ガルド

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガルド
外国語表記 Gald
登場作品 超電磁マシーン ボルテスV
声優 黒部鉄
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 獣士
開発者 ド・ズール
所属 ボアザン帝国
テンプレートを表示

ガルドは『超電磁マシーン ボルテスV』の登場メカ

概要[編集]

第4話「魔のシャドウ必殺剣」に登場。山姥、あるいは歌舞伎の演目『連獅子』で登場する白い獅子の精のような姿をしている。

ボアザン星の剣士ガルドの脳を移植し、プリンス・ハイネルから貴族の象徴である角を与えられた獣士。宇宙一の金属といわれるゲラマニウム製の「ゲラマの剣」と「ゲラマの鎧」を装備している。

「シャドウ必殺剣」と言う必殺技を持ち、一度はボルテスVを破るものの、剛健一剛大次郎との修行で体得した「胡蝶返し」(真剣白刃取り)の前に敗れる。

登場作品と操縦者[編集]

スーパーロボット大戦J
獣士ガルド」表記で登場。パイロットはAIで量産型獣士の一種扱い。