ファイヤーワラビー

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ファイヤーワラビー
外国語表記 Fire Warabie
登場作品

ガンダムシリーズ

SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 モビルスーツ
生産形態 量産機
型式番号 DT-6800HM
頭頂高 16.3 m
重量 8.0 t
開発 旧連邦軍
テンプレートを表示

ファイヤーワラビーは『機動新世紀ガンダムX』の登場メカ

概要[編集]

ザコット一味が使用したドートレスのバリエーション。HMは「ハイ・モビリティ」で高機動機の意味。

火炎放射器を装備し、炎の時計部隊の異名をとった。頭部は通常のドートレスに近いデザインで、胸部にGXビットに似たデティールが存在する事からそれらに使用されてるジェネレーター周りの技術が転用されている可能性がある。カラーリングはブラウン系。

ジェネレータ出力が低くビームライフルは装備していないが、機体性能は新型の登場までは十分なレベルであった。

武装も平凡な物が揃っている扱いやすい機体といえる。

登場作品と操縦者[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦R
初登場作品。序盤にネオ・ジオン軍が地上で雑魚として投入してくる。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

90mmマシンガン
ザク改のMMP-80マシンガンに酷似したマシンガン。
ビームサーベル
本機の系列では標準装備となっている一般的出力のサーベル。両サイドスカートに一基ずつ収納。
火炎放射器
背部のタンクに接続された火炎放射器。炎の時計部隊が使用した。その異名通りに、標的を包囲し、火炎放射でパイロットを蒸し焼きにすることで機体を破壊せずに入手するという戦法をとった。これを装備した仕様は重量8.1tと設定されている。

特殊能力[編集]

剣装備、銃装備
切り払い撃ち落としを発動。

移動タイプ[編集]

ホバー

サイズ[編集]

M

関連機体[編集]

ワイズワラビー
ドートレス