炎天家冷奴

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
炎天家冷奴
読み えんてんか ひややっこ
登場作品

マジンガーシリーズ

初登場SRW スーパーロボット大戦T
SRWでの分類 NPC
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人(日本人)
性別
テンプレートを表示

炎天家冷奴は『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』の登場キャラクター。

概要[編集 | ソースを編集]

原作者である永井豪氏が、自身をモデルとしたキャラクター。『ハレンチ学園』などの作品に登場し、和服に羽織で扇子を持った落語家スタイルをしている。

『INFINITY』ではオープニングにおいて登場。自動運転車に乗る甲児らの横を、『思い出のK君』仕様のマジンガーZに乗って追い越していく。

登場作品と役柄[編集 | ソースを編集]

VXT三部作[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦T
初登場作品。『X』における農家のお父さんに続く、参戦作品原作者(をモデルにしたキャラ)の登場となる。やはりキャラ事典には登録されない隠しキャラで、「冷奴先生」表記。
第36話地球ルート「光の子の力」において、初期配置のマジンガーZをすぐ北(旧光子力研究所敷地の角)で待機させると登場。強化パーツ「ダイナミックアーマー」と「光子力3Dプリンター」を渡してくれる。

単独作品[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦30
本作のタイトルロゴの「30」の部分を永井豪氏がデザインしたため、まさかのタイトルロゴ最後の「0」が炎天家冷奴の顔になっている(永井氏の自画像)。

人間関係[編集 | ソースを編集]

兜甲児
『T』では彼に強化パーツを渡し、剣鉄也救出を応援した。

スパロボシリーズの名台詞[編集 | ソースを編集]

「あら~!見つかってしまったでがすね~!」
「どうしてって…あっしだって、たまにはこういう所に出たいでがすよ!」
「せっかくだから、甲児君…。出会った記念に、これをあげるでがす」
「それじゃ頑張って、鉄也君を救い出すでがすよ!」
T』での台詞。原作ではオープニングで登場しただけだったため、台詞は完全にスパロボオリジナルである。
甲児の反応的に顔見知りのようだが、「あっしだって、たまにはこういう所に出たい」という一念で戦闘真っ最中の旧光子力研究所敷地に居るとは流石と言うほかない。