2019年10月14日(月)9:00より、メンテナンスのためwikiサービスが断続的に停止します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

スレンダー

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
スレンダー
外国語表記 Slender
登場作品

ガンダムシリーズ

声優
TV版・劇場版I・SRW
鈴木誠一
特別版I
柳沢栄治
初登場SRW 第3次スーパーロボット大戦
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人
性別
所属

ジオン公国

軍階級 軍曹
テンプレートを表示

スレンダーは『機動戦士ガンダム』の登場人物。

概要[編集]

シャア・アズナブル麾下のMSパイロット。

デニムジーンと共にサイド7への偵察任務に就いた。サイド7の入り口で待機していたため、デニムとジーンが撃破された後、母艦へ帰還して報告した。

第2話でその後ファルメルを追撃してきたホワイトベースとの交戦で、ガンダムのビームライフルが直撃して戦死する。

登場作品と役柄[編集]

旧シリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦
初登場作品。DC所属。第1話でデニムジーンと共にザクで登場するが、戦闘前に撤退するため戦えない。しかも他の2人と違って再登場しない。
コンプリートボックス』では鈴木氏の声が入ったが、前述の通り本編での戦闘シーンがないため、ボイス編集モードかバーチャルスタジアム(デフォルトチームの一つ「ZAKU」に所属)でしか聞く手段が無い。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦GCXO
シャアの部下。原作通りデニムから帰還命令を受け、その後シャアと共にガンダムを追撃するべく出撃するが戦死してしまう。
先に述べた通り『第3次』では交戦する機会が無いため、実質本作で初めてボイスがまともに使用されている。
スーパーロボット大戦Operation Extend
原作通りガンダム追撃シナリオで登場するが、死亡せずに撤退する。その後もシャアやクラウンと共にホワイトベース隊の前に立ちはだかる。

パイロットステータス[編集]

精神コマンド[編集]

第3次(PS版)
加速集中ひらめき根性ド根性隠れ身

特殊技能(特殊スキル)[編集]

第3次(PS版)
シールド防御L4、切り払いL4
GCXO
援護L3、シールド防御

人間関係[編集]

シャア・アズナブル
上官。スレンダーからガンダムに関する報告を受けるも、「君の言う通りの性能とは、やや信じがたいが…」と懐疑的だった。
しかし自らそのガンダムと一戦交え、更にスレンダーが撃破された事で、報告以上の性能に驚愕することになる。
デニム
小隊長。サイド7侵入の際、入り口に残るよう命じられるが、それが別れとなった。
ジーン
同僚。作中では会話は無し。

名台詞[編集]

「し、少佐!武器が違います!あの武器は自分は見ていません!」
シャアを援護する際にガンダムのビームライフルを見ての発言。そして彼自身がその武器の初の犠牲者となる。シャアは「当たらなければどうということはない」と反論したものの、一般兵の腕では荷が重すぎた。

搭乗機体[編集]

ザクII
搭乗機。
ザクI
『THE ORIGIN』でルウム戦役に参戦した時に搭乗。

余談[編集]

  • 原作で彼の声を担当した鈴木誠一氏はコンプリートボックス発売前の(ゲーム自体は1999年に発売された)1997年に他界されているが、声の収録自体は生前に行われていたため、代役の処置はとられていない。なお、氏はコンプリートボックスでリッジ・グラスノフ役も担当していた。