キナハ・ソコンコ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
キナハ・ソコンコ
登場作品

バンプレストオリジナル

声優 増谷康紀
初登場SRW スーパーロボット大戦OG ダークプリズン
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 異星人
性別
所属 ゴライクンル
テンプレートを表示

キナハ・ソコンコは「OGシリーズ」の登場人物。

概要[編集]

ゾヴォークの戦争商人ゴライクンルの傭兵でクェパロク・ナーモの腹心の部下。効率や損得を重視しており、時間やコストの浪費を嫌う性格。

登場作品と役柄[編集]

OGシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦OG ダークプリズン
第22話でライグ=ゲイオスに乗って初登場。その後はオーグバリューに乗ってくる。最終的にはプレイヤーの行動次第で2通りの末路をたどることとなる(一つは倒される、もう一つは先に上司が戦死した事であえなく投降する、というもの)。
スーパーロボット大戦OG ムーン・デュエラーズ
引き続き登場。戦死の末路は避けられたようであるが、残り物という感じでこき使われている上、『OGDP』での敗北が半ばトラウマになっているようで、「グランゾンシュウがいなければ何とかなる」と無駄に意気込んでいるシーンもあり、ちょっぴり哀愁が漂っている。結局は終盤で戦死することになるのだが、シュウでとどめを刺すと撃破後の会話内容が変化する。

パイロットステータス設定の傾向[編集]

精神コマンド[編集]

DP
必中集中ひらめき鉄壁加速かく乱(ツイン)

特殊技能(特殊スキル)[編集]

DP
指揮官L2、底力L6、援護攻撃L2、見切り気力+ (ダメージ)

固有エースボーナス[編集]

自軍フェイズ開始時に精神コマンド「強襲」がかかる
OGDP版。基本的にはEX-H限定。直撃の効果で、ネオ・グランゾンが痛撃を受ける場合があるのに注意。
気力140以上の場合、自軍フェイズ開始時に精神コマンド「強襲」がかかる
OGMD版。こちらもEX-H限定。気力制限が付いたので幾分かは弱体化した。
この時のオーグバリューはハイパージャマーを持っているため、脱力が二重に有効になっているので優先使用をお勧め。

パイロットBGM[編集]

「ジェノサイドマシーン」

人間関係[編集]

クェパロク・ナーモ
上司。
シュウ・シラカワ
OGDPで敵対し、辛うじて生き延びるもののそれ以降彼の存在とグランゾンがトラウマになっている。
…ある意味(自軍部隊を除いて)ネオ・グランゾンに正面から喧嘩売ってなお生き延びていたのは凄い気もしなくはないが。しかし、二度目の生還は叶わなかった。
ゴモウドッカ・ゴライクンル
OGMDでの上司。彼を「御曹司」と呼んでいる。終身刑になる所を救ってもらった手前、彼には頭が上がらない。
イラドーヤ・クジューア
OGMDでの同僚。共同で任務にあたることが多いが、彼女の方が立場は上。『OGMD』では早々に仕出かした失態により、後々までいびられてしまう羽目に。

名台詞[編集]

スーパーロボット大戦OG ダークプリズン[編集]

「ま、万一に備えて、保険を掛けてあるのですよ!」
「キャノン、パージ! オーバー・ブースト!!」
第26話「漁夫は利を得るか」にて撤退時の台詞。この台詞からオーグバリューのツインドライバーキャノンはパージできる事が判明した。
「こっ、こんな損失ぅぅぅ!!」
最終話「知られざる決戦」での撃墜時の台詞。…どことなく(第2次OGにおける)あの人を思い起こしてしまう。
「こ、こんな損失! と、取り返しが!!取り返しがつかなぁぁぁぁぁい!!」
クェパロクよりも先に撃墜した時のセリフ。搭乗機の撃墜という大きな損失を気にするあまり、小物感と情けなさ全開の叫びをあげながら散っていった。何よりも取り返しがつかない「命」を損失してしまった事にも気づかずに…。ただしこちらの結末は正史とはならず、3将軍の手で本国に強制送還されたのが正史となり、OGMDにも登場することとなった。

スーパーロボット大戦OG ムーン・デュエラーズ[編集]

「このような偶然……何という不運……! 出だしからこれでは、私の立場がありませんよ」
宇宙ルート第8話「転移航路」にて、運悪く転移航路で鋼龍戦隊と鉢合わせして。『OGMD』における受難の始まりである。
(まだ責められなければならないのですか……)
第13話「鋼龍戦隊、西へ」シナリオデモにて、ゴモウドッカイラドーヤに当てこすりを言われて内心のボヤキ。どうやら上記の失態以来度々いびられ続けていた様子。
尤も、ゴライクンルとガディソードの関係がバレそうになり、その尻拭いに二人が奔走する羽目になったので無理もないのだが。
(……まだ言いますか)
第22話「パフォーマーズ」シナリオデモにて、またもイラドーヤに嫌味を言われて。心底ウンザリしているのが分かる。
「こ、このようなことが……さ、最悪……最悪の事態ですよ……!」
第37話「静死からの帰還」において、グランゾンを見てしまった際の台詞。ちなみにシュウは横顔で応対した。どうなるのかもうわかっているにも関わらず戦おうとしてくる彼の無謀さには同情を禁じ得ない。『OGDP』をプレイしたユーザーが見れば一種の自殺志願に見えるだろう。
キナハ「グ、グランゾン! まだいたのですか!」
シュウ「懲りませんね、彼も」
キナハ(む、無理をしてあの男を倒す必要はないのです。そう、時間さえ稼げれば……!)
第41話「血の旋風」にてガディソードの支援に現れた際、鋼龍戦隊と行動を共にしているグランゾンを目撃して。これまたシュウが横顔で反応している。時間稼ぎであろうと、シュウのいる部隊と戦うことの無謀さは骨身にしみている筈なのだが……。というか、そんなに怖いならさっさと帰ればいいのではないだろうか。
「こ、こんな結末ぅぅぅぅ!!」
同じく第41話での撃墜時の台詞。『OGDP』からさり気なく変更されている。生存ルートが正史となって生き延びたキナハであったが、結局終着点は破滅であった。OGDPでの撃墜時の台詞と違い、本当に最期なためか声が裏返ってしまっている。
「さ、最後の最後で、あの男と!!わ、私は、どこまで運がぁぁぁぁぁっ!!」
同じく第41話でシュウに引導を渡された際の断末魔。せっかく『OGDP』で拾った命をみすみす捨てることとなったキナハ。運が無いというより、残った運の使いどころを完全に誤ってしまったといえる最期であった。まさしく犬死にである。
「ぜ、前回も生き延びたのです! わ、私の運はまだ尽きていませんよ!今回も…… !?だ、脱出装置が!?そ、そんなっ……!!」
こちらはヨンで撃墜した際の断末魔。
「シュ、シュウ・シラカワと戦って生き延びたこの私が! こんな所でぇぇぇ!!」
シュウ、ヨン以外で撃墜した場合の断末魔。シュウが手を下さずとも、鋼龍戦隊を敵に回した時点で彼の末路は決まっていたと言える。なお、ゴモウドッカは機体の爆発に巻き込まれながらも生存していたが、この必死ぶりからして、彼もそうであるかは怪しいところ。

搭乗機体[編集]

ライグ=ゲイオス
オーグバリュー