ボリノーク・サマーン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ボリノーク・サマーン
外国語表記 Bolinoak-Sammahn
登場作品

ガンダムシリーズ

デザイン 岡本英郎
初登場SRW スーパーロボット大戦Z
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 偵察用モビルスーツ
生産形態 試作機
型式番号 PMX-002
頭頂高 19.9 m
本体重量 31.6 t
全備重量 56.2 t
動力 核融合炉
ジェネレーター出力 1,720 Kw
スラスター推力

20,040 kg×3(背部)

総推力
60,120 kg
アポジモーター 18
装甲材質 ガンダリウム合金
センサー有効半径 11,040 m
開発者 パプテマス・シロッコ
所属 ティターンズ
主なパイロット サラ・ザビアロフ
テンプレートを表示

ボリノーク・サマーンは『機動戦士Ζガンダム』の登場メカ

概要[編集]

ジュピトリスパプテマス・シロッコが設計・開発した偵察用モビルスーツ

索敵能力に優れるという設定だが、本編では何の説明もないままフェードアウト。一応、格闘戦用の武器を装備しており、戦闘能力も低くはない。

サラ・ザビアロフが搭乗し、ジ・Oパラス・アテネと共に運用されたが、カツ・コバヤシの乗るGディフェンサーの攻撃からシロッコを庇って撃墜された。

登場作品と操縦者[編集]

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
敵として登場し、サラが乗る。条件を満たせばサラと共に自軍に参加する。修理装置とジャミング機能を持つ為、小隊員に最適。ゴッドシグマと同じ小隊に編成すれば、ゴッドシグマは修理装置による回復効果を得られ、本機に搭乗したパイロットは壇闘志也小隊長能力によりブロッキングの発動率が上がる為、お互いの生存確率が大幅に上がる。残る1機もシールドを装備したMSを入れると、闘志也の小隊長能力でブロッキングの発動率が上がり、本機のジャミング機能により回避率が上がる為、回避・防御の両面で安定する。

関連作品[編集]

バトルコマンダー 八武衆、修羅の兵法
機動族の新兵の1人として登場。名称表記は「ボリノークサマーン」で、中点が無い。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

グレネードランチャー
両肩に3門ずつ内蔵。
シールド
右腕に装備。様々な武装を内臓したウェポンラックとして機能しているが、破壊されると戦闘能力が激減してしまう
作中では出撃するたびに破壊されてしまっていた。装備の下に普通の手が確認できるので必要なときは外すことができる。
クロー
シールドに装備されている。敵機を挟んで捕らえる事が可能。
Z』ではビームトマホークの攻撃後に追撃として挟み込む。
ビームトマホーク
シールド内に格納されている。
ビーム砲
ビームトマホークをシールドに格納した状態で使用する。
Z』ではトライチャージ版と通常版がある。

特殊能力[編集]

剣装備、盾装備
切り払いシールド防御を発動。
ジャミング機能
作中特に説明もなかったが、頭頂部のレドームが複雑に点滅するシーンがたびたびある。
修理装置
HP回復と同じ効果も持つ。

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

M

関連機体[編集]

メッサーラ
同じくパプテマス・シロッコが開発した機体。
パラス・アテネジ・O
同じくパプテマス・シロッコが開発した機体。ボリノーク・サマーンを合わせて3機での運用が想定された。

余談[編集]

  • 名前の元ネタは「森の熊さん」。『森の熊さん』→『モリノクマサン』→『モリノーク・マサーン』→『モリノーク・サマーン』→『ボリノーク・サマーン』……という訳である。理由はずんぐりした外見が熊のようであることに加え、パイロットが女性であることによる。
    • SDガンダム外伝』ではこれに由来してか、「ボリノークベアー」なる熊のモンスターとして登場するに至っている。
  • 特徴的な体型ゆえか実質個人の専用機でありながらも立体造形物が極端に少ない。現在までで一般販売されたものは食玩以外では皆無であり、数少ない立体物もガレージキットやWeb通販限定のアクションフィギュア等一般人には手に入りにくい手段でばかり立体化されている。

資料リンク[編集]