[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
初登場作品。2017年3月10日配信の『生スパロボチャンネル』にて第2期参戦作品の第13弾として発表され、2017年4月に追加参戦。
初登場の強敵イベント「じぶんらしくあるために」ではリヴァイアスに『ドラグナー』のケーンタップライトの三人や劇場版ナデシコアキトが乗り込み、クロスオーバーが行われる。第21話(Sere21)以降のイクミ政権と灰のゲシュペンスト戦のエピソードが再現されている。
その一方で、ブリッジクルーをケーン達が兼任する等、リヴァイアス側の登場人物は抑え目である。
参戦へのネックの一つとされていたゲドゥルトの問題に関しては異常重力に耐えられる重装甲の機体バリアを使用する機体によって、この問題を回避している。
2017年8月のイベント「信じる心」では、惑星アーストに飛ばされた際にクルーが分断される。特に尾瀬イクミと和泉こずえにスポットが当たっており、機甲界ガリアンや同じく世界に転移させられた天元突破グレンラガンのメンバーに励まされながら、答えを出していくストーリーになっている。

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 登場メカ 備考 再現スパロボ
1 きたるべきとき
2 よけいなこと
3 うなばらをこえて
4 リヴァイアスのわ
5 ちいさなまとまり
6 ぼくのせつな
7 かわりゆくとき
8 なにもしらなかった
9 ヴァイタル・ガーダー
10 しんじられなくても
11 まつりのあと
12 みらいのありか
13 ふれあうことしか
14 いしきしすぎ
15 ながされるまま
16 ゆがむせかい
17 じゆうなちつじょ
18 わかりあえない
19 えがおできみと
20 ゆずれないもの
21 あしたなんかいらない
22 いきのこるために
23 ちぎれたかこ
24 あいばこうじ
25 おれであるために
26 あした

余談[編集]

  • テレビシリーズ終了後、インターネット上にて番外編『無限のリヴァイアス いりゅ~じょん』が配信された。商業ベースのアニメ作品においてウェブアニメが制作された初のケースとされる。
  • 未参戦作品/一覧の項で述べられている通り、本作はその作中設定やシチュエーションの特殊性からスパロボ参戦が困難な作品の一つとされていた。
    • 他方、そのようなファンサイドの懸念とは裏腹に監督を務めた谷口悟朗氏は本作のスパロボ参戦を熱望しており、本作の制作中にお遊びでスタッフにメインロボットであるヴァイタル・ガーダーのスパロボ風のグラフィックを描かせていた事がムック等で明かされている。
    • 谷口氏はリヴァイアスの政権担当者によって精神コマンドの使い手が変わり、なぜか昴治は常に居ることを考えていた。
  • 本作のシリーズ構成を務めた黒田洋介氏は「遂に俺もガンダムを書かせてもらえることになったかと意気込んでいたが、勘違いであった」というエピソードがある。
    • なお、黒田氏のガンダムへの参加は、この7年後に実現することとなる。
  • この番組の30分後に放送されていた『超生命体トランスフォーマー ビーストウォーズメタルス』(未参戦)において「夕方に小難しい話をしていられるか」と、この番組のことを揶揄するかのような台詞が出ているが、これは本来はシリアスな設定である原語版『ビーストウォーズメタルス』を、日本語吹き替えにあたり子供達に親しみやすいようユーモラスな翻訳やアドリブを行った件についての発言であり、本作を指している訳では無い。
  • 当初の結末は「昴治はイクミに殺され、それが元で艦内では殺し合いが勃発し、事件後、生き残りの1人であるユイリィが艦内で起きた惨劇を説明する」というバッドエンドになる予定だった。
    • オープニング映像で「宇宙の闇に消えていくような昴治」は、死亡案の名残である。
  • 元々はアニメではなく、アドベンチャーゲームとして企画が進められてきたが監督の意向やスケジュールの都合上アニメ放映という形となった逸話がある。