カルキノス

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
カルキノス
外国語表記 Karkinos
登場作品 バディ・コンプレックス 完結編 -あの空に還る未来で-
初登場SRW スーパーロボット大戦X
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 ヴァリアトラス
型式番号 ZTA-N-101
所属 大ゾギリア共和国
カップラー エフゲニー・ケダール
テンプレートを表示

カルキノスは『バディ・コンプレックス 完結編 -あの空に還る未来で-』の登場メカ

概要[編集 | ソースを編集]

ヴィルヘルム・ハーンがゾギリア行政局長のエフゲニー・ケダールのために開発した新型機。

本機はヴァリアンサーではなく「ヴァリアトラス」という大型要塞機に分類される機体で、簡易的な変形機構や様々な武装を持ち、戦闘力が高い。最大の特徴は他のカップリング機の機能を妨害する「カップリングジャマー」を搭載していることである。

「スタンドアローンモード」により擬似的なカップリングシステムを起動すると同時に、ルクシオンネクストブラディオンネクストのカップリングを邪魔し、青葉やディオ、ヒナ達に襲い掛かるが、最終的に撃破された。

登場作品と操縦者[編集 | ソースを編集]

VXT三部作[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦X
初登場作品。武装が「突撃」の一つだけしかなく、最大射程も6止まりで、マップ兵器や特殊能力等も持たない。エフゲニーの能力こそ高いが、それに釣り合っているとは言えず、不遇。ただし、出現してから3ターン以内に撃墜しなければならず、エフゲニーの底力L8とガードL3の所為で中々しぶとい。分岐の都合上スーパー系が軒並み離脱しており、部隊分けもせずに増援の魔従教団の方向へ進軍すると、青葉達がカルキノス付近に強制移動する関係でガンダム系の殆どが戦闘に参加出来ない事態もあり得るので注意。

装備・機能[編集 | ソースを編集]

武装・必殺武器[編集 | ソースを編集]

武装[編集 | ソースを編集]

ネクター砲「VNG-22Nシレーナ」
腹部下に装備する長砲身のネクター砲。
キャノン砲「DN-174アクーラ」
背中の2基のスラスター基部に内蔵する。
拡散ネクター砲「VND-11Nディオドン」
全方位に放つことができる拡散ネクター砲。
ハンドマシンガン「GV-47-3スコルピオス」
両手部の先に装備した3連装マシンガン。
サイドマシンガン「SVZ-72ライア」
2門を装備するサイドマシンガン。
ミサイルランチャー
両腕内蔵式のミサイルランチャー。

必殺技[編集 | ソースを編集]

突撃
『X』では、唯一のカットイン付き武装。ミサイルを乱射した後、拡散ネクター砲を放ち、最後に腹部のネクター砲を撃つ。射撃武装しか使っていないのだが、何故か格闘属性になっている上にエフゲニーは射撃値の方が高いので今一つ噛み合っていない。最大射程は6だが、移動後攻撃が可能で命中率も高い点は注意。ちなみにエフゲニーの執念を表現したのか、回避が確定しても攻撃は最後まで続く
なお、武装が1つしかないことを逆手に取って、「全ての攻撃がカットイン付きで優遇されているキャラ」と微妙にウソではない言われ方でネタにされてしまうこともある。

移動タイプ[編集 | ソースを編集]

飛行可能。宇宙の地形適応はSだが、エフゲニーの適応が宇宙Aなので残念ながら意味を成していない。

サイズ[編集 | ソースを編集]

1L
ヴァリアンサーよりも大型。