牛餓鬼

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
牛餓鬼
読み ぎゅうがき
登場作品

ゲッターロボシリーズ

声優 曽我部和行(現:曽我部和恭)
初登場SRW スーパーロボット大戦64
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人百鬼一族
性別
所属 百鬼帝国
役職 百鬼兵
テンプレートを表示

牛餓鬼は『ゲッターロボG』の登場人物。

概要[編集]

第35話「百鬼老兵は死なず」に登場。百鬼帝国の新兵。百人衆牛剣鬼の息子。

ゲッターロボGに匹敵する戦艦シーフォース攻略にヒドラー元帥百鬼戦闘機で共に出撃。その場にゲッタードラゴンが現れ撤退命令が下されるも、牛餓鬼は納得が行かず単身で仕掛けるが、威嚇目的で放たれたダブルトマホークブーメランを避けた瞬間、シーフォースの電子レーザー砲に補足され砲撃を受けて死亡。

彼の死はヒドラーの口からゲッターによるものと、父親である牛剣鬼に伝えられる。

登場作品と役柄[編集]

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
名前のみ登場。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦64
「シャピロ、転生!」にて登場。本作では百鬼戦闘機が登場しないため、メカ牛剣鬼に乗って登場する。戦死した場合は次のステージで牛剣鬼が登場する。

人間関係[編集]

牛剣鬼
父親。
ブライ大帝
主君。
ヒドラー元帥
上司。彼の指揮の元、出撃した。彼によって自身の死に様を脚色されるが、シーフォースのバリアを攻略する為には相応の危険を覚悟する必要が有る事を告げられたり、ゲッターへ無謀な戦いを挑もうとした際には強い口調で撤退を促されるなど、ヒドラーなりに牛餓鬼の身を案じていた様子は窺える。
グラー博士
上司。『64』では彼の指揮の元、出撃した。また牛剣鬼に告げ口したのもグラーに変更されている。
ゲッターチーム流竜馬神隼人車弁慶
敵だが、彼らは牛餓鬼が子供であることに気付き撤退させようとしていた。

名台詞[編集]

「ヒドラー元帥、僕にも何かやらして下さい。お願いします!」
シーフォースの思わぬ猛反撃に劣勢を強いられている中、役に立ちたい一心でヒドラーに直訴し難易度の高いバリア攻略へと挑む。
「ヒドラー元帥、僕の父さんの牛剣鬼は『空の英雄』と言われてるんだ。俺だって…!」
「おめおめと引き返せません!ヒドラー元帥、我侭をお許し下さい!」
ゲッタードラゴンの出現に百鬼戦闘機隊が撤退を開始する最中、ヒドラーからの叱責を無視し父の誇りを胸に無謀な戦いへ赴くが…。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「うわあぁぁぁぁぁーっ、父さぁぁぁん!!」
撃破時の台詞。

搭乗機体[編集]

百鬼戦闘機

SRWでの搭乗機体[編集]

メカ牛剣鬼
64