東アジア共和国

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

東アジア共和国(Republic of East Asia)とは、『機動戦士ガンダムSEED』シリーズにおける地球連合所属の国家。

概要[編集]

台湾の台北市を首都に、現在で言う日本、中国、朝鮮半島、モンゴルを支配しており、工業力が強みとなっている。プラント建造・運営に出資したプラント理事国家の一つで、地球連合を代表する三大国の一つ。 マスドライバー施設「カオシュン基地」を所有しており、北回帰線上でザフトと激しく交戦していたが、物語序盤でカオシュンは陥落する。

ガンダムSEED MSV』では東アジア製のガンダムの設定があったが、長らく存在は伏せられており、『機動戦士ガンダムSEED FRAME-ASTRAYS』(未参戦)にてようやく詳細が明かされた。

登場作品[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦J
おなじみの日本はここに所属。故に原作よりも存在感があり、作中ではゼオライマーの力を欲してラスト・ガーディアンを結成していたりとキナ臭い面もある。