グレイファントム

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
グレイファントム
外国語表記 Gray Phantom
別表記 トロイホース
登場作品

ガンダムシリーズ

初登場SRW 第4次スーパーロボット大戦
SRWでの分類 機体
母艦
テンプレートを表示
スペック
分類 ペガサス級強襲揚陸艦(準ホワイトベース級強襲揚陸艦)
艦籍番号 LMSD-76
全長 305m
重量 48,900t
開発 地球連邦軍
所属 地球連邦軍
テンプレートを表示

グレイファントムは『ガンダムシリーズ』の登場メカ

概要[編集]

地球連邦軍が建造したペガサス級強襲揚陸艦の5番艦。準ホワイトベース級強襲揚陸艦などとする資料もある。

一年戦争時にガンダムNT-1を受領するためにサイド6のリボーコロニーに向かうが、ケンプファーがコロニー内で戦闘を行った際に本艦に所属していたスカーレット隊を投入。しかし、あっという間に全滅させられてしまっている。その後、デラーズ紛争時にはコンペイ島での観艦式に参加していたのだが、ガンダム試作2号機の核攻撃に巻き込まれて撃沈した。

なお、初期設定の名称は「トロイホース」であり、途中で「グレイファントム」に変更された。現在では「トロイホースは誤りである」とされたり、「グレイファントムの別名がトロイホースである」などとする資料が多い。また、本艦とは別に「トロイホース」という艦があるという設定も存在し、かなり情報が錯綜している。

登場作品と操縦者[編集]

2018年5月現在、SRWでは「トロイホース」の名称で登場している。

旧シリーズ[編集]

第4次スーパーロボット大戦S
これまでのホワイトベースに代わり、自軍の最初の母艦として登場。初期はトーレスが、後にブライトがパイロットとなる。
スーパーロボット大戦F
自軍の最初の戦艦として登場。パイロットは復帰したブライト。
スーパーロボット大戦F完結編
宇宙ルートで顔見せ的に登場。そのため完結編に移行してもロボット大図鑑から削除されない。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

連装主砲
連装メガ粒子砲
連装ミサイルランチャー
対空機銃

特殊能力[編集]

搭載

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

LL

機体BGM[編集]

「颯爽たるシャア」
第4次』にて。

関連機体[編集]

ホワイトベース
ペガサス級強襲揚陸艦2番艦。
アルビオン
ペガサス級強襲揚陸艦7番艦。