リー・スー・ミン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
リー・スー・ミン
外国語表記 Lee Sue Min
登場作品 機甲戦記ドラグナー
声優 島津冴子
デザイン 芦田豊雄&まんどりるくらぶ(現:スタジオライブ)
初登場SRW スーパーロボット大戦A
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人
性別
年齢 20歳
身長 185 cm
所属組織 ギガノス帝国
所属部隊

グン・ジェム隊

  • 第3中隊
役職 中隊長
軍階級 大尉
テンプレートを表示

リー・スー・ミンは『機甲戦記ドラグナー』の登場人物。

概要[編集]

グン・ジェム四天王の紅一点。

白兵戦に特化したカスタムメタルアーマースタークダインに搭乗する。

女性でありながら長身で、その外見通り気の強い性格。当初は凶暴かつがさつな性格で、グン・ジェム隊に立ち寄ったプラクティーズを囮にした事もある。

四天王の中では唯一生存し、グン・ジェム隊壊滅後はドラグナー討伐の任を受けたハイデル・ネッケン少佐(SRW未登場)に合流し連合軍艦隊を追っていたが、乗艦がマイヨ・プラートに接収された事がきっかけとなり、彼やプラクティーズとチームを組む事になる。この時マイヨに一目惚れしており、それ以降はめっきり女らしくなった。

宇宙機動要塞潜入時に、ギルトール元帥の死がドルチェノフによる暗殺であった事を暴くという、重要な役割を果たす事になる。ミンがドルチェノフに対して啖呵を切っていた際に落ちた瓦礫が部屋の中のマイクをオンにしたという完全な偶然によるものだが、SRWではミンが企んでやっている事になっていることが多い。

登場作品と役柄[編集]

SRWでは基本的にフルネームは登場せず、「ミン」でのみ表記。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦AA PORTABLE
初登場作品。グン・ジェム隊壊滅までは敵。それ以降はNPCとして他のプラクティーズの面々と同様に参加。正式には仲間にならず、マイヨの頼みでプラクティーズと共にフォン・ブラウンアオイ・ワカバを保護・護衛している模様。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦MXMX PORTABLE
音声初収録。グン・ジェム隊の一人として敵対した後、今作では終盤にマイヨやプラクティーズと共に自軍に参入。流石にマイヨには及ばないものの、スタークダインの安定した継戦能力から、充分な戦力になる。自軍に参入してからは、シャングリラ・チルドレンの男性陣を尻に敷いていた。敵として見た場合、マップ兵器援護攻撃及び援護防御が厄介な存在。精神コマンドを使って早めに倒したい。他のメンバー同様にロム・ストールとの絡みでは、彼の前口上に対するリアクションをDVEで披露している。
味方入りする都合から、グン・ジェム隊の中で唯一カットインが用意されている。
スーパーロボット大戦GC
マイヨとの絡みは全くなく、最後まで敵のままである。
スーパーロボット大戦XO
移植元の『GC』同様、最後まで敵な上、ジオン・ギガノスとの最終決戦で戦死したような描写がされており、原作では死ななかったのにSRWで殺されてしまったキャラの仲間入りをしてしまった。
スーパーロボット大戦Card Chronicle

パイロットステータス[編集]

精神コマンド[編集]

MX
根性不屈必中熱血激励
最後に愛を覚えるのはやはりマイヨへの想いからか。

特殊技能[編集]

MX
切り払いL4、シールド防御L4、援護攻撃L4、援護防御L4
GCXO
援護(攻撃のみ)L3

パイロットBGM[編集]

「夢色チェイサー」
前期OP主題歌。『MX』で採用。

人間関係[編集]

グン・ジェム
上官。
ゴル
同僚。
ガナン
同僚。彼の死にはかなり錯乱していた。
ジン
同僚。彼がグン・ジェムの暴走の巻き添えになって死亡した際はガナンの時と同じく動揺した。
マイヨ・プラート
彼に惚れ込み、終盤は彼に協力する。
プラクティーズ
終止お坊ちゃん扱いで、グン・ジェム隊の頃は完全に馬鹿にしていたが、その後は共闘する。
ドルチェノフ
終盤に対決し、ギルトール暗殺の真犯人を彼だと言う事を結果的に知らしめる事になる。
ハイデルネッケン少佐
SRW未登場。グン・ジェム隊壊滅後に合流した、新たな上官。ギルガザムネの改修型の思考コントロールシステムのインターバルの時間稼ぎに利用されたり、彼にセクハラされたり、マイヨに乗艦を接収された時にも彼の逃亡に利用されたり……と、彼のせいで散々な目に遭っている。
ケーン・ワカバ
グン・ジェム隊時代は敵であるが、その後は一応の味方関係になる。30話では彼に年増呼ばわりされて激怒した。

他作品との人間関係[編集]

ビーチャ・オーレグモンド・アガケ
MX』ではプラクティーズを相手に先輩風を吹かした彼らを尻に敷いた。

名台詞[編集]

「なんだってぇ! 誰が年増だって!」
30話でケーンに年増呼ばわりされて激怒した際の台詞。
「な!! 何て事すんだよ、大佐ぁぁぁぁぁ!!」
ギルガザムネのコントロールシステムの暴走でジンを殺害してしまったグン・ジェムの行動に驚いた際の台詞。
「一つだけはっきりしておくよ少佐、残念ながらタイプじゃないんだよ」
41話でセクハラ行為を働いたハイデルネッケンへの台詞。
「申告します! 海洋戦域機動軍F軍団グン・ジェム別働隊リー・スー・ミン大尉。ただいまよりマイヨ・プラート大尉直属部隊に転属する事になりました!」
44話でマイヨの下で戦う事を決意し、敬礼と共に宣言。マイヨも彼女の決意を受け入れた。
「無駄無駄無駄無駄無駄ァーッ!!」
47話でドルチェノフと白兵戦を展開した際、ドルチェノフを追い詰めた際の咆哮。台詞回しが完全に『ジョジョの奇妙な冒険』の吸血鬼DIOであるが、ミンの方が先に使っている(つまりこっちが元祖)。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「おだまりっ! アタイらグン・ジェム隊にケンカ売るたぁ、いい度胸じゃないか!」
MXPORTABLE)』第18話重慶ルート「Burning heart, Flying high」より。ロムの口上を聞いての反応。この一連のイベントはフルボイスである。
「!? そ、そんな…!! 大佐、何であたいを!?」
『MX』第31話(『MX PORTABLE』では第32話)地上ルート「暴悪の鎧武者」より。暴走状態となったグン・ジェムを止めようとしたミン。しかし、巻き込まれてしまったが、脱出に成功した。なお、既にジンが倒され、グン・ジェムのHPが50%以下にならないと発生しない。
「私とした事が…ドジっちまったよ…大佐…」
XO』第41話「戦士、再び…」より。原作には無かった最期の台詞。

搭乗機体[編集]

スタークダイン
愛機。目くらましの後切り刻む、えぐい戦法を発揮する。
ギルガザムネ
ゲーム『サンライズ英雄譚(サンライズ英雄譚R)』及び『サンライズ英雄譚2』での愛機で、ミン専用のギルガザムネ。カラーリングは赤色に塗られている。

余談[編集]

  • キャラクターデザインの芦田豊雄は最初はやせた美人としてデザインしたが、神田武幸監督から「もう少しイモっぽくポッチャリさせてくれ」と手直しを受けたと語っている。