重機動メカ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

重機動メカ(Heavy Equipment Movement Mechanism)とは、『伝説巨神イデオン』に登場する兵器。

概要[編集]

バッフ・クラン陣営が使用する機動兵器。全体的に50~100m以上の巨大なメカが並んでいる。曲線主体で人型から離れた独特のシルエットを持つものが多い。また、バッフ・クランのメカ全般に言える事だが、機体の一部に黒と赤の網目状パーツを持つものが多いのも特徴。

スパロボに登場した重機動メカ[編集]

アディゴ
小型の重機動メカ。機体自身が加粒子砲となっている。
ガンガ・ルブ
三本足の独特なシルエットを持つ。
ザンザ・ルブ
バッフ・クラン最後の重機動メカ。ガンガ・ルブの発展強化型。
ジグ・マック
対イデオン用の重機動メカ。 人型に近い形状。
ドグ・マック
電磁ムチを装備した重機動メカ。
ギド・マック
流線型の胴体に大きさの違う2対のクロー付きアームを装備した重機動メカ。
ロッグ・マック
攻防一体の外郭シェルを有する重機動メカ。
ガルボ・ジック
生物の脳細胞を破壊する「ゲル結界」を発生する重機動メカ。