メカ独眼鬼

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
メカ独眼鬼
登場作品

ゲッターロボシリーズ

初登場SRW スーパーロボット大戦Z
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 百鬼メカ
全高 55 m
重量 350 t
開発者 グラー博士
所属 百鬼帝国
パイロット 独眼鬼
テンプレートを表示

メカ独眼鬼は『ゲッターロボG』の登場メカ。

概要[編集]

第2話「恐るべし百鬼帝国の謎」に登場した独眼鬼の搭乗する百鬼メカ

浅間山のダム湖に待機し出撃の機会を窺っていたが、ヒドラー元帥からの指令が下った事に因り行動を開始。ダムを破壊して出現した後、新早乙女研究所への進撃を開始する。

進撃中に遭遇したゲットマシンの攻撃を避けるべく、両手のカギ爪を回転させて穴を掘り地中から新早乙女研の破壊を狙うも、追撃してきたゲッターライガーのチェーンアタックで地上に引き摺り出された後、ライガーミサイルの連射を喰らって敗北する。

登場作品と操縦者[編集]

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
やたら独眼鬼の出番が多いため、必然的に本機も出番が多い。スーパー系ザコメカなのでHPが高く、小隊を組まれていると非常に倒し辛い。
スーパーロボット大戦Zスペシャルディスク
バトルセレクション5にちゃっかり登場している。ネタ戦闘を集めたこのセレクションにおいて、何がネタになったのかは、メカ独眼鬼の得意技から察するべし。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

カギ爪
両手のツメをドリルのように回転させ、地下から相手を襲撃する。対空攻撃では足からのジェット噴射で飛行して切りつける。
火炎
口から吐く緑色の炎。
ミサイル
胴体から乱射されるミサイル。『Z』ではTRI攻撃。

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

L