ハンニバル・ゲン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ハンニバル・ゲン
外国語表記 Hannibal Gen
登場作品 伝説巨神イデオン
声優 玄田哲章
初登場SRW スーパーロボット大戦F完結編
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 バッフ・クラン人
性別
髪色
所属 バッフ・クラン
軍階級 バクサの位
テンプレートを表示

ハンニバル・ゲンは『伝説巨神イデオン』の登場人物。

概要[編集]

ハルルの配下の武人。義に厚く、情にもろい。ナイト・スターにおいて地球連邦軍と手を結び、自らが囮となってソロシップと戦った。大柄な大食漢で、常に何かを口にしている。

初登場時はルクク・キル艦隊への補給部隊を率いており、アフターケアと称してクララ・キナを置いている。このクララはハルルからのスパイで後にルククを暗殺したが、ハンニバル自身が関知していたかは不明。

後に自身の艦隊でソロシップ追跡の任務につくが、部下の作戦立案に対して「許可はしないが、面白いな」と放任するようなことを言うなど食えない男であり、ドバ・アジバが来る前にイデオンを倒し貴族になろうとしていた功名心の強い男でもあった。ただ自前の艦隊を失った後は地球の艦隊に投降し協力を仰ぐという、目鼻の利く面もある。最期は重機動メカギド・マック」のワイヤーを駆使した戦法でイデオンを追い詰めるが、分離によって拘束を解かれた上でミサイルの撃ち合いに敗れ戦死する。

登場作品と役柄[編集]

旧シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦F完結編
初登場作品。登場した時点ではヱクセリヲンを追っている。最終話でハルルを見限り離反する(システム上はハルルがバッフ・クラン軍のど真ん中で裏切る形)。大して強くはないが、ポセイダルルートに限り1ターン目は必中鉄壁がかかっているので手を出さないのが無難である。
主にガドモア・ザンに座乗しており、原作のようにギド・マックは使わない。最後の敵の一人とは言えヴァルシオンどころかデビルガンダムに比べてもなお役者が劣るが、ハルルが倒されるのだけは困る。

αシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦α
原作では老兵の決死隊が担っていたギジェ殺しの役割。部下メバルルが行ったワフト空域での戦いはダラム・ズバにとられた。『F完結編』に比べて印象が薄い。

パイロットステータス設定の傾向[編集]

精神コマンド[編集]

F完結編
根性根性必中ひらめき努力鉄壁
設定ミスなのか、根性が重複している。
第3次α
脱力根性鉄壁加速補給狙撃

特殊技能(特殊スキル)[編集]

第3次α
指揮官L2、底力L5、援護攻撃L2

小隊長能力(隊長効果)[編集]

武器消費EN-10%
第3次α』で採用。

人間関係[編集]

ハルル・アジバ
上官。原作では直接絡む機会がないが、『F完結編』では土壇場で離反することになる。

名台詞[編集]

「面白いな。ワシは許可せんが、面白いな」
第33話で、部下メバルル・クオウ(SRW未登場)の、エネルギーを吸収する生命体「ヴァンデ」を利用してイデオンに仕掛けるという作戦を聞いて。見た目に合わず小ずるいことを言う男である。この返事をメバルルは委任と捉え実行に移すが、失敗して戦死。
この時もメバルルと通信しながら棒状の菓子(?)を食べていた。
「巨神のおびき出しは私がやる。まあ、バッフ・クランのサムライの死に花というものを見せてやろう」
第35話で、地球軍のマーシャル・フランクリン(SRW未登場)と共同戦線を張ったときの台詞。この時はポップコーンらしき物を食べていた。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「なっ、なんだアレは!?あんな巨大なメカを…巨神よりデカいではないかっ!」
『F完結編』中盤の宇宙ルート「出撃、ガンバスター」にて。ヱクセリヲンを追い詰めて勝ち誇るも、現れたガンバスターに思わずうろたえる。地味に「イデオンより大きい敵に驚くバッフ・クラン人」第一号となった。
「フン!このワシがいつまでも小娘の言いなりになるとは思うなよ…ハルル…恨むのなら貴様を司令とした父を恨むのだな!」
『F完結編』の最終話にて。ハルルが原作ではありえなかったカララとの和解を果たした途端、この言葉と共にいきなりハルルを裏切る。
ダラムの敵討ちに燃えるハルルに対し呆れていたようではあるものの、だからといってここでいきなり離反してバッフ・クランに帰れる保障もなく、考えなしとも言えるが、その離反にハルル艦以外の全機が乗る事態になってしまう。
ちなみにDCルートではメッセージのみだが、ポセイダルルートではハルルのHPをおよそ1/3減らす上、精神コマンドがかかるのでハルル救出がより難しくなる。

搭乗機体[編集]

ガドモア・ザン
ギド・マック