2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

ジン・ジャハナム

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
ジン・ジャハナム
外国語表記 Gin Gehennam
登場作品

ガンダムシリーズ

声優 松尾銀三
デザイン 逢坂浩司
種族 地球人
性別
テンプレートを表示

ジン・ジャハナムは『機動戦士Vガンダム』の登場人物。

概要[編集]

ジン・ジャハナムとはリガ・ミリティアの盟主たちを総称する呼び名で、「地獄の魔人」といった類の意味。ただし、一般的にジン・ジャハナムと呼ばれるのは、「影武者である中年のおじさん」である。以下、この頁ではその彼について紹介する。

ジン・ジャハナムと呼ばれるこの中年男性は、横暴ないばり屋で「置物のタヌキ」と揶揄されるほど役に立たない存在である。また、本名は明かされておらず他に呼び名も無いので、本物のジン・ジャハナムであるハンゲルグ・エヴィン(彼はその活動から指導者としての影響力が高いとして、「本物のジン・ジャハナム」等と呼ばれている)登場後も、(偽者の)ジン・ジャハナムと呼ばれ続けた。

はっきり言って口先だけの小物なのだが、時には職業軍人らしい厳しさを見せた他、最期の特攻シーンの印象が強い。このため、本物のジン・ジャハナムとみなされているハンゲルグよりもある意味人気がある。彼が最期に言い残したとおり、ファンの間でもジン・ジャハナムの名は彼のものとなって記憶に残った。

実は「ジン・ジャハナムは複数存在する」という設定で、これはSRWでも採用されている。だが、少なくともTV版の映像中ではその設定自体が(視聴者が混乱してしまう事を避けてか)説明されておらず、あくまでも影武者(偽者)のジン・ジャハナムと本物のハンゲルグの二人だけしかいないような印象になっている。

『コミックボンボン』で連載されたコミカライズ版では「ジャナハム」と表記。

登場作品と役柄[編集]

旧シリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦G
ビアン・ゾルダークが「ジン・ジャハナム」という設定になっている。
ウッソは「ホワイトベースに乗っていれば父さんに会える気がする」と発言するが、(「本物のジン・ジャハナム」である)ハンゲルグは名前すら登場しない。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
スーパーロボット大戦α for Dreamcast
スーパーロボット大戦α外伝

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦D
この「ジン・ジャナハム」は登場しないが、神隼人が「ジン」繋がりか、ジン・ジャハナムの一人という設定

単独作品[編集]

新スーパーロボット大戦
出番こそ少ないが、宇宙編の最終話ではロンド・ベル隊にバルマー艦隊の艦船の情報を提供する。

人間関係[編集]

ハンゲルグ・エヴィン
リガ・ミリティアの構成員の一人で、「本物のジン・ジャハナム」だとみなされている人物。
もっとも、ファンの間では前述のとおり影武者(偽物)こそが「ジン・ジャハナム」だと認識されている。
ロベルト・ゴメス
時には対立する事もあったが、中々の名コンビぶりを発揮。最期は一緒にモトラッド艦隊へ特攻する。
ウッソ・エヴィン
初対面の際、ジン・ジャハナムが自分の父ハンゲルグかもしれないと思っていた彼をがっかりさせる。

他作品との人間関係[編集]

バンプレストオリジナル[編集]

ビアン・ゾルダーク
第2次G』では、彼が「ジン・ジャハナム」だという設定になっている。

名台詞[編集]

「そんな…! 本物の白兵戦なんて…やだこれ!?」
ゴメス艦長から拳銃を手渡された際の反応。小心者だった頃の彼を象徴する場面である。
「冗談ではないぞ! ここまでやっておいて今さら休戦だと!? リガ・ミリティアのリーダーであるジン・ジャハナムはそんな物は認めないぞ!! そうだろう、ゴメス艦長!?」
シリーズ屈指の鬱ストーリー「母よ、大地へ帰れ」より。暴虐の限りを尽くしたモトラッド艦隊が突如、休戦を表明した事に怒りを露にする。
「う、うーん。そろそろ、覚悟をする時かな!? 艦長!」
第50話より。リグ・コンティオの攻撃でリーンホースJr.が大破したことで、モトラッド艦隊への特攻を決意する。
「当たり前だ! ここまで来て我々の働き場所が無いでは、ジン・ジャハナムの名前が泣くわ!」
「若い者が生き延びれば、この名前は私の物として語り継がれるってものさ…! 行っていいぞ、ゴメス艦長!!」
同話より、ゴメス艦長に特攻の指示をした際のセリフ。そして「置物のタヌキ」としてではなく、若者に未来を託す立派な指導者として死んでいった。