コアファイターII

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
コアファイターII
登場作品

ガンダムシリーズ

デザイン 河森正治
初登場SRW スーパーロボット大戦α
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 コクピット兼宇宙用小型戦闘機
型式番号 FF-XII(FF-X7II)
全長 14.7 m
翼幅 10.5 m
全備重量 15.9 t
スラスター推力 84,000 kg
装甲材質 ルナ・チタニウム合金
主なパイロット コウ・ウラキ
テンプレートを表示

コアファイターIIは『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』の登場メカ。

概要[編集]

ガンダム試作1号機コアファイター

ガンダム試作1号機時はバックパックや胸部となる。新たなドッキング方式のおかげで、小型戦闘機としての性能も向上している。

初代のコアファイターはフックに引っ掛けるという危険極まりない方法でホワイトベースに着艦していたが、本機は「アルビオンに飲み込まれる」[1]となっており、相変わらずのペガサス級との相性の悪さである。

登場作品と操縦者[編集]

ドッキング後はガンダム試作1号機を参照。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
ガンダム試作1号機が分離でこの形態になる。サイズSなのもあって回避力があるが、武装が非力で戦力には数えられないのでさっさと戦艦に戻すべき。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

ビームガン
威力は低く、モビルスーツ相手には牽制程度にしかならない。

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

S

機体BGM[編集]

「THE WINNER」
前期OP。『α』、『A』にて採用。

関連機体[編集]

ガンダム試作1号機
  1. ハッチ開放中のアルビオンの前に出て、出力を徐々に落としてデッキ内に着陸する。