ファトム・モエラ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
ファトム・モエラ
外国語表記 Phatom Moera
登場作品 伝説巨神イデオン
声優 佐々木秀樹
井上剛(SRW代役
種族 地球人
性別
所属 地球連合軍→ソロシップ
デザイン 湖川友謙
テンプレートを表示

概要[編集]

地球連合軍ソロ星駐留空軍の予備パイロットで、いわゆる「補欠」要員。

ソロシップの艦長職に専念するジョーダン・ベスの後任として、Bメカのメインパイロットに就く。

第32話で敵の猛攻により致命傷を負うも、気力を振り絞って機関コントロールを行なった後に死亡。最後まで「運命」に抗う意思を示していた。

ファム・ラポーとのロマンスに始まり、突然前向きな発言をしたり弱気なマラカ・ファードに強くなるよう叱咤したりそのファードから大事にしている人形を預かったり、と死亡回ではやけに目立っていた。さらに後半パートの出撃前にラポーと手を繋ぎ損ねており、今風に言えば死亡フラグの乱立状態だったと言える。

登場作品と役柄[編集]

旧シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦F完結編
話の都合上、既に死亡しているため、名前のみ登場。後任のギジェ・ザラルの敗北→仲間化とは原作と順序が逆。

αシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦α
初登場。サブパイロットとしては理想的な精神コマンドを揃えているが、惑星キャラルルート第38話で原作通り永久離脱する。死の間際に発した名台詞は、DVEで再現されている。
声優活動を休止している佐々木氏の声録が出来なかったため、代役は井上氏が務めたがその熱演もあって原作視聴組にも「よく似ている」と評判。

パイロットステータス設定の傾向[編集]

精神コマンド[編集]

第3次α
根性努力気合熱血加速友情

人間関係[編集]

ファム・ラポー
ソロシップ医療班クルー。彼女と恋仲になるが…。
マラカ・ファード
ソロシップに乗船する幼児。彼の気弱な性格に幼い頃の自分を重ねてしまい、殊更厳しく接する。
ギャバリー・テクノ
Bメカのコ・パイロットその1。
マルス・ベント
Bメカのコ・パイロットその2。モエラ戦死時にBメカへ同乗していたが、彼は生還している。SRW未登場。

他作品との人間関係[編集]

神宮寺力
第3次α』の惑星キャラルルートで、被害者意識を捨てきれずにいるソロシップの面々に辟易した彼からの揶揄に激昂。一触即発の険悪な雰囲気が漂うが…。
車弁慶
神宮寺との諍いの直後、彼からやんわりと諭された事で振り上げた拳を収める。

名台詞[編集]

「バッカヤロウ! 俺はパイロットでも補欠だったんだ!」
ベスと交代でイデオンBメカのパイロットになるが、コスモに「基礎学力はそっちが上なんだからしっかりしろ」と言われた時のセリフ。コスモに言われるまでもなく、自慢にならない。
「俺は今まで、人間の運命を悪いほうに悪いほうに考えすぎていたようだ。でももうやめだ。良い運命もあるってこと、見つけたんだ」
「ラポーなんて子がいること、俺知らなかったよ」
突然運命と大げさなことを言い出したので何かと思えば、要約すると惚気話。張り切るのは結構なことだが、イデオンのパイロットほぼ全員から「発作」「のぼせやがって」と呆れられた。
「この光が、俺達の運命を変えてゆく光だ…!」
32話「運命の炎のなかで」にて、イデオンガンにより土星の輪が欠けていく光景を見て呟く。同時に最期のセリフにもなった。
「こんなものに俺達の運命を変えられて堪るか…!」
劇場版「接触篇」では解釈が異なった。

搭乗機体・関連機体[編集]

イデオン
合体後は出力調整を行なう。
Bメカ
イデオンの胸部、および腹部に変形する。「ソル・バニアー」、「イデオ・ノバ」の別称を持つ。合体時のイベントデモで、ユニットアイコンとして登場する。
後任のギジェ・ザラルも死亡したため、「Bメカは呪いのマシン」と当時のアニメ誌でジンクスが語られる。