獣士

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

獣士(Beast Fighter)とは、『超電磁マシーン ボルテスV』に登場する兵器。

概要[編集]

ボアザン帝国地球侵略軍が使用する巨大ロボットの総称。

生物を巨大化、生体改造したもので、中には自分の意思を持ち、会話する獣士も存在する(24話で判明するが鎧獣士には突撃兵士の脳が移植されており獣士もその可能性がある。彼らにとっては複数名が争うように立候補するほどの名誉である)。開発はボアザン星人の科学者ド・ズールが担当していた。

原作第24話「敵・新将軍の挑戦状」以降は、超強化合金マキシンガルを使用した鎧獣士となる。

スパロボに登場した獣士[編集]

ドクガガ
第1話に登場。
バイザンガ
第2話に登場。
ガルド
第4話に登場。
ナマズンゴ
第10話に登場。
強力ナマズンゴ(ナマズンゴS)
第10、第11話に登場。
カニガン
第12話に登場。

関連用語[編集]

鎧獣士