ラピエサージュ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラピエサージュ
外国語表記 Rapiecage
登場作品

バンプレストオリジナル

デザイン 藤井大誠
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 アサルト・ドラグーン
生産形態 改修機
型式番号 ASK-G03C
全長 24.5 m
重量 106.4 t
推進機関 テスラ・ドライブ
補助MMI ゲイム・システム
原型機 アシュセイヴァー
開発者 レモン・ブロウニング
製造 シャドウミラー / ノイエDC
パイロット オウカ・ナギサ
テンプレートを表示

ラピエサージュは『バンプレストオリジナル』の登場メカ

概要[編集]

アシュセイヴァーをベースにした改造機。ラピエサージュは、フランス語で「パッチワーク(継ぎ接ぎ)」という意味をもつ。その名の通り、ATX計画の様々な機体のデータが流用されており、元の機体の名残はほとんど見られない。機体色は黒。

開発者のレモン・ブロウニングは元々、恋人であるアクセル・アルマー用に開発していた。しかし、アクセルはソウルゲインの方が自分の戦い方に合っていると搭乗を辞退した(GBA版OG2ではベーオウルフキョウスケ・ナンブ)の機体データを使用しているとの理由で搭乗拒否した)ため、オウカ・ナギサに白羽の矢が立った。

また、アギラ・セトメイーグレット・フェフの意向で、マン・マシン・インターフェイスとして「ゲイム・システム」が搭載されている。

武装は、ビルトファルケンの「スプリットミサイルH」、ビルトビルガーのビクティム・ビークの強化版「マグナム・ビーク」、アルトアイゼンのパイルバンカーを参考にしたようなアイアンクロー、アルトアイゼン・リーゼ(正確にはゲシュペンストMk-IIIであろうが)の「5連チェーンガン」と、ヴァイスリッターのオクスタン・ランチャーのシャドウミラーモデル「オーバー・オクスタン・ランチャー」と、ATX計画 の各機体から持ってきている。 また、これらの武器を全て使用する「U.U.N (Uncanny Ultimatum Nail)」というマニューバがある。

アシュセイヴァーがベースとなった機体だが、特徴たる誘導兵器は搭載されておらず、代わりに大型の可変スラスターに変えられており、テスラ・ドライブ搭載で飛行が可能。 アシュセイヴァーの2倍の機体重量で厚い装甲を持つ上に、ゲイム・システムとの併用で高い運動性を持つという、(ボスユニットにありがちな)もはや何でもありの機体である。 ちなみに、強奪されたビルトファルケンはともかく、ビルガーのデータまでノイエDCに洩れている理由はラミア・ラヴレスがデータをシャドウミラーに送っていたため。 シャドウミラー製の機体であるため、例によって「コードATA」が実装されている。

スクールの中でも、特に秀でた能力を持つオウカ・ナギサの専用機として登場し、その異常なまでの強さを遺憾なく発揮してくる。 しかし、殆どの武装が弾数制の武器しか無く、大方相手をするのは回避の鬼であるフェアリオンであることが多いので、攻撃を続ければネオ・プラズマカッターしか使えなくなる。だが、大半のシナリオで撤退してしまうためあまり意味は無い。

途中から操作可能なプレイヤーユニットとなるが、そのステージ限定参戦となる。最期は量産型ベルゲルミルに乗ったアギラを道連れに、自爆装置「コードATA」で爆散する。

なお、一部のプレイヤーからはラピエサージュがリアルロボットレジメントというゲームの主人公機であるフリッケライ・ガイストと関連があるとの声もある。フリッケライ・ガイストはドイツ語で「継ぎ接ぎだらけの亡霊」という意味を持つ。機体色はラピエサージュとは対照的に白。

ラピエサージュ・ファントゥーム(Rapiecage Fantôme)[編集]

アニメ『スーパーロボット大戦OG ジ・インスペクター』における強化型。強化前と比べて可変スラスターが更に大型化、脚部が大出力のスラスターに変更されたことで機動性が大幅に向上。胸部には増加装甲とエネルギーフィールド発生器が搭載され、防御力も向上している。機体リミッターを極限まで引き上げて出力を向上させ、更にマシンセル投与による自己修復機能を持つ。コクピットもレバーやペダル類が廃されてオウカが生体パーツのように組み込まれており、ゲームと同様にゲイム・システムを直接リンクさせている。

なお、『ファントゥーム』はフランス語で『亡霊』という意味である。その為、『ラピエサージュ・ファントゥーム』は、フリッケライ・ガイストと全く同じ『継ぎ接ぎだらけの亡霊』という意味になり、ますます関連性を感じずにはいられないというファンも多いだろう。そして第2次OGでフリッケライにラピエサージュのパーツも流用されていると判明した。

登場作品と操縦者[編集]

OGシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATION2
オウカ・ナギサ専用機。とあるステージで途中から使用可能になるが、そのステージ内で消滅するため改造等は不可能である。敵の時は精神コマンドを使ってくる上に全てのステージで撤退してしまう為、下手をすると一度も落とせない。
スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATIONS
オウカ・ナギサ専用機。OG2と同様。U.U.N.のモーションが大きく変わった。
スーパーロボット大戦OG ジ・インスペクター
第6話で登場。登場時期から、今回はATX計画の技術転用はない。第22話にて「ラピエサージュ・ファントゥーム」に改修されて登場。O.O.ライフルでシャイン王女フェアリオンエネルギーフィールドを貫通し、その機動力はビルトビルガービルトファルケン、フェアリオンの機動力や攻撃力を凌駕するほど。更にその出力は不意打ちではあったがSRXをも押し返し転倒させるほど。最後はオウカ自身が自我を取り戻し、マシンセルに取り込まれたアギラ・セトメソルグラビリオンごとコードATAで自爆し果てた。
スーパーロボット大戦OG -ジ・インスペクター- Record of ATX
ジ・インスペクターと異なり、ビルトファルケンのデータを技術転用している。また、初戦闘時にアルブレードをオーバーホールを余儀なくさせる程に大破させている

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

ネオ・プラズマカッターを除く全ての武装が弾数消費制の武器の為、継戦能力はあまり高いとは言えないが、どれも武装の攻撃力が高い。弾切れを待つより、速攻をかけて仕留めるのが無難。

スタンショック
行動不能にする特殊弾。
ウェポンブレイカー
攻撃値を低下させる特殊弾。
ネオ・プラズマカッター
本機の近接武器。GBA版では味方になっても持っていたが、OGS以降は敵のみ。唯一のEN消費系の武器。本機の生命線である。
スプリットミサイルH
両肩に装着されたクラスターミサイルで、着弾指定型マップ兵器。ビルドファルケンを解析した兵装。
5連チェーンガン
左腕に装着された実弾兵器。(この武器を装備するリーゼが登場するのはラピエサージュよりずっと後。また、彼らの世界のゲシュペンストMk-IIIはリーゼに似ている発言から此方を参考とした可能性がある)。これ自体は単体武器としては登場せず、必殺技のモーションに組み込まれている。
マグナム・ビーク
右腕に装備された鉤爪のような格闘武器。おそらくはアルトアイゼンのリボルビング・ステークとビルトビルガーのスタッグビートル・クラッシャーを参考にしたものと思われる(ただし、ビルガーのロールアウトはラピエサージュと同時期なので、どこまでデータが反映されたかは不明
Record of ATXでは更に高周波兵器になっており、カイ量産型ゲシュペンストMk-IIをオーバーホールをしないといけないほどの損傷を内部構造に与えている。
オーバー・オクスタン・ランチャー 「O.O.ランチャー」
実弾とエネルギー砲を併せ持つ射撃兵装。ビルトファルケンの特殊兵装を解析した兵器。全体攻撃。ちなみにGBA版のPVでは微妙にモーションが違い、Eモードを展開しながらジャンプ、滞空しながらビームを放ってくる(しかもビームのエフェクトがOG1時代の古いもの)。
U.U.N. 「アンキャニー・アルティメイタム・ネイルズ」
「U.U.N.」とはコード名で、ラピエサージュの攻撃フォーメーション。ちなみに、読み方は「ダブル・ユー・エヌ」。チェーンガン、ビーク、ランチャー、ミサイルのパターンで、止めに最大出力のランチャーをEモードで発射する。なお、技名が上述のフリッケライ・ガイストと同名である。GBA版では全く違うパターンで、スプリットミサイルを発射した後O.O.ランチャーのEモードを叩き込み、そこに飛び込んで打ち上げた相手にチェーンガンを見舞い、最後にマグナム・ビークで切り裂くというもの。

特殊能力[編集]

ABフィールド
ビーム兵器のダメージを軽減。
ジャマー
ミサイル属性を確率で無効。
ウェポンブロック
攻撃・射程・命中ダウンを無効。味方仕様なると消滅するが、フル改造ボーナスの事を考えると妥当だろう。

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

M

カスタムボーナス[編集]

特殊能力フルブロックを装備
全ての特殊効果を無効。しかし、フル改造状態で出現することはない。

機体BGM[編集]

「桜花幻影」
オウカ・ナギサ専用戦闘BGM

関連機体[編集]

ヴァイスセイヴァー
アシュセイヴァーのカスタム機で、ラピエサージュのオーバー・オクスタン・ランチャーの改良モデル、オーバー・オクスタン・ライフルが搭載されている。こちらは全体攻撃では無くなり攻撃力こそ若干劣るものの、最小射程が低下した事でより攻撃範囲が拡張され、命中補正が増加し、弾数2倍(実際はレモンのBセーブで3倍)等様々な改良がなされている。攻撃力より安定性を重視したのだろう。
ビルトファルケン
ビームと実弾を使い分けられる特徴的な武器オクスタン・ライフルを参考。但し、ファルケンが大型の銃弾で、ラピエは連射式が違う点。
ビルトビルガー
スタッグビートル・クラッシャーを参考。しかし、ビルガーが参考になっているのは設定でも明らかなのだが、ロールアウトはラピエサージュと同時期であり、また武装についてもラピエサージュの開発中に討論していたのでどの程度反映されているのかは不明。
アルトアイゼン
リボルビング・ステークと5連装チェーンガンを参考。5連装チェーンガンはアルトアイゼン・リーゼの武器だが、リーゼはラピエサージュより登場が後なので、彼らの世界で制式採用されたリーゼと同じ姿のゲシュペンストMk-IIIが参考にされている可能性もある。
フリッケライ・ガイスト
リアルロボットレジメント」の主人公機。第2次OGではラピエサージュの部品を流用していることが判明した。