クラウン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
クラウン
外国語表記 Crawn
登場作品

ガンダムシリーズ

声優 飯塚昭三(TV版)
戸谷公次(劇場版I・SRW)
佐々木誠二(特別版I)
初登場SRW スーパーロボット大戦GC
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人
性別
所属組織 ジオン公国
所属部隊

ジオン公国軍

テンプレートを表示

クラウンは『機動戦士ガンダム』の登場人物。

概要[編集]

シャア・アズナブル麾下のMSパイロット。

大気圏突入を目指す敵艦ホワイトベースを攻撃するも、戦線からの離脱に失敗して地球の重力に引かれてしまい、ザクと共に燃え尽きてしまった。

なお、死に瀕したクラウンに対して上官のシャアは「無駄死にではないぞ」と声を掛けたが、一方の敵機ガンダムは大気圏突入に成功したので、実質的に「クラウンは無駄死にだった」とも言える[1]

登場作品と役柄[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦GCXO
初登場作品。声は劇場版の戸谷公次氏。クランプと同様、今となっては貴重なボイスである。
原作再現で大気圏内で燃え尽きてしまうイベントがあるが、なんとDVEでフルボイス再現されている。
スーパーロボット大戦Operation Extend
シャア木馬襲撃に随伴機として登場。
大気圏突入シナリオは再現されなかったが生存し、その後もシャアの側近をスレンダーと共に務めている。今作ではどうやらシャアに命を救われたらしいが…。

人間関係[編集]

シャア・アズナブル
上官。もまた後に『機動戦士Ζガンダム』(TV版)でハンブラビの攻撃で大気圏に突入し燃え尽きそうになるが、この時は大気圏突入能力の有るΖガンダムに助けられれている。
アムロ・レイ
彼の操縦するガンダムと長きに渡り戦った結果、コムサイに帰還する事ができなくなってしまった。

他作品との人間関係[編集]

タップ・オセアノ
GC』では彼との戦闘が長引きコムサイに戻れなくなってしまった。
ケーン・ワカバ
XO』ではこちら。

名台詞[編集]

「しょ、少佐! 助けてください。げ、減速できません。シャア少佐、助けてください!」
地球の重力に囚われて脱出不可能になり、大気圏突入でまさに命が燃え尽きんとしていたクラウンの悲鳴。
もはや、救助する事が叶わない彼に対して上官のシャアは、「お前は無駄死にではないぞ」と声を掛ける事しかできなかった…。
クラウンを演じる声優の熱演によって、視聴者もまた「気の毒だ」と感じさせてしまう機動戦士ガンダム』を代表する名台詞の一つであろう。

搭乗機体[編集]

ザクII
敵機と異なり大気圏を突破する能力が無い故に、クラウンの棺桶となってしまった…。

余談[編集]

  • 機動戦士ガンダムSEED DESTINY』の第7話においても大気圏突入するザク(ザクウォーリア)が登場。右腕、右脚を喪失した状態での突入だったものの、強固なシールドのおかげで辛うじて大気圏突入に成功している。

脚注[編集]

  1. もっとも、「クラウンの犠牲によって、ホワイトベースが直接ジャブローに行く事を阻止できた」事を示唆している説も存在するが、そもそも直後のシャアの台詞は「クラウンが引き付けてくれたおかげで敵のモビルスーツを撃破することができる」とガンダムに対しての言及であり、ホワイトベースの降下方向に関しては触れられたのは、その後のドレンとの会話からである。