メカ暴竜鬼

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
メカ暴竜鬼
外国語表記 Mecha-Bouryuki
登場作品

ゲッターロボシリーズ

初登場SRW スーパーロボット大戦64
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 百鬼メカ
開発者 グラー博士
所属 百鬼帝国
パイロット 暴竜鬼
テンプレートを表示

メカ暴竜鬼は『ゲッターロボG』の登場メカ。

概要[編集]

富と権力に目が眩み、百鬼帝国改造された神隼人の幼馴染・イサム(暴竜鬼)が乗り込む単独操縦タイプの百鬼メカ

噴水に偽装した頭頂部のみを地表に曝し公園の地下で待機していたが、決起集会を隼人に妨害された事で逆上した暴竜鬼が出動させ、嘗て愛着を寄せていた街・新宿を蹂躙する。

武装は頭頂部から発射する破壊光線、及び全身のトゲから放射するビームを集束させて放つ合体光線。更には腰部のトゲを回転させて組み付いてきた敵機を弾き飛ばす戦法も具える。

最期は合体光線の直撃を浴びながらも強引に突撃してきたゲッターライガーのドリルアームで頭部を破壊された後、ライガーミサイルの連射で全ての角を破壊され爆散した。

登場作品と操縦者[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦64
パイロットの暴竜鬼と共に初登場。後に量産されて登場するが、破壊光線の威力が高いため過度の油断は禁物。
スーパーロボット大戦MX
暴竜鬼は登場せず、全て人工知能が操縦。比較的高めの命中率を誇るが、メカ大輪鬼のような特殊能力を持たないので労せず倒せる。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

回転トゲ
腰部のトゲをベルト状に回転させて敵を弾き飛ばす。前述通り劇中では迎撃技としての使用だが、『MX』では自分から組み付いて攻撃する。
破壊光線
全身のトゲから前方にエネルギーを集中して発射する合体光線。

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

M