レイノルド・ハーディン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
レイノルド・ハーディン
外国語表記 Reynold Hardin
登場作品

バンプレストオリジナル

声優 赤羽根健治
デザイン 曽我部修司
ののかなこ
初登場SRW スーパーロボット大戦30
SRWでの分類 サブパイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人
性別
年齢 27歳
所属 第30士官学校→ドライストレーガー
役職 第30士官学校・教官→ドライストレーガー副長
軍階級 特務大尉
テンプレートを表示

レイノルド・ハーディンは『スーパーロボット大戦30』の登場人物。

概要[編集 | ソースを編集]

第30士官学校の教官を務める、眼鏡をかけた青年。とある事件において、万能戦闘母艦ドライストレーガーの副長に就任し、特務大尉に任命される。

士官学校では戦術理論の教官を担当しており、ドライストレーガーの艦長であるミツバ・グレイヴァレーは教え子の一人。その論理的な思考は高く評価され、豊富な知識と人当たりの良さで優秀な教官ではあったが、突発的な事態に弱く、判断が遅いという欠点を持つ。そのため肝心の実戦に赴いた事もなく、後方勤務が命じられていた。

一方でサブリーダーには最適な人物であり、戦時任官のミツバを支えるために奮闘している。また、ミツバに対しては密かに異性として好意を抱いており、その事を指摘されると慌てふためく様子が見られる。

登場作品と役柄[編集 | ソースを編集]

単独作品[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦30
地上ルート・宇宙ルート共に1話からドライストレーガーのサブパイロットとなる。
中盤に気合激励を習得する気力担当。基本的に強制出撃となる戦艦クルーである彼の激励は出撃枠の圧縮に有効。
さらにAOSアップデートが資金運用研究・人材運用研究の8段階まで進行すると、任意のタイミングでミツバの気力を150にすることにより、自軍全員に祝福応援を与える最重要稼ぎ要員と化す。

パイロットステータス[編集 | ソースを編集]

精神コマンド[編集 | ソースを編集]

30
集中分析信頼気合激励補給

人間関係[編集 | ソースを編集]

エッジ・セインクラウス
エッジ主人公時は、彼がミツバを呼び捨てにしたり、親しげにしている様子を見て妬いている。アズ主人公時は、ある理由で彼から警戒されることになる。
アズ・セインクラウス
アズ主人公時は、「可憐だ…」と呟きながらアズに見惚れる場面が度々あり、ミツバとは別に気に入っている様子。そのため一部のキャラからあらぬ疑いを持たれることに。
ミツバ・グレイヴァレー
士官学校での教え子で、ドライストレーガー乗艦後は上司と部下の関係。彼女に密かに好意を持っている。
メイヴィー・ホーキンス
ミツバに好意を抱いている点で、よく彼女からからかわれる。

名(迷)台詞[編集 | ソースを編集]

「み、民間人が乗っているぅ!?」
「旅立ちの日」より。民間人である主人公がヒュッケバイン30に乗っていることに驚いて。尤も、民間人が成り行きで軍の機体に乗るという展開はスパロボではよくあることである。
「ま、まるで子供の頃に観た特撮番組のヒーローだ…!」
「覚・醒」より。グリッドマンを見た際の反応。

搭乗機体[編集 | ソースを編集]

ドライストレーガー
地球連邦軍が秘密裏に開発していた万能戦闘母艦の1番艦。同艦の副長を務める。