2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

スタークガンドーラ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
スタークガンドーラ
外国語表記 Stark Gan-Dolla
登場作品 機甲戦記ドラグナー
初登場SRW スーパーロボット大戦A
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 メタルアーマー
生産形態 個人改造機
全高 13.2 m
戦闘重量 戦闘重量42.6 t(ドーラ)、42.9 t(ガンツァー)
運行自重 21.5 t(ドーラ)
23.6 t(ガンツァー)
動力 JTF-2R型 超小型核融合炉×2
出力 13.2万ポンド×2(ドライのみ)
出力・重量比 1.406(ドーラ、ドライのみ)
メインノズル数 4
アポジモーター 4
最高走行速度 580 km/h
装甲 ステライド2型ヘビーコーティング
装甲厚 MAX220 mm
探知装置 イメージセンサー AS7M型
重力場感知システム GLS5型
ハードポイント数 4
(ペイロード総量13t)
原型機 ガンドーラ
所属組織 ギガノス帝国
所属部隊 グン・ジェム隊
乗員人数 1名
パイロット ガナン
テンプレートを表示

スタークガンドーラは『機甲戦記ドラグナー』の登場メカ

この項目では分離形態である「スタークドーラ」についても説明する。

概要[編集]

ガナン専用のガンドーラカスタム機。

火力は勿論、出力もアップしており単体では運用の向かないドーラをそのまま使用可能。

(以上、Wikipediaより引用・一部改変)

登場作品と操縦者[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦A
初参戦作品。名義は「スタークガンドーラ」だが、ユニット自体はガンツァーに搭乗していない、ドーラ単体状態での登場。以後XOまでこの状態での出演が続く事に。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦MX
ドーラ単体での登場。射程8は結構脅威。接近すれば最強武器は封じ込める。
スーパーロボット大戦GC
ドーラ単体での登場。
スーパーロボット大戦XO
初めてガンツァーが付いた状態で登場。撃墜するとドーラ単体(名前はスタークドーラ)になるので、グン・ジェム隊では一番しぶとくなる。ア・バオア・クーの決戦では適正の低いガンドーラ形態で出撃し、宇宙適正の高いドーラ形態になっても強制分離によるHP低下の影響で運動性が下がっているため、結果的にしぶといだけであまり活躍できない。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

スタークドーラ[編集]

450mmレールキャノン SBX10型
肩部に2門装備。発射速度毎分120発、携行弾数120発。鉄甲弾・爆裂弾・プラズマ化弾を装填可能。
7連IRMポッド
両翼に1基ずつ計2基装備。
デュアルミサイル
両翼に1発ずつ計2発装備。
迫兵戦用レーザーソード
二本つなげて薙刀のように使うことが可能。
75mmハンドレールガン SSX14型
手持ち式のマシンガン。発射速度毎分2000発、携行弾数375発。鉄甲弾・爆裂弾を装填可能。

ガンツァー[編集]

80mmマルチディスチャージャー
2門装備。

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

M