ファイクス・ブラックウッド

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ファイクス・ブラックウッド
外国語表記 Fikes Blackwood
登場作品

バンプレストオリジナル

初登場SRW スーパーロボット大戦30
SRWでの分類 NPC
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人
性別
年齢 58歳
所属 地球連邦軍
役職 ドライストレーガー開発計画総責任者
軍階級 准将
テンプレートを表示

ファイクス・ブラックウッドは『スーパーロボット大戦30』の登場人物。

概要 [編集 | ソースを編集]

地球連邦軍准将。万能戦闘母艦ドライストレーガー開発計画の総責任者で、ミツバ・グレイヴァレーを始めとする第30士官学校の生徒達を戦時任官でドライストレーガーのクルーに命じた張本人。顔に大きな傷があり、厳格な雰囲気を漂わせている。

連邦軍内の要所に自身の息がかかった人間を配置しており、密かに独自の勢力を持っている。これによりドライストレーガー開発計画を進行していたが、時には強引な手段を用いる事もあるため、軍内部にも敵が多い。その一方で配下の人間からは強く信頼されている人物でもあり、彼のために生命を投げ打つ事すら厭わない者達もいると言われている。

『30』作中では何者かと密かに会話する等、怪しい動きが随所で見られ、更に主人とも関わりがある様だが……。

真実 [編集 | ソースを編集]

実は本編開始の8年前、神文明エーオスの生き残りであるオルキダケアと接触しており、彼女が別次元の宇宙から齎した艦=ドライストレーガーの素体の回収作戦の指揮を執っていた。だが、オルキダケアの目的はエーオスを滅ぼしたクエスターズへの復讐であり、彼女と最初に接触したファイクスは服従遺伝子と支配の波動によって、復讐の手駒へと変えられてしまう(この際、ファイクスと同じく回収作戦に配属されていた部下も多数いたが、彼らは支配の波動に耐えられず、精神に異常をきたして全員死亡している)。

オルキダケアの駒と化したファイクスだったが、ファイクス以外の人間が支配の波動で死亡した事もあってか、オルキダケアはファイクスの身の安全の為、敢えて彼への波動を弱める。しかし、これによりファイクスは自らの肉体に痛みを与えるという原始的な方法により、3年の時をかけてオルキダケアの支配下から自力で解放される事に成功。

以降、表向きはオルキダケアに仕えるフリをしながら反撃の機会を狙っており、その為の準備を少しずつ進行していた。

登場作品と役柄[編集 | ソースを編集]

単独作品[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦30
序盤から登場。物語の要所で怪しい動きを見せるが、裏切ることなく、最後までドライクロイツの味方を貫き通す。

人間関係[編集 | ソースを編集]

ミツバ・グレイヴァレー
ドライストレーガーに本来乗艦する筈だったクルーが戦死したという虚偽の情報を伝え、戦時任官で彼女をドライストレーガーの艦長に任命する。
レイノルド・ハーディン
オルキダケアの支配の波動に極めて強い抵抗力を持つ彼をドライストレーガーに乗艦させ、クルーの精神状態を確認・報告するよう密命を下していた。
エッジ・セインクラウスアズ・セインクラウス
オルキダケアの対抗手段として自身が設立したA機関の出身者。A機関での過酷な経験もあってか、彼らからは快く思われていない。
オルキダケア
8年前にドライストレーガーの素体となる艦を回収した際に彼女の支配の波動を受け、その手駒にされた。しかし、3年の時をかけて彼女の支配を自力で抜け出し、彼女の命に従うフリをしながら反抗の機を狙っていた。