ゲシュペンストMk-II・タイプR

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ゲシュペンストMk-II・タイプR
外国語表記 Gespenst Mk-II Type R
登場作品

バンプレストオリジナル

SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 パーソナルトルーパー
ゲシュペンストシリーズ
機種 ゲシュペンストMk-II
生産形態 試作機
型式番号 PTX-007-01
全長 21.2 m
重量 72.4 t
動力 プラズマ・ジェネレーター
基本OS TC-OS
開発
主なパイロット 第4次・スパロボFの主人公と副主人公
テンプレートを表示

ゲシュペンストMk-II・タイプRは『バンプレストオリジナル』の登場メカ

概要[編集]

第4次スーパーロボット大戦』で初登場したゲシュペンストの後継試作機。リアル系の性能を持つ。

『F』リアル系主人公では、ヒュッケバイン開発の実験用に主人公の父親が開発した試作機(第4次リアル系ゲシュペンストの設定ポジション)で、主人公の父親と古い知り合いであるギリアムが個人的に譲り受けた。

OGシリーズ』では、3機ロールアウトしたゲシュペンストMk-IIの内の1機。ロールアウト後に機動性・運動性を上げるための改修作業が行われ、スラッシュリッパーなどの新しい武装を施された。

エルザム・V・ブランシュタインがパイロットとなって試験運用していたが、その際にエアロゲイターことゼ・バルマリィ帝国の偵察機メギロートと遭遇し、初の対異星人戦闘を行った機体となった。また、その戦闘において武器なしでメギロート5機を撃墜したためこの機体の優秀性も証明した。

DC戦争及びL5戦役ではギリアム・イェーガー機として活躍した(OG2でリュウセイ編が元にされているため、ゲシュペンスト・タイプRは未使用と仮定)。インスペクター事件ではゲシュペンスト・タイプRVに乗り換えたギリアムからヴィレッタ・バディムに譲られる。

登場作品と操縦者[編集]

旧シリーズ[編集]

第4次スーパーロボット大戦
ギリアム・イェーガーの乗機として初登場。NPCであり自軍には参入しない。武装から判断するに、この機体はリアル系である模様。
第4次スーパーロボット大戦S
マップ「空飛ぶマジンガーZ」においてのみ、プレイヤーが操作できる。それ以外の扱いは、第4次と同じ。
スーパーロボット大戦F
本格参戦はせず、ラストにギリアムが搭乗してスポット参戦する。なお敵機も強くなって来ている時に無改造で登場するため、第4次程の強さは感じられない。ゲシュペンスト・タイプR同様ビームコート装備。
スーパーロボット大戦F完結編
本作からようやく主人公機となる。高威力で射程の長い武器が多く移動力も8と高い。ただし、HPが5200とリアル系にしてはかなり高いのでMSABと並べていると狙われない。F91νガンダムに比較すると見劣りするが、Ζガンダムビギナ・ギナよりはEN切れの心配ない点などにおいて本機の方が上の性能。

OGシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATION
ギリアム・イェーガーがMk-II・Rを使用する。
概要の通り、第一話でエルザムが本機でメギロートと戦うのだが、射程1の格闘しかない状態で最大射程5のメギロート5機を「4ターン以内に撃破」するのが熟練度の取得条件となっており、これがなかなか厄介。以下の手順により確実な熟練度取得が可能。
【1ターン目】最初のターンで一番先頭の敵に「加速」を使って接近して攻撃、敵フェイズでの反撃で撃破。
【2ターン目】奥側で1マス挟んで並んでいる2機の敵の間に入り、片方を攻撃、両者に敵フェイズで反撃して片方を撃破。
【3ターン目】手前側で間を空けて並んでいる2機の内片方を攻撃、この時、2ターン目で生き残った敵が攻撃してくる時に反撃出来るよう、5マス距離を取っておく。敵フェイズの反撃で2機撃墜。
【4ターン目】残った最後の1機に攻撃し、敵フェイズの反撃で撃破。
スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATION2
序盤、ヴィレッタ・バディムがデフォルト機としてMk-II・Rを使用。
スーパーロボット大戦OG ORIGINAL GENERATIONS
ほぼOG2と同じ。
スーパーロボット大戦OG外伝
条件なく第25話後で入手。

装備・機能[編集]

シリーズごとに使用可能な武器がしばしば変更されており、全て合わせると膨大な数になる。OGシリーズでは換装武器扱いの武装も多い。

武装・必殺武器旧シリーズ[編集]

スプリットミサイル
背部のウェポンラックに装備されたクラスターミサイル。
ネオ・プラズマカッター
左腕サーベルホルダーに装備、計3本。
スラッシュリッパー
3基の斬刃で相手を切り裂く。現行のスパロボでは移動後攻撃可能な武器。
4次は射程2-8。スパロボFでは射程1-7。
メガビームライフル
第4次およびFリアル系の基本武装。ビーム兵器属性あり。

武装・必殺武器OGシリーズ[編集]

固定武器[編集]

格闘
本体による直接攻撃。OG1で採用。
スプリットミサイル(固有武装)
背中にオプション装備されるコンテナミサイル。OG2では、タイプRとSのスプリットミサイルは固有武装となっており、換装武器版より高性能。

換装武器[編集]

スプリットミサイル(換装武器)
背中にオプション装備されるコンテナミサイル。OGシリーズでは、この武器が換装武器扱いになるのはGBA版OG1のみ。
プラズマカッター
基本装備として携帯されるプラズマソード。OGシリーズでは換装武器だが、作品ごとに換装対象となるカッターが異なる。
メガ・プラズマカッター
基本装備として携帯されるプラズマソード。OG1ではメガ・プラズマカッターを標準装備。
ネオ・プラズマカッター
基本装備として携帯されるプラズマソード。OG2以後はネオ・プラズマカッターを標準装備。
メガ・ビームライフル
携行式のビーム兵器。
スラッシュ・リッパー
背中にオプション装備される三つ刃のカッター。
チャクラム・シューター
GBA版OG2でタイプRが初期装備。本来はヒュッケバインMk-IIの武装。OGsではチャクラム・シューターがヒュッケバインMk-IIの固有武器化したため、装備していない。
ツイン・マグナライフル
OG2でタイプRが初期装備。本来はR-GUNR-GUNパワード)の武装。
グラビトン・ランチャー
OG2で特定条件を満たすとタイプRに初期装備される、射撃系最強の換装武器。OGs以後は全体攻撃

特殊能力[編集]

剣装備
切り払いを発動する。
ビームコート
射撃系ビーム属性攻撃のダメージを軽減。

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

M

カスタムボーナス[編集]

運動性+15%、最大HP+20%

関連機体[編集]

ゲシュペンスト・タイプR
先代機。
ゲシュペンストMk-II・タイプS
兄弟機。
量産型ゲシュペンストMk-II
量産機であり基本性能はロールアウト直後のタイプRと同等。左腕にはプラズマカッターの代わりに格闘戦用プラズマステークを装備。

商品情報[編集]