キュベレイパピヨン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
キュベレイパピヨン
外国語表記 Qubeley Papillon
登場作品

ガンダムシリーズ

初登場SRW スーパーロボット大戦X-Ω
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 ガンプラ
型式番号 NMX-004
全長 18.9 m(設定全長)
重量 40.1 t(設定重量)
開発 ネメシス
主なパイロット アイラ・ユルキアイネン
テンプレートを表示

キュベレイパピヨンは『ガンダムビルドファイターズ』の登場メカ

概要[編集]

フィンランドのガンプラチーム「ネメシス」がアイラ・ユルキアイネン専用機としてキュベレイを改造して制作したガンプラ。

頭部と両肩のバインダーが大幅に変更されている以外は殆ど違いはないが、エンボディシステムと呼ばれるプラフスキー粒子の動きを視覚化するシステムを搭載し、戦いを有利に進めていた。

このエンボディシステムとクリアファンネルが猛威を振るい、多数のファイターを沈めていった。

レイジとの対戦で不安定になったアイラをシステムの出力を上げて暴走させ、無理矢理戦わせたが、アイラは迷いを振り切って正々堂々と対決し、ビルドナックルで破壊された。

登場作品と操縦者[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
初登場作品。2018年7月のイベント「銀河を創る想像力!」より実装。大器型SSRディフェンダー。
2019年9月のイベント「瑠璃の花は永遠の…」にて大器型SSRシューターが追加。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

ビームサーベル
前腕部に格納された格闘戦用兵装。
ビーム・ガン
ビームサーベルを格納したままの状態では、袖口から発射するビームガンとして機能する。
『X-Ω』ではシューター版の通常攻撃に使用。
ファンネル / クリアファンネル
機体の後部スカートに10基(あるいはそれ以上)格納されている、本機のメインウェポン。
原型機と同じファンネルの他、クリア素材で作られた無色透明のクリアファンネルを交えることで相手の死角から攻撃する戦法を得意とする。
『X-Ω』では「クリアファンネル」がディフェンダー版の必殺スキルに採用。シューター版では「クリアファンネル(コンボ)」として必殺スキルに採用。
ランスビット
ビットとして機能する実体槍型武器。ライフルも内蔵している。
『X-Ω』ではディフェンダー版の通常攻撃に使用。

対決・名場面[編集]

VSスタービルドストライクガンダム

商品情報[編集]

資料リンク[編集]