ガンダムヘビーアームズカスタム

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガンダムヘビーアームズ改
外国語表記 Gundam Heavyarms Custom
別表記 ガンダムヘビーアームズカスタム
ガンダムヘビーアームズ改 (EW版)
登場作品

ガンダムシリーズ

デザイン カトキハジメ
石垣純哉
初登場SRW スーパーロボット大戦64
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 特殊作戦用モビルスーツ
生産形態 改修機
型式番号 XXXG-01H2
頭頂高 16.7 m
重量 8.2 t
ジェネレーター出力 3,190 kW
スラスター総推力 73,750 kg
装甲材質 ガンダニュウム合金
改修 ハワード
パイロット トロワ・バートン
テンプレートを表示

ガンダムヘビーアームズカスタムは『新機動戦記ガンダムW Endless Waltz』の登場メカ

概要[編集]

Endless Waltz版のガンダムヘビーアームズ改。ただし、型式番号の末尾がTV版の「HC」から「H2」に変更されている。

他の4機同様、デザインは機体の特徴をより強調する方向に変更されている。この機体の場合は暗青緑色を基調としたものに変更されたカラーリングと相まって、軍事兵器というイメージが濃厚になっており、アーミーナイフがオミットされていたり(ただし小説版では本機がアーミーナイフを使用している場面がある)、主武装のシールドつき2連装ビーム・ガトリングガンが、シールドのない実弾式のダブルガトリングガンに変更されており、更にそれを2丁装備している。またトロワ・バートンの意向により、顔の左半分をピエロのマスクで覆っている。

またリデザインに際して「5機は兄弟機」という設定をより反映する方向性で行われたため、TV版よりも細身になってはいるが、それでも見るからに重MSという印象。しかしトロワの操縦技術によるものなのか、重火力MSでは不可能そうなアクロバティックな動きも可能。フル武装で大気圏に突入しても火器は爆発せず、その火器も弾や爆発類は取り除かれている。

『敗者たちの栄光』では他のガンダムには追加武装が施されたが、本機は元々が重武装だったためか唯一追加武装が設定されていない。

登場作品と操縦者[編集]

5機のガンダムの中ではHPが高めで、一撃の威力が高めな事が特徴である。初参戦のCOMPACTではダブルガトリングガンが射程の長いP属性武器であったが、以降のシリーズでは非P属性、もしくは射程がビームライフルと同程度になる調整がなされている。現在は長射程で足を止めての撃ち合いが基本の戦闘スタイル。

近年の傾向として、搭乗者のトロワの精神コマンドはスーパー系寄りであるため、回避するよりも鉄壁必中をかけて敵陣で”攻撃を受けて反撃”という他の射撃重視リアル系とは一風違った闘い方を得意とする。また、援護攻撃にも長けている。

武装は全てが実弾射撃兵器。メイン兵装のダブルガトリングガンは旧シリーズでは切り払いの対象にならず、ビームコート等にも軽減されないと言う強みがあった。近年ではガンダムSEED系のPS装甲やオリジナル系の各種バリアなど、実弾もカバーする防御系特殊能力が増えているので対策が必要。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
トロワが記憶喪失から復活した際にドクターJら5人から貰い、出撃する。設定上は10年前に作り上げ何処かに保管していたという。弾数が低めで弾切れには注意。主兵装のダブルガトリングガンが弾数がたったの4発だったり、ガンダムヘビーアームズ改まで唯一のP属性、有射程だったマシンキャノンが射程:1になってしまったりと、本作のW系ガンダムの中では最も扱いづらい機体。
スーパーロボット大戦α for Dreamcast
α外伝に近い武器性能となりPS版でネックだった弾数が増えておりアッパー修正が加えられている。また、ガトリングガンがP属性で有射程となり一部の武器性能が向上している。
スーパーロボット大戦α外伝
フルオープンアタックが3発になり、高火力の援護攻撃が得意。フル改造すると、なんとツインバスターライフルの攻撃力を追い抜き、W系ガンダム中では最大の攻撃力となる。他のダブルガトリングガンなども総じて弾数が増え、P属性1-4の武器も得たため、αより使いやすい。ただ運動性移動力が低く飛行ができないため、扱いやすさではトーラスという壁がある。そちらにはない高火力と、気力不要の割には性能の高いマップ兵器マイクロミサイルを軸に扱っていきたい。
第2次スーパーロボット大戦α
射程の長さ、小隊攻撃の攻撃力、強力な全体攻撃と優秀な機体。有効な全体攻撃を持たないスーパーロボットの小隊員のみならず、小隊長としても使っていける。ただし、今回は強化パーツスロットが2に減っており、移動後の最大射程:1という欠点を持つ。また、トロワの防御系精神が鉄壁しかないため、HPや装甲の強化は必須。
第3次スーパーロボット大戦α
「ガンダムヘビーアームズ改」名義で参戦。前作で欠点だった移動後の最大射程が伸び、強化パーツスロット数が従来の3に増え、さらにフルオープン・アタックの弾数が5に増え射程も2-9となりより死角がなくなった。しかし、ビーム兵器を持たない故、本作に登場するガンダムSEED系のPS装甲との相性は悪い。

Zシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇
中盤で参戦。ダブルガトリングガンは優秀なアシスト武器であるためどちらかと言うとサブ向きだが、援護攻撃も全体攻撃もこなせる。メインで使うならヒット&アウェイの取得は必須。
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
序盤の蒼の地球ルートで参入し、中盤の宇宙ルートで性能がアップする。基本的な運用は時獄篇と同様。相変わらずダブルガトリングガンは優秀なアシスト武器であり、ALL攻撃とMAP兵器も持つ為、序盤から中盤まではメイン・サブとして使っていける。中盤以降は自軍のインフレが激しく、最大火力の低さもありメインとしての活躍は厳しくなってくるので、サブとして使用するなら武器の改造はしっかりと行っておきたい。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦COMPACT
初登場作品。もっと武装は豊富な筈だが、4つしか実装されていない。顔の半面にはちゃんとピエロの仮面が取り付けられている。運動性もパイロットの回避も高めではあるのだが、NT勢に比べると劣る。シールドやバリアといった特殊能力もないため防御面は心許ない。しかし武器が強力で当時は有射程P属性武器は少なかった事からP属性で射程2-5のダブルガトリングガンは重宝する。W系MSの中では最も使いやすい機体である。パイロットは射撃技量が高いゼクスが最適。
スーパーロボット大戦COMPACT for WSC
COMPACTとほぼ同性能。弾数多いので援護攻撃を任せられる。
スーパーロボット大戦COMPACT3
COMPACTと同様の武器性能で、P属性で射程2-5のダブルガトリングガンが使いやすい。しかし、本作は射撃武器が通じにくい相手が多いため、相手を選んで使用した方がいいだろう。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦A
乗り換え不可でトロワ専用機。威力は低いがホーミングミサイルが命中率+50%と当てやすい。主力は弾数20のダブルガトリングガン。移動後にはガトリングガン、マップ兵器のマイクロミサイル、必殺のフルオープンアタックと一通り揃っており、トロワが突撃を持っている為、待ちはもちろん攻めにも使える。難点は参戦時期が中盤以降である事と、改造の限界が低い事(2周目以降は気にならないが)、そして主力のダブルガトリングガンの射程が5とやや短い事であろうか。
スーパーロボット大戦A PORTABLE
「ガンダムヘビーアームズ改」名義で参戦。GBA版から大きな変化はないが、トロワが援護攻撃L4、必中SP10のため援護の鬼として役立つ。強化パーツは大型マガジン推奨。
スーパーロボット大戦R
乗り換え不可。トロワ専用機。Aとの大きな違いは、フルオープン・アタックの弾数が3に増えている事、ダブルガトリングガンの射程が6になった事。Aでは異常に高い命中率を誇ったホーミングミサイルはダブルガトリングガンよりも命中率が低くなり、最大射程も同じとなるなどほぼ死に武装と化した。
今回もトロワの援護攻撃がL2まで成長するので、援護攻撃では相変わらず活躍出来る。
スーパーロボット大戦W
「ガンダムヘビーアームズ改」名義で参戦。乗り換え不可。トロワ専用機。性能の底上げがされ、武器の弾数も不安がなくなったが、強化パーツのスロットは3から2に。今回初めて特殊能力を持つ事となった(撃ち落とし)。武器性能が変わっており、ダブルガトリングガンがCOMPACT以来のP属性となり、フルオープン・アタックの弾数が8となった。
機体性能は悪くはないが、パイロットのトロワが「性格:冷静」(=被弾で気力低下)なのに回避系の精神コマンドが無いのが問題。
スーパーロボット大戦L
今作ではトロワが連合軍に潜入している関係上、前半は敵として戦う事が何度かある。DESTINYの連合軍には名有りのパイロットが少ないために割を食っている印象がある。終盤ウィングゼロとともに参入。性能面では、フルオープンアタックの射程が中距離までとなり、今まで長所だった長射程はなくなったが、マップ兵器は着弾指定型3マスと強力で、雑魚殲滅戦では屈指の強さを発揮する。

Scramble Commanderシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Scramble Commander the 2nd

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦X
マナの国ルート第16話より加入。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦64
ヘビーアームズ改の機体をフル改造するとこれに変化。切り払いシールド防御は出来なくなるが特に問題にはならず、攻撃力と機体能力が上昇する。ウイングゼロに次いでカスタム化の優先度は高いといえる。また、メイン兵装のダブルガトリングガンはB兵器でもなく切り払いもされないのが強み。
スーパーロボット大戦X-Ω
2018年9月のイベント「あなたのために」にて実装。SSRシューター。
2019年11月のイベント「革命の選択肢」にて大器型SSRブラスターが追加。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

武装[編集]

バルカン
頭部左右に2門内蔵された近距離戦用の機関砲。
マシンキャノン
胸部の上部両肩側に計2門内蔵された機関砲。
近年のシリーズではあまり見かけられない。
胸部ガトリング砲
胸部装甲下に4門内蔵された機関砲。
スパロボでは「ガトリングガン」で表記される事が多い。64では「大型ガトリングガン」と表記された。大抵のシリーズで、移動後の武装として重宝する。
マイクロミサイル
両肩部と腰部に内蔵。両肩部は装甲が3つに展開しそこに搭載されており、基部には8発、展開した2つの装甲には7発ずつ搭載。腰部には前面装甲と側面装甲に4発ずつ搭載。
SRWではMAP兵器全体攻撃として実装されている。
ホーミングミサイル
9連装のミサイルポッドを両脚部に各2基、計4基装備。
射程の長い武器として実装されている。
ダブルガトリングガン
実弾式の手持ち式2連装ガトリングガン[1]。2丁装備しており、バックパックにマウント可能。
射程が長く、弾数の多い主力兵器。COMPACTシリーズではP属性武器であった。近年のシリーズでも再び移動後使用可能になりつつある。

その他装備[編集]

アーミーナイフ
先述の通りEW版ではデザイン上オミットされており、当然スパロボでも未実装。小説版では使用している描写があるが、どこに装備しているかは不明。

必殺技[編集]

フルオープン・アタック / 全弾発射 / 総攻撃 / 一斉射撃
ヘビーアームズの全武装を一斉射撃。必殺技だが、弾数はシリーズによってまちまちで1発の時から6発の時まである。単独制の作品では長射程高威力で援護向きだが、小隊制作品では全体攻撃。
『64』では「全弾発射」表記、『第3次Z』『X』では「総攻撃」表記。演出では機体を空中宙返りしてから発射するという劇中と同じモーションで使用するが、『第3次Z』ではカットされてしまった。『X』ではピエロのマスクを着用してから攻撃を開始する。空中宙返りも復活したが、宙返り中にやたらやたら等身が伸びる(リアルカットインというほどではない)。
一斉射撃(零距離)
X-Ω』での必殺スキル。

特殊能力[編集]

銃装備
撃ち落としを発動する。

移動タイプ[編集]

移動タイプと適応との間に齟齬があるタイプの典型例であり、他のW系のガンダムタイプとは異なって水適応はほぼ全面的にB止まりなのが通例。
裏を返せば、A-アダプター等による補完が最も有効に働くパターンでもある。

サイズ[編集]

M

カスタムボーナス[編集]

全武器弾数1.5倍
A PORTABLEでのボーナス。
運動性+15、すべての武器の弾数が1.5倍になる
第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇でのボーナス。
運動性+15、全ての武器の弾数が+2される
Xでのボーナス。

機体ボーナス[編集]

L
初期: 射撃武器+100、照準値 +5
5段階: 射撃武器+200、照準値+15、射程+1
10段階: 射撃武器+300、照準値+25、射程+2

機体BGM[編集]

「WHITE REFLECTION」
「LAST IMPRESSION」

関連機体[編集]

ウイングガンダムゼロ(EW)
全ての「ガンダム」の母体となった機体。
ガンダムヘビーアームズ(EW)
本機の改修前。未参戦。
ガンダムデリンジャーアームズ
漫画『新機動戦記ガンダムW~ティエルの衝動~』(未参戦)。外見はV字のブレードアンテナを廃止したガンダムヘビーアームズ(EW版)である。ヘビーアームズ改(EW版)と同様のダブルガトリングガンを1基装備する。

脚注[編集]

  1. 当時から現在までこのダブルガトリングの実弾/ビーム設定は錯綜しており、作中映像の薬莢表現から、TV本編とは違い実弾であるという解釈が主流であった。しかし近年、漫画「敗者たちの栄光」の展開に合わせ画稿のみであった「ガンダムヘビーアームズ(EW)」がプラモデル化される際ガトリングがビームであると設定され、そのついでに「MGガンダムヘビーアームズ改(EW)」のガトリングもビームであるとプラモデル内の記述で再設定された。この再設定されたダブルガトリングは「敗者たちの栄光」内の設定では実弾ともビームとも記述されず、最終決戦でガトリングを破棄する事で『「敗者たちの栄光」ではビーム、「エンドレスワルツ」ではサーペントと同型の実弾」とも解釈出来る演出がされており、設定上の矛盾を解消している。

商品情報[編集]

資料リンク[編集]