トーマス・プラット

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
トーマス・プラット
外国語表記 Thomas Pratt
登場作品

魔装機神シリーズバンプレストオリジナル

声優 宇垣秀成
デザイン 河野さち子
種族 地球人(アメリカ人)
性別
年齢 22歳以上
所属

OGシリーズでは一時DCを離脱するも、再び戦いを求めてノイエDCに復帰という扱い。

軍階級 少佐
テンプレートを表示

トーマス・プラットは「魔装機神シリーズ」の登場人物。

概要[編集]

地上人召喚事件」で地底世界ラ・ギアスに召喚されたバゴニアの傭兵で、元はディバイン・クルセイダーズ(DC)のパイロット。誰かさんのようなインチキくさい英語を使ったり、星座占いをやたらと気にしたりする。

戦いと争いの中に己の生き甲斐を見出し、戦争を自分の命をチップにしたスリリングなゲームとしてとらえている。大義やイデオロギーとは無縁。

なお、彼のパイロットスーツがテンザンやテンペストに流用されたため、「DCのパイロットスーツはラ・ギアスのものと同じ」というややこしいことになった(ファングが同じものを着ているため)。DW以降は違うパイロットスーツにすることで解決している。

登場作品と役柄[編集]

魔装機神シリーズ[編集]

魔装機神 THE LORD OF ELEMENTAL
バゴニアの傭兵として第二章に登場。ゼツと最期まで行動を共にする。
スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神 THE LORD OF ELEMENTAL
OGシリーズに組み込まれたのに伴い、初遭遇時にマサキがトーマスのことを思い出す台詞が追加された。PSP版では音声の追加に伴い戦闘台詞が増加。このなかにアイビー・リーグの出身であることを匂わすものがある。もしそうなら相当なエリート。

OGシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦 ORIGINAL GENERATION
数少ない魔装機神シリーズからの参戦キャラクター。「DC戦争」で敵軍の指揮官として登場(活躍の場はリュウセイ編)。任務をビジネスと呼び、計算高く自己保身に長けているが、そのためならば平然と部下を使い捨てにする自己中心的な人物として描写された。インチキくさい英語や星座占いを気にする面は見受けられない。これはライターの違いが大きいだろう。
スーパーロボット大戦 ORIGINAL GENERATIONS
声の担当が宇垣秀成氏に決定。テンザン共々序盤の強敵という位置付けは変わらないが、ガーリオン・カスタムでのソニック・ブレイカーの掛け声が独特なので一度聞いてみるといいだろう。
スーパーロボット大戦OG ディバイン・ウォーズ
テンザンと行動を共にし、ハガネにガーリオン・カスタムのソニック・ブレイカーを仕掛けるが、サイバスターのアカシックバスターに競り負けた。
スーパーロボット大戦OG ダークプリズン
第3話でバゴニアの傭兵として登場。SR獲得条件が彼の撃墜なのだが、HPが一定以下になると撤退する上、こちらのフェイズのときは防御するので厄介。マキシマムブレイクを使うか、反撃で全力を出して落としたい。
地上にいた頃よりも円滑に事を運べるという理由でラ・ギアスを気に入り(プラーナ量でラ・ギアス人を圧倒できるため)、永住を考えていた。バゴニア共和国軍の評価も高く、新型魔装機の配備も約束されていた。既にインチキ英語を使い始めているが、ラ・ギアスには地上人用の翻訳魔法があるため、どこまで彼の意思でインチキ英語を駆使していたかはわからない。

パイロットステータス設定の傾向[編集]

能力値[編集]

魔装機神 THE LORD OF ELEMENTAL
ボス級として優遇されたステータス。

精神コマンド[編集]

魔装機神 THE LORD OF ELEMENTAL
ド根性ひらめき報復鉄壁M吸収必中
スーパーロボット大戦 ORIGINAL GENERATIONS
偵察必中加速直撃熱血ド根性、(ツイン)かく乱

特殊技能(特殊スキル)[編集]

魔装機神 THE LORD OF ELEMENTAL
気配察知斬り返し再攻撃分身2回行動
スーパーロボット大戦 ORIGINAL GENERATIONS
ラッキーL5、インファイトL4、指揮官L3、強運

人間関係[編集]

マサキ・アンドー
御存じ風の魔装機神の操者に選ばれた日本人。彼とサイバスターへの強い執着がトーマスをラ・ギアスに残留させたようだ。DS版(PSP版)のOPデモでマサキの相手に選ばれるなど、スタッフからも因縁の相手として認められている。
リューネ・ゾルダーク
DC総帥の娘。『三國戦争』(LOE第二章)勃発まで面識をもつことはない。
シュウ・シラカワ
かつて会う機会はなかったがDCの同士だった。春秋戦争時には仲間になるよう誘われるが、その誘いを蹴ってバゴニアに居ついた。

地球連邦軍[編集]

アルバーダ・バイラリン
ラ・ギアスで出会った連邦軍人。彼にラ・ギアスにおけるシュウの素性を語った。

ディバイン・クルセイダーズ[編集]

リョウト・ヒカワ
OGシリーズで持った部下の一人。軟弱そうな外見の彼を疎み、使い捨てにしようとした。リョウトはその後、運よくハガネで匿われパイロット兼メカニックとして頭角を顕すことになる。
テンザン・ナカジマ
OGシリーズで持った部下の一人。戦争をゲームと考える点でよく似ているが、死と隣り合わせのスリルを味わうトーマスは、ただ戦闘を楽しめればいいというテンザンを内心小馬鹿にしていた。テンザンとは馬は合っていたものの、その隣で客観的に物事を見ていた。

バゴニア連邦共和国[編集]

ゼツ・ラアス・ブラギオ
ラ・ギアスで知遇を得た上司。よほど馬が合ったのか、最期まで付き合うことに。

神聖ラングラン王国[編集]

ファング・ザン・ビシアス
一時バゴニアに与したファングがあっさりと前言を翻してラングランに復帰した際、傭兵としての立場から彼を激しく批判している。

名台詞[編集]

「マイネームイズトーマス・プラット。ナイスミーチュー」
彼がラ・ギアスで行うようになった自己紹介。ラ・ギアスで一体何があったのだろうか。

戦闘台詞[編集]

「地上じゃ色々不思議だったが、こっちに来てようやくわかったぜ。ここなら、条件は五分五分だ!」
戦闘でマサキと対峙したときの台詞。だが、最新設定でアゲイド・ギンシャス・リブナニッカのアップデート機(ラングランのBクラス並み)を以てしても、性能面ではAクラス魔装機サイバスターに劣ることが判明。契約精霊の加護でもマサキと互角とは到底いえず、意気込みに反して条件は五分五分ではない。
「ピンチの時こそ冷静に、だ。ダートマスとの試合を思い出せ!」
戦闘で追い詰められたときの言葉。ダートマスはアメリカ合衆国で10指に入る名門大学のひとつ。
ハーバードやコロンビアといった錚々たる名門校と連盟(アイビー・リーグ)を組んでいる。いずれの競技の試合かは不明だが、団体競技の可能性が高い。現況、命を賭けた状況にしか価値を見出せなくなってしまった彼だが、はたしてどのような学生時代を過ごしたのだろうか。
「契約が残ってるのに裏切るとはな! 傭兵の風上にも置けねぇぜ!」
「同じ傭兵として言わせてもらうぜ! てめぇは最低のクズだ!」
戦闘でファングと対峙したときの台詞。大儀やイデオロギーのない彼にも己に課す誓約があったことがよくわかる。
ジュネーブの決戦であっさりと撤退を決めた描写と矛盾しているようにもみえるが、あの時点で契約が残っていなかったのかもしれない。

魔装機神 THE LORD OF ELEMENTAL[編集]

トーマス「HAHAHA!楽しいぜ!ジノ、てめえを殺れるようになるとは思わなかったからな!」
ジノ「貴様……なんのためにバゴニアにいる!?」
トーマス「決まってるだろうが。戦争ができるからよ!!」
E第二章「志士、意気に通ず」より。
「バカ言え、戦争ってのはゲームなんだよ。チップは、自分の命だ。これ以上スリリングなゲームがあるかい」
同じく第二章「バゴニアの思惑」より。
「くそっ!!やっぱりあんなじいさんに付き合ったのが運のつきだったぜ!!」
「ち、またやられちまったい!!気分悪いぜっ!!」
「ちいっ!!何でこう、カッコよく決まらねえかね!」
「ちっ、ここまでか……いや、俺は死なねえ……いつかまた、てめえらと……」
最期の台詞だが、なんと4通りの台詞がある(上から「ガッツォーの脅威」「ファング絶叫」「復讐は誰のために」「ガッツォー再び」)。死んだように思える台詞が一つもないが、続編で登場しなかった辺り、死亡した可能性が高い。

OGシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATION[編集]

(ふん、ゼンガー・ゾンボルトか。何を考えているかは知らんが…どう考えても負け戦、ご苦労なことだな)
(総戦力投入か。…これはいよいよもって最後だな。グッドラック、DC。俺はゲームから降りさせてもらうぜ)
OG1「ゲイム・システム」にて。LOEではゼツが狂乱しようとも最期まで付き合ったのだが、DCは早々に見限った。テンザンが「楽しめればいい」と言ってゲイム・システムに取り込まれて散った(さらにその後も散々いいように使われた)のを考えれば、テンザンよりは周囲を見る目があったのだろう。

スーパーロボット大戦OG ダークプリズン[編集]

「各機、聞け。いつまでも傭兵で燻るか、このチャンスを物にしてのし上がるか……二つに一つだ」
「いつの日か地上へ帰還し、ビアン総帥やバン大佐の理想を実現するためにも、あの背教者どもを倒せ。いいな?」
(グッド。もっとも、俺は地上に戻るつもりなんかねえし、DCの再興なんぞに興味はねえ)
(ついでにお前らがどうなろうが、知ったこっちゃねえのさ)
率いていたノイエDCにかけた言葉と本心。リョウトを利用していたころからちっとも変っていないようである。
(グランゾンの脅威からバゴニアを守るため、命を賭して戦った……それだけでも名が上がるこのビジネス……どっちに転んでも損にはならねえのさ)
シュウとの戦闘前会話で。グランゾンの脅威すら利用するあたり抜け目ない彼らしい考え方。

搭乗機体[編集]

ガーリオン・カスタム
黄色い専用機に搭乗。
リブナニッカ+ギンシャスギンシャス+アゲイド+
バゴニアの傭兵時代に搭乗。