ドラグナー2型カスタム

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ドラグナー2型カスタム
外国語表記 DRAGONAR-2 CUSTOM
登場作品 機甲戦記ドラグナー
初登場SRW スーパーロボット大戦A
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 メタルアーマー
生産形態 改修機
型式番号 XD-02SR
頭頂高 16.8 m
運行自重 132.5 t
最大発進重量 189.9 t
動力 FPW-4DM型 超小型核融合炉×2
出力 32.4万ポンド(ドライ)
42.9万ポンド(CMP)
※アフターバーナー使用時12万ポンドをプラス。
最大戦闘出力維持時間 52秒(MAX)【回復時間 CMP≦5 2秒~CMP=5226秒】
出力・重量比 0.853(ドライ)
1.445(CMP)
メインノズル数 8
アポジモーター 14
最高速度 M0.90/SL(海面高度)
M1.32(32,000フィート)
航続距離 5,850ノーチカルマイル
(10,836 km)
装甲 トリプルハードニス型 ヘビーコーティング
装甲厚 MAX475 mm
探知装置 イメージセンサー TAS12型
重力場感知システム:WG9型
ハードポイント数 2
(ハイペロード総量:16.7 t)
原型機 ドラグナー2型
改修 ラング・プラート
所属 地球連合軍
乗員人数 1名
パイロット タップ・オセアノ
テンプレートを表示

ドラグナー2型カスタムは『機甲戦記ドラグナー』の登場メカ

概要[編集]

ドラグナー2型重慶基地で強化改造した姿。D-2カスタムとも呼称。

D-1カスタム同様リフターと一体化したが、リフター2にあった空中給油機能はオミットされている。

登場作品と操縦者[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦APORTABLE
初参戦作品。原作の設定に沿って補給装置はオミットされる。しかし後半の部隊分割では補給ユニットがいないチームに回される上、燃費の悪いユニットも多数存在するため、本機の補給装置が残っていれば活躍できたことだろう…。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦MX
合体攻撃が強力なので、充分強豪ユニットであるが、それでも他のドラグナーやファルゲンには見劣りする感はある。どちらかといえば、ユニット性能そのものよりも、パイロットのタップの精神コマンドの構成に問題がある。
スーパーロボット大戦GC
D-2の補給装置が無くならず引き継がれる。
スーパーロボット大戦XO
合体攻撃のDフォーメーションアタックが2種類に変更された。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

2連式 25mm 機関砲
手の甲にあるバルカン。発射速度毎分1500発、携行弾数800発。鉄甲弾、爆裂弾を装填可能。
元々カスタム前からある武装だが、SRWではカスタム後しか使用していない。
2連ヘビィデュアルミサイル
両脚部に内蔵。
640mm レールキャノン BM-06型
バックパックから伸びる2門のキャノン砲。カスタム前の倍以上の口径。発射速度毎分180発、携行弾数240発。鉄甲弾、爆裂弾、プラズマ化弾を装填可能。
SRWでは射程が長い為、援護攻撃で役に立つ。
75mm 2連連装自動砲
バックパック上部に装備。発射速度毎分130発、携行弾数260発。鉄甲弾、爆裂弾を装填可能。
10連デュアルミサイルポッド
両翼にに1基ずつ計2基装備。
迫兵戦用アサルトナイフ
格闘戦用武器。ふくらはぎに2本装備。
本来は各D兵器共通の装備であるが、SRWではD-2カスタムだけがAでのみ使用(表記はアルトナイフ)。『A』ではグラフィックの関係上逆手持ちをするが、『AP』では普通に持ち斬りつけるモーションが新造された。
神田武幸監督の「ナイフは少年犯罪を連想させる」という意向から、原作劇中では未使用(小説版ではD-1が使用。前述の表記も小説版からのもの)。後の機動戦士ガンダムSEEDにて「アーマーシュナイダー」の元ネタとなっている。
88mm ハンドレールガン LPS33型
主兵装の手持ち式実弾マシンガン。発射速度毎分1450発、携行弾数660発。鉄甲弾および爆裂弾を装填可能。
MXではダブルアタック可能なので重宝する。
マルチディスチャージャー
アンダーバレルに装備した多目的ランチャー。携行弾数3発。鉄甲弾および鉄甲弾、爆裂弾、プラズマ化弾を装填可能。
光子バズーカ砲
メタルアーマーにはレアなエネルギー兵器。
ビーム兵器扱いなので相手を見て640mmキャノンと使い分けが必要。

合体攻撃[編集]

Dフォーメーションアタック
ドラグナー1型カスタム、ドラグナー2型カスタム、ドラグナー3型のコンビネーション攻撃。カスタム前のハンドレールガンから光子バズーカ砲に変更(GC・XOではカスタム前と同じ)。
DフォーメーションアタックS
ドラグナー1型カスタム、ドラグナー2型カスタム、ドラグナー3型のコンビネーション攻撃。光子バズーカによる一斉射撃を行う。MXやXOでは、この名称が採用されている。この場合攻撃力が恐怖のトリプルアタック以上だが、ビーム兵器扱いになる。またXOではP属性でなくなり長射程に。
恐怖のトリプルアタック
ドラグナー1型カスタム、ドラグナー2型カスタム、ドラグナー3型のコンビネーション攻撃。2型と3型で組み付いて動きを封じた所に、1型のレーザーソードによる一閃で斬り捨てる。
原作では3機で組み付き垂直降下して地面に叩きつける「恐怖のトリプル子泣き爺」で、ドラグーン2機とケーンが奪ったドーラで敢行した。

特殊能力[編集]

剣装備
Aのみ。切り払いが可能。
補給装置
GC・XOのみ。

移動タイプ[編集]

リフターと一体化した為、デフォルトで飛行可能。

サイズ[編集]

M

カスタムボーナス[編集]

射撃武器の攻撃力+200
A PORTABLE

関連機体[編集]

ドラグナー1型カスタム
ドラグナー3型