ジガンスパーダ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジガンスパーダ
外国語表記 Giganspada
登場作品

バンプレストオリジナル

初登場SRW スーパーロボット大戦OG ORIGINAL GENERATIONS
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 大型機動兵器
全長 132.2 m
重量 270.6 t
浮揚機関 テスラ・ドライブ
所属 シャドウミラー
主なパイロット アーチボルド・グリムズ
テンプレートを表示

ジガンスパーダは『スーパーロボット大戦OG ORIGINAL GENERATIONS』の登場メカ

概要[編集]

シャドウミラー平行世界の地球から持ち込んだ大型機動兵器。

一種の移動砲台とも呼べる兵器で、胴体部分が「こちらの世界」におけるジガンスクードに酷似している。作中ではその関連性は指摘されたが、謎のままで終わった。平行世界ではエアロゲイターが接触していないことから、ジガンスクードが外宇宙で大破せずに、人型ではなく移動砲台のままで改修が行われたと推測できる。赤のジガンスクードと対象的に青のカラーリングが施されている。なお、全長はジガンよりも上。

シャドウミラーからノイエDCが占領したアースクレイドルに配備され、アーチボルド・グリムズの手で運用される。コロニー統合軍には忌まわしい機体であるジガンスクードであるが、そのもう一つの可能性ともいうべき機体にアーチボルドが搭乗しているのは何とも因果である。また、コロニー出身のレオナ等には現在のジガンスクードよりも、かつてのジガンスクードに酷似した姿に嫌悪感を抱かせている。

その後、ジガンスパーダのデータから開発された量産型を、インスペクターの生産プラント「スカルヘッド」で量産、配備されている。

ジガンスパーダとはイタリア語で「巨大な剣」という意味。「盾」を意味するジガンスクードとは対照的な性能になっている。砲身も剣に似た形状である。

なお、『OGS』のOG1シナリオ・プロローグで、メギロートに囲まれている「改修前のジガンスクード」は、同機の色違いであることが確認できる。

登場作品と操縦者[編集]

OGシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦OG ORIGINAL GENERATIONS
OG2』での「眠れ、地の底で」におけるアーチボルドの最終搭乗機はアシュセイヴァーであったが、本作ではこの機体となっている。マップ兵器を持っているものの、レーツェルを狙って攻撃する事の方が多い。攻撃力は高いので、当たれば一撃撃破は確実。しかし、ジガンスパーダにダメージを与えるごとにイベントが推移するので、その点を利用する事で、ゲイム・システムで常に精神コマンドが掛かっているオウカラピエサージュと対峙せずに済む。尚その際、HPを一定値まで削ってから一気に撃墜する事で復活し、何度も撃墜できる。強敵であるマシンナリー・チルドレンベルゲルミルや、量産型アシュセイヴァーらの相手もしなければならないのでなかなか余裕は無いと思われるが、腕に自信のあるプレイヤーは挑戦するのも一興。
スーパーロボット大戦OG -ジ・インスペクター- Record of ATX BAD BEAT BUNKER
アニメ版には登場しなかったが、本作ではアースクレイドル攻防戦時に2機登場する。なおアーチボルドはこの時グラビリオンに乗っている。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

VLSミサイルランチャー
着弾指定型のマップ兵器
ギガ・ワイドブラスター
胸部から発射されるエネルギー砲。ジガンスクードと同様の兵装。
ジガンテ・カンノーネ
両側に2連装内蔵の強力なビーム砲。

特殊能力[編集]

ABフィールド
コクピットブロック
ウェポンブロック

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

LL

脱出装置[編集]

OGシリーズでは脱出装置に触れている機体がよく見られるが、本機もその一つで脱出装置がついていない。

OGSにてアーチボルドは「コクピットハッチを開けて脱出」しようとするも損傷でハッチが開かず、そのまま機体と運命を共にすることになる。

浮遊しているこの機体に脱出装置がないのも考えにくいので、作動しなかっただけの可能性もあるが。

対決・名場面[編集]

VSジガンスクード・ドゥロ
OG2・OGsの「眠れ、地の底に」において、同等の機体同士が対決する。ガンドロにとってはある意味、過去の姿との因縁の対決とも言える。
VSアウセンザイターR-2パワード
こちらは仇同士の最後の対決となる。ブランシュタイン兄弟はアーチボルドを討ち屠り、カトライアや事件の犠牲者達の無念を討ち果たす。

関連機体[編集]

ジガンスクード
量産型ジガンスパーダ