アインストヴォルフ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
アインストヴォルフ
外国語表記 Einst Wolf
登場作品

バンプレストオリジナル

デザイン 大張正己
テンプレートを表示
スペック
全長 100m以上
重量 不定
パイロット ベーオウルフキョウスケ・ナンブ
テンプレートを表示

概要[編集]

平行世界あちらの世界)におけるキョウスケ(ベーオウルフ)が搭乗するゲシュペンストMk-IIIアインストの力によって変異した異形の機体。

機体色が青から赤になっており、こちら側のゲシュペンストMK-IIIにあたるアルトアイゼンを思わせるが、機体そのものが倍以上のサイズに変化、アインストであるペルゼイン・リヒカイトに似た外見となっている。

本来は自己再生機能を持ち合わせているが、コアにソウルゲインの玄武剛弾が直撃して再生機能が麻痺したようだ。

登場作品と操縦者[編集]

OGシリーズ[編集]

無限のフロンティア スーパーロボット大戦OGサーガ
ドラマCDで登場。ソウルゲインと死闘を繰り広げていた。
スーパーロボット大戦OG ジ・インスペクター
本作の第1話と最終話に初登場。
スーパーロボット大戦OG ジ・インスペクター Record of ATX
ジ・インスペクター第1話とほぼ同様の展開だが、光線(エアヴァルトゥング?)を放つためにコアを露出したため玄武剛弾がコックピットを直撃している

装備・機能[編集]

装備名は公開されてないので、Mk-IIIからそのまま変異した武装についてはMk-IIIのレプリカ機であるアルトアイゼン・ナハトのものを仮に挙げる。

武装・必殺武器[編集]

5連チェーンガン
左腕のチェーンキャノンがそのまま大型化。
リボルビング・ブレイカー
大型のパイルバンカー。ソウルゲインの青龍麟をゼロ距離を受けて右腕のブレイカーが破壊された際、再生するばかりか、機体も変異した。機能も同等。
レイヤード・クレイモア
両肩のクレイモアも変異。
光線(エアヴァルトゥング?)
胸部を開放し、アインスト特有のコアが露出して光線を放つ。一部の視聴者からはベーオウルフの中の人つながりで「ボルテッカ」とも言われた。

対決・名場面[編集]

VSソウルゲイン
システムXN防衛は元より、混沌のバランスを崩す存在としてアクセル・アルマーが対峙。そして、ゲシュペンストMk-IIIのベーオウルフがアインストヴォルフへと変異。アクセルは次元転移とベーオウルフを倒すべく、賭けに出るが?

関連機体[編集]

ゲシュペンストMk-III
アインストヴォルフの元となった機体。
アルトアイゼン・ナハト
アルトアイゼン
平行世界のゲシュペンストMK-III。直接的にはこの機体が変異した。
ノイヴォルフ
アインストヴォルフの更なる進化形態。
ディカステス
ジ・インスペクターでは、アインストヴォルフと同様の経緯でアインスト化した。
ブラスターテッカマンエビル
Mk-IIIからアインストヴォルフへと変異する場面での背部が膨れ上がる描写や尻尾が生えた姿などは、ジ・インスペクターの監督である大張氏が手がけたテッカマンエビルブラスター化した場面とよく似ている。
ブラッディII
スタッフからはこう呼ばれた。ちなみにブラッディIIはキョウスケ初出作の『COMPACT2第一部』で敵として登場している。