スカールーク

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
スカールーク
外国語表記 Scar Rook
登場作品 超電磁マシーン ボルテスV
初登場SRW 新スーパーロボット大戦
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 戦艦
全長 160 m
全高 165 m
所属 ボアザン帝国
主な搭乗員 ルイ・ジャンギャル
プリンス・ハイネル
テンプレートを表示

スカールークは『超電磁マシーン ボルテスV』の登場メカ

概要[編集]

ボアザン軍の旗艦。

名前の通り角の生えた頭骸骨(スカル)の上に城塞(ルーク)が乗っかった風貌をしている。空中だけでなく、宇宙や海中など場所を選ばない万能艦である。

口から巨大なドリルが飛びだし、目の部分から獣士が飛び出してくる。

登場作品と操縦者[編集]

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
初期の頃には苦戦。終盤は味方の火力が増強されているので、敵ではなくなる。
スーパーロボット大戦α for Dreamcast
第2次スーパーロボット大戦α
主にド・ベルガンが乗る。雑魚仕様とボス仕様が登場。ボス仕様は5万台と高い。
第3次スーパーロボット大戦α
『第2次α』設定で登場。星間連合の主力戦艦。
主に突撃兵士が乗ってくるが、ルートによっては敵として現れるハイネルが搭乗し、撃墜すると守護神ゴードルに乗り換える。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦APORTABLE
戦闘機会は分岐ルートの地上ルートとビッグファルコン襲撃時と地底城決戦のみ。決戦時には剛健太郎を人質にした無人機が登場、撃墜するとゲームオーバー。野放しにすると被害が大きい上、ターン制限もあるため短期決戦を望みたい。
スーパーロボット大戦R
ジャンギャルやハイネルが搭乗。『A』よりは戦闘機会は多い。
スーパーロボット大戦J

単独作品[編集]

新スーパーロボット大戦
初登場作品。リアルサイズでの強大さは逸品。固い、直撃受けると大ダメージ、とボス級の扱いを受けている。序盤での撃墜は大変だが資金的な見返りも大きい。
ジャンギャルやズールの他、一般兵も乗る。
新スーパーロボット大戦 スペシャルディスク
フリーバトルに登場。
スーパーロボット大戦DD
序章ワールド2より登場するエネミーユニット。ジャンギャルが搭乗。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

大型ミサイル
眼部から発射する。
分子破壊砲
額から照射する。
小隊導入作品では全体攻撃。『第3次α』では装甲低下の特殊効果
大型ドリル
口部からドリルを射出、突貫する。
スカールークを知ったプレイヤーから、「どこにそんなドリルを搭載しているのか」というツッコミが…。ともかくスカールークの印象はこのドリルだろう。SRWでは直接突撃するものと巨大ドリルミサイルを発射するパターンがある。
破壊光線

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

2L(LL)