ドラッツェ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ドラッツェ
外国語表記 Dra-C
登場作品

ガンダムシリーズ

初登場SRW 第3次スーパーロボット大戦
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 宇宙戦用モビルスーツ
生産形態 量産機
型式番号 MS-21C
全長 29.8 m
本体重量 23.9 t
全備重量 49.0 t
動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 569 kw
スラスター推力

28,000kg×2
205,000kg×3

総推力
117,500kg
装甲材質 超硬スチール合金
開発 デラーズ・フリート
所属 デラーズ・フリート
アクシズ軍
袖付き
テンプレートを表示

ドラッツェは「ガンダムシリーズ」の登場メカ

概要[編集]

デラーズ・フリートで運用された量産型モビルスーツ

デラーズ・フリートに所属する技術者達によって、様々な機動兵器のパーツを廃品利用する形で組み合わせて開発された機体で、「簡易的なモビルアーマー」とも言えるコンセプトとなっている。

大破したり製造が間に合わなかったザクIIF2型の胴体をベースに、頭部は高速機動に対応したオリジナルの物と換装し、バックパックにはガトル戦闘爆撃機の本体部を主推進システムとして取り付けている。また、宇宙での運用に特化しているため、脚部はガトルのプロペラントタンクを基に先端にスラスターを加工した上で組み合わせたスラスターモジュールにされ、両肩には球形のスラスターポッド[1]を配置している。ちなみに普段はバックパックの懸架部を使用した吊下げ収容で艦内に収納されているが股間部と両脚部スラスターモジュールに航空機の様な複数のタイヤの付いた着陸脚が内蔵されており滑走路などではそれを用いて着陸・着地する事が可能である。 武装面では、右前腕部をマニピュレーターから三連装40mmバルカン砲に換装。左腕部には旧ジオン系MSとしては珍しく、シールドの裏側にビームサーベルを固定させて装備しているが、ベースのザクII系統は出力などを含めビーム兵器を使用出来ない機体の為、シールドの裏側に外装品として小型ジェネレーターや冷却装置を組み合わせて使用可能にした物である。

間に合わせの急造機である故か、基本性能はかなり低く、その中でも特に低い運動性に関しては、スラスターを増設しても他の機体程の性能を出す事は出来なかった。機体強度も低目で、星の屑作戦の最終段階でジム・カスタムに突撃した際は、左腕を吹き飛ばしつつも、その衝撃で逆に機体が爆散してしまっている程。しかし、直線での加速性能に関しては高く、ガトルのスラスターの恩恵によって、リック・ドムIIにも匹敵する性能が出せる。

応急急増機体として開発された機体であり[2]、偵察・哨戒任務等に使用されるようになっている。お世辞にも優秀な機体とは言えないが、劣悪な兵站状態であるデラーズ・フリートにおいて、それでも約30機が製造されており、組織のMS戦力の一角(実に3割以上)を担ったのは紛れもない事実である。

劇場版 機動戦士Ζガンダム』ではダークブルーからグレーに塗られた本機が登場し、アクシズ軍によって運用されていた。

袖付き」仕様[編集]

第二次ネオ・ジオン抗争から3年後となる『機動戦士ガンダムUC』に登場。

新規に製造された物ではなく、デラーズ紛争の時期以前から実に十数年もの間、改良を重ねながらも現役で運用され続けてきた機体。最大の特徴は、右腕部の武装が三連装のバルカン砲から大型のガトリング・ガンに変更されている点にあるが、攻撃よりもセンサーとしての機能向上を重視した物で、起動時はセンサーの有効範囲が大幅に拡大。哨戒機としての有用性を高めた物となっている。

カラーリングは、ガザCの配色に近いピンクと紫系統の物に変更されており、ビームサーベルを内蔵したシールドにはネオ・ジオンの紋章が、そして胸部、左腕部には「袖付き」の証となるエングレービングが施されているのが特徴。

ネオ・ジオン軍残党「袖付き」によって、拠点となる資源衛星「パラオ」周辺の偵察や哨戒任務等で運用され、必要とあらば拠点の防衛を目的とした戦闘にも参加する。

登場作品と操縦者[編集]

旧シリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦
初登場作品。DC兵士が乗る。移動力だけは高いが、他の能力は低く最大射程も1で弱い。当作ではシールド防御が存在しないため、シールドを持ちながらも使えない。PS版ではシールドも採用されたが、弱さはほぼ変わらず。

Zシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇/天獄篇
設定が『UC』版になったが、ドラッツェとしては約21年ぶりのスパロボ復帰となる。
能力的にはガザCとどっこいで武装も「ガトリング・ガン」一種類のみとガンダム系の敵としてはゲーム中最弱クラス。

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦V
ロンド・ベルルート第23話に登場。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

武装[編集]

40mmバルカン砲
3連装型の物を、右腕のマニピュレーターと置き換えて1基内蔵しているが見た目は単装砲である。
シールド
戦艦の装甲を流用している。そのため、強度は高い。
ビームサーベル
シールドに固定されている白兵武装。低出力の本機では本来は使用できない装備だが、ゲルググに採用されたエネルギーCAP技術と小型ジェネレーター、冷却ユニットを追加で装備することで使用を可能としている。

オプション装備[編集]

ガトリング・ガン
右腕部に装備していた40mmバルカン砲から換装して装備した物。袖付き時代の装備。[3]
また、この装備にはガザシリーズのシステムの部分流用が行われており、攻撃よりも哨戒任務のセンサーユニットとしての運用を重視し、起動時にはセンサーの有効範囲を大幅に拡大させる事が可能となっている。

特殊能力[編集]

剣装備、盾装備
切り払いシールド防御を発動。

移動タイプ[編集]

専用機である。

サイズ[編集]

M

対決・名場面[編集]

サラミス改
第5話。宇宙に上がったガンダム試作2号機を回収すべく現れたムサイ級軽巡洋艦の「ペールギュント」と僚艦から、計6機のドラッツェが出撃。その機動力と加速力を生かして遭遇した3隻のサラミス改級と交戦し、撃沈に貢献している。本機の数少ない名活躍と言える。
ガンダム試作1号機Fb
第8話。ビームサーベルで斬ろうとするが、ビームジュッテで受け止められ、そのまま反撃を受け撃墜された。
ジム・カスタム
第12話。ベルナルド・モンシアの搭乗する本機に体当たりして片腕をもぎ取ったが、直後にその機体は反動で爆散してしまった。

関連機体[編集]

ドラッツェ改
右手を通常型マニュピレータ、肩部スラスターポッドを宇宙突撃艇のスラスターを転用したタイプに変更したバリエーション機。 SRW未登場。
ドラッツェ改(重装備型)(SRW未登場)
ドラッツェ改の重武装型。
ザクIIF2型
手足や頭を除いた胴体を機体の芯として流用。
ガトル
スラスターや燃料タンクユニットを流用。

資料リンク[編集]

脚注[編集]

  1. 形状の類似点などから「ジッコ突撃艇の球形タンクを基にした改造品では?」という説も有る。
  2. 対MS用よりも対艦戦や当時はまだ連邦側に多数配備されていた航宙戦闘機モビルポッドの制圧に向いている。
  3. 一部の書籍では同じ外見の装備をしている袖付き運用のギガンの設定から実体弾武装ではなく、ビーム武装と解釈している物も有る。