ウィーゾル改

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ウィーゾル改
外国語表記 Wizoll Custom
登場作品

魔装機神シリーズバンプレストオリジナル

デザイン 藤井大誠
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 妖装機
生産形態 改修機
全長 29.1 m
重量 62.2 t
原型機 ウィーゾル
改修 サフィーネ・グレイス
パイロット サフィーネ・グレイス
テンプレートを表示

ウィーゾル改は『魔装機神シリーズ』の登場メカ

概要[編集]

サフィーネが自分の趣味を全開にして、ウィーゾルを改造した機体である。右肩に「」と書かれている。ウィーゾルに存在したギミックは本機にも引き継がれており、「掌中の眼」は両肩に移動。後頭部先端の「ローズカッター」は左腕と一体化。後頭部から伸びていた「尾」は右腕の手甲部分に「鞭」として移植されている。

豊富な魔術兵器を搭載しているため、魔術の使い手であるサフィーネとの相性は良好。

なお、デザインは改修前の原形をほとんどとどめておらず、裸の女性に化け物がまとわりついたような凄いもの。ペルフェクティオの駆った生体兵器ファートゥムを、「結構素敵じゃない」と評したサフィーネのセンスが随所でふんだんに発揮されている(メカニックデザインを担当した御方はどちらも藤井大誠氏である。いうなれば、楽屋ネタの一種か)。しかし『OGDP』にて、ウィーゾルがヴォルクルスの影響を受けて変容した姿をそのまま元にしていることが判明した。いくらなんでも変わりすぎなデザインの説明かもしれない。

ちなみに、ラ・ギアスの言語で改良型を意味する「レイ」ではなく日本語の「改」なのは、サフィーネが日本人の血を引くシュウに合わせたためである。

登場作品と操縦者[編集]

旧シリーズ[編集]

第4次スーパーロボット大戦
シュウの取り巻きとしてイベントでマップ上にいることがあるが、戦闘することになるのは最終話のみである。場合によってはエンディングまで全く戦闘することがなかったりする。隠し要素で最終話に一定ターン数以内に到達した場合、シュウのグランゾンモニカノルス・レイとともに仲間に加わる。が、もはや最終話の強力な敵相手にあまり活躍は見込めない。逆に最終話に一定ターン以上経過して到達した場合、シュウとともにゼゼーナンを追い詰めており、ゼゼーナンと戦う場合はそのままシュウとともに撤退し、シュウと戦う場合、敵として対峙することになる。フル改造で気力MAXではあるものの、他がヴァルシオンネオ・グランゾンなためかなり倒しやすく感じられる。
第4次スーパーロボット大戦S
今回は追加されたプレシアカロッゾから救出するシナリオでスポット参戦する。この時は機体はフル改造されているが武器は無改造。そして最終面で加入すると、機体も無改造に戻っている。
地形適応は陸と宇宙がそれぞれBからAに上がったが、サフィーネ自身の適応は変わっていないため、宇宙に関してはBのままである。
スーパーロボット大戦F完結編
終盤に味方NPCとしてグランゾンと共に出現、クリア後に正式加入。最初からフル改造されておりサフィーネも2回行動習得済み。一見至れり尽くせりだが、宇宙適応Bで射程が短くMAP兵器も持たない事から、グランゾンはおろかここまで育成&改造を施したNTスーパーロボット等のレギュラー達にさえ見劣りするのが実情。全く戦え無いわけではないが、サフィーネの補給に用が無ければあえて出撃させる意義は乏しい。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α外伝
使用する武装のグラフィックが新たに作り込まれている。が、現代で地上ルートに行かないと難ルートの最終話でしか登場せず、しかも3ターンで撤退してしまう為、プレイの仕方によっては戦闘シーンはおろか、姿を見ることすらなく終わる。

魔装機神シリーズ[編集]

魔装機神 THE LORD OF ELEMENTAL
第一章はストーリー上ウィーゾルであるはずだが、容量などの都合で改が登場する。
スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神 THE LORD OF ELEMENTAL
元作品に合わせたのか、SFC版「LOE」と同様第一章の段階からこの状態で登場している。PSP移植版では方針変更に伴い第二章から登場する。イベントカットの内容も修正されているため、「モニカに手を伸ばしたときのウィーゾル改」のCGと、「モニカに手を伸ばしたときのウィーゾル」のCGを見比べてみるのも楽しいだろう。
スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神II REVELATION OF EVIL GOD
本作限定版のIでは、第一章では本機の代わりにウィーゾルが登場するようになった。本編ではアンティラス隊とシュウ一行の関係に応じて敵にも味方にもなる。ヤンロンルートではシュウ一行の中では一足早く自軍入りする。気力制限なし、移動後攻撃可能で有射程の「ダークネスボンテージ」が味方の時には頼りになり、敵の時には厄介。ただ、一部ルートだけに限定された自軍参入が災いしたのかランクアップ武器はなし。武装欄の兵器も3個のみと開発費抑制の対象にされてしまっている。
スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神III PRIDE OF JUSTICE
シュウ一行の中で唯一、中盤一時的に仲間になる。強制出撃が多く、改造資金も返還されるので改造を視野に入れてもいいが、サフィーネの精神コマンドだけでも十分に使える。正式に仲間入りするのはバゴニアルート終盤のみだが、他のルートでの終盤参戦ユニットと違い、強制出撃の対象にはならない。必殺技が変更されたが基本的な使い勝手は前作と同様。むしろ、射程が減少したため弱体化したといえるかもしれない。機体改造およびパイロットのPPがある程度確保されているため、一週目で機体改造やパイロット育成が不十分な場合は使われるかもしれないが、他の対抗馬を押しのけるほどの個性には欠ける。
スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神F COFFIN OF THE END
今回は序盤から登場。武装面が遠近両面で大幅強化されたため、十分第一線を張れる機体になった。サフィーネ自身の能力値とサポート系精神の揃えの良さ、そして使い勝手の良い武器の取り揃えもあって、鍛えて損しない機体の1つであることは間違いない。特に本作では敵の背面をとってからのダークネスボンテージでスタンを奪え、ボス格への攻撃では直線ではあるもののPで1~5のキャラペイスバインドがなにかと扱いやすい。

OGシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦OG ダークプリズン
サフィーネがヴォルクルスに操られた際にウィーゾルが変貌する形で登場(右肩の改の字が無く、名義はウィーゾルのまま)。サフィーネはデザインを気に入っており、似たような形に改修される事が示唆されている。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

ローズカッター
刃状にしなる左腕を使用した攻撃。OGシリーズの演出は右腕の鞭を交えた連続攻撃。鞭をひとつふるうごとに薔薇の花びらが舞い散る華麗な表現が特色。『OGDP』では射程が1に下がっている。
『COE』では行動不能の特殊効果が追加された。
名称は不明。右腕の甲から伸びる伸縮自在の鞭。
ドライシュトラール / ノインシュトラール
光線を放射する魔術兵器。『α外伝』以降、視覚表現を両肩の眼球部分から2条の光線を発射する描写で固定している。OGシリーズでは光線発射時に背中を反らす態勢をとる。理由は不明。『OGDP』ではなぜか射程3のP兵器で、ノーマルとは全く違う。
ノインシュトラール
「ドライシュトラール」のランクアップ武器。黒色の破壊光線を両肩の『眼』から放射する。『POJ』以降は下記のアガペートーメントに変更。
アガペートーメント / ディープエンタイサー
『POJ』で用いる「ドライシュトラール」の発展武装。使い勝手もほぼ同じ。両肩の眼球から稲妻状の黒い破壊光線を発射する。
ディープエンタイサー
『COE』で使用する魔術兵器。ふたつの暗黒系魔方陣を両肩の眼球部に重ねて2発の黒い光弾を発射。アガペートーメントのランクアップ技。

必殺技[編集]

エレメンタルフュージョン
「各種元素を融合させて新たな力を生み出す」魔術兵器。四つの赤い光弾を撃ち込んで目標を破壊する。『α外伝』で「コスモノヴァ」の視覚表現の流用を止めて映像描写を一新。内容は、五芒星魔法陣から召喚した光の竜に襲わせるというもの。
  • LOE:DSリメイクから魔装機神本編でも専用の視覚表現が用意された。反転した六芒星魔法陣から4色(赤・青・黄・緑)の光線を放射する。魔法陣の六角には各種元素の象徴が配置されているが、反転しているため元素の並びはサイバスターのものと異なっている(月・水・風・太陽・大地・炎の順)。ここまで凝っておきながら、続編の『ROE』では使用不可という…。
  • COE:再び使用可能になった。演出が第2次OGのウィーゾルと同じものに変更された。遠距離に対応する準必殺技級の威力で火力面の大幅アップに貢献。
アストラルバスター
五つの炎を相手の上空に飛ばして形成した五芒星魔法陣から魔術攻撃を行う。サフィーネ曰く、「アカシックバスター」と同じ原理で敵機を攻撃しているとのこと。
  • LOE:展開する魔法陣が邪神系のものに変更された。ヴォルクルスの攻撃にも「アカシックバスター」と同原理のものがあるためだと思われる。
  • ROE:使用不可。ヴォルクルスの呪縛を完全に断ち切ったという暗喩かもしれない。『POJ』以降でも使用不可。
ダークネスボンテージ
『LOE』第二章でヤンロンの修行に影響されて編み出した新技。女性の型をしたエネルギー体を放出して攻撃。DSリメイクでは黒い布のような物で相手を包み込み、「ローズカッター」で突き刺しえぐるというペルゼイン・リヒカイトのマブイエグリを思わせる演出となっている。なお技名の「ボンテージ」だが、特殊な性癖において相手を拘束する行為、又はその際に使用される衣服を意味する単語は「bondage」であり、日本語の発音では通常「ボンージ」となる。
『COE』ではローズカッターのランクアップ技として再登録。移動後有射程かつ行動不能の特殊効果で非常に強力。
キャラペイスバインド
『POJ』で「ダークネスボンテージ」に代わる形で習得している必殺技。右手から黒い球体状エネルギーを放つと、そのエネルギーは縄状に変化して敵機を拘束(縛り方は所謂「亀甲縛り」で、占いやおまじないとしてのちゃんとした意味合いもあるのだろうが、恐らくはサフィーネの趣味であろう)。右腕の鞭を縦横無尽に振るっては叩きつけ、トドメには「ローズカッター」によって串刺しにする。トドメ演出では、機体から降りたサフィーネがウィーゾル改の手の上でポーズを決めるカットインが入る。最大射程が1しかないため、使い勝手自体は前作の技より劣る。
『COE』では射程が1~5となり、更に最大改造時の攻撃力も非常に高い。斜め方向に攻撃できないのは注意が必要だが、それでも非常に使いやすい。

特殊能力[編集]

剣装備
斬り返し」を発動。
HP回復(中)
魔装機神シリーズのみ。
MG回復(中)
魔装機神シリーズのみ。

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

M

カスタムボーナス[編集]

魔装機神 THE LORD OF ELEMENTAL
HP+3000、移動力+2、装甲+200、HP回復+30%
魔装機神II REVELATION OF EVIL GOD
HP+2000、移動力+2、装甲+200
※HP回復(大)が消えてしまったが、元々高い自己修復能力(HP回復20%)を備えているためそこまで痛手にはならない。

機体BGM[編集]

「終わりなき戦い」
まだ専用BGMはない。いつか用意してもらえるのだろうか…。

関連機体[編集]

ウィーゾル
基となった機体。概要にもあるが、デザインは完全に別物。サフィーネが自分で改造したらしいが、どんな技術であの生物染みた姿を再現したのだろうか?