アレハンドロ・コーナー

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
アレハンドロ・コーナー
外国語表記 Alejandro Corner
登場作品

ガンダムシリーズ

声優 松本保典
種族 地球人ヨーロッパ系)
性別
誕生日 5月11日
年齢 36歳
身長 188 cm
体重 69 kg
髪色
血液型 A型
所属 国際連合
ソレスタルビーイング
役職 国連大使
ソレスタルビーイング監視者
デザイン 千葉道徳
テンプレートを表示

概要[編集]

ユニオンに所属する国際連合の大使で、コーナー家の現当主。しかし、それは表向きの顔でありソレスタルビーイングの監視者としての顔も持つ。

人物[編集]

大使としては世界三大国家陣営(ユニオンAEU人類革新連盟)に多大な影響力を持つ。監視者としては、複数の監視者や創設者の一族を一挙に束ねる存在であった。だが、アレハンドロ自身の本来の目的は「ソレスタルビーイングおよび世界三大国家陣営の戦力を手に入れる」事であった。

かつてはユニオンでも名の知れた腕利きのパイロットで、刹那・F・セイエイに「ガンダムマイスターの資格が無い」と呟いたのも自分の操縦技術に自信が有ったからに他ならない。しかし、そんな彼でもガンダムマイスターにはなれなかった(本人がそれを望んだかというと疑問だが)。詳しくは公式外伝『機動戦士ガンダム00N』を参照。

大望を抱き、相応の実力もあったのだが相手が悪く、作劇的には「中ボス」「小物」といったポジションになってしまった。このため悪役なのだが、視聴者からの(ネタ的な)人気は非常に高く、出番は少なくとも印象的なキャラクターである。

来歴[編集]

アレハンドロの出身であるコーナー家は兼ねてより創設者イオリア・シュヘンベルグの計画には賛成であったが、その人格は否定しており、その力を手に入れるべく200年も前から活動していた。

木星のプラントで擬似太陽炉(GNドライヴ[Τ])の技術を入手、ソレスタルビーイングのガンダムの技術と人工生命体の生成技術をも手に入れ、それらをもってチームトリニティを密かに創設。更には監視者の一人であるリニアトレイン事業の総帥ラグナ・ハーヴェイを唆して、ガンダムスローネシリーズを開発する。

トリニティの過剰な武力介入で世界三大国家陣営にソレスタルビーイングに対する危機感と敵愾心を植え付けた上で、GN-Xと擬似太陽炉を譲渡し、協力者であったラグナ・ハーヴェイ以下の監視者全てを出し抜いた上で抹殺。最終段階としてリボンズ・アルマークと共にソレスタルビーイングの活動の根幹となる量子コンピュータ「ヴェーダ」を掌握した。

これらの行動で全てを手に入れたかに見えたが、イオリアの隠し玉「トランザムシステム」や、国連軍のGN-X部隊の苦戦など予想しなかった展開となる。そのため、自ら秘匿していた機動兵器アルヴァトーレアルヴァアロン)で戦場に直接的介入するも、最期は刹那・F・セイエイガンダムエクシアとの戦闘に敗れ去った。死の間際にリボンズから自分の計画を利用されていることを告げられると同時に、その器量すらないことを嘲笑された。

その後[編集]

アレハンドロ・コーナー没後の西暦2314年。『劇場版 機動戦士ガンダム00』冒頭の劇中劇である映画『ソレスタルビーイング』において、アレハンドロは悪役として登場する。 しかも、何故か(彼自身の没後に成立した)独立治安維持部隊アロウズの黒幕という扱いである。

映画におけるアレハンドロは金色のたてがみのMSに搭乗してカタロンを蹂躙し、その際に大声を上げて笑うなどスーパー系にありがちな悪役として活躍(?)している。最終的には、ソレスタルビーイングのガンダムマイスターであるマイケル・チャン(外見が刹那に似ている)に討たれた。

ちなみに映画の悪役アレハンドロ役は、本人と瓜二つの役者が演じており、声も本人同様に松本保典氏が担当している。

登場作品と役柄[編集]

Zシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦Z破界篇
初登場作品。国連大使としてトレーズシュナイゼルと共に序盤から会話シーンには出番は有るが、パイロットとして登場するのは最終盤に1シナリオのみ。原作通りアルヴァトーレに搭乗して敵として登場し、アルヴァトーレ撃破後はアルヴァアロン刹那の駆るガンダムエクシアとの一騎討ちとなる。
今作では原作以上に「道化」の役割を強調されており、自分の器量の限界をまるで自覚していない言動や後先を考えない行動故に、周囲からは冷めた目で見られている(アレハンドロ本人は周囲のそんな自分の評価にすら気付いていなかった)。特に、トレーズやシュナイゼルとの討議のシーンでは「アレハンドロが迂闊な発言をして、それをトレーズやシュナイゼルが窘める」というパターンが多く、小物感がなおさら強調されている。さらにリボンズの掌で踊されるだけでなく、排除しようとしていたトレーズやエルガン等の計略に逆に嵌められる形で討たれる事になる。印象としてはロード・ジブリールに近い。
しかし、戦闘面では謎の優遇を受けており、汎用カットイン1種類+専用カットイン(GNファング、GNビーム砲)3種類の計4種類とカットインの数が非常に多く、戦闘演出も妙に気合が入っている。また、アルヴァトーレおよびアルヴァアロン撃墜時には金塊50000を落としてくれる。アレハンドロが金色好きだからだろうか。
なお、本作中では語られないが、最期のリボンズとの会話は刹那に聞かれており、続編第2次Z再世篇』にて「ソレスタルビーイング裏切り者はアレハンドロを倒したからいないはず」という話題になった際には、刹那が「アレハンドロは最期に誰かと会話していた」と言及している。
第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇
厳密には本人ではないが、映画『ソレスタルビーイング』を鑑賞するイベントにて映画内のアレハンドロが登場。
原作通りの扱いとはいえ、よくよく考えるとルルーシュユーサーガイオウも差し置いて再世戦争大ボス扱いになってしまっている

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦V
『00』が劇場版の時系列であるため、名前のみの登場。
スーパーロボット大戦Card Chronicle
ブルーコスモスの盟主であるアズラエルのデータを提供する他、邪魔になるアークエンジェル隊を排除しようと暗躍を繰り広げる。
ガンダムマイスターの機体の制御を掌握して後一歩まで追い詰めたものの、そこで解放されたトランザムシステムで形勢逆転されて討たれるという咬ませ犬ぶりを見せつけるハメになってしまった。
「天空の守護者」では、映画撮影としてアレハンドロ(を演じている役者)がカイルスと対峙するというシーンがある。

パイロットステータス設定の傾向[編集]

搭乗機のアルヴァトーレおよびアルヴァアロンの性能はかなりのもので、特殊能力GNフィールドも厄介だが、肝心のアレハンドロの能力値が控えめであまり活かせていない。内部データに設定されたエースボーナスが発動していればもう少し強くなっただろう。

能力値[編集]

射撃防御命中がやや高い。他は低め。

精神コマンド[編集]

第2次Z破界篇
偵察 てかげん 鉄壁 突撃 直撃 かく乱
監視者であるためか「偵察」持ち。後はアルヴァトーレ向けのコマンドが揃っているが命中強化がない。

特殊技能(特殊スキル)[編集]

第2次Z破界篇
EセーブBセーブ戦意高揚気力+ (命中)ガードブロッキング
命中関連がないのに「気力+ (命中)」。注意すべきはガードくらい。ブロッキングはアルヴァトーレでは発動できず、アルヴァアロンでは刹那の前に瞬殺される運命にある。

固有エースボーナス[編集]

被ダメージ0.8倍
『第2次Z破界篇』でのボーナス。アレハンドロがガードを所持しているので、このボーナスとの併用でGNフィールドがより強固なバリアとなる…筈だったが、『第2次Z』では未修得状態で1度も習得しない。

人間関係[編集]

リボンズ・アルマーク
従者。自分に尽くしてくれるリボンズのことは本心から信頼しており、彼にヴェーダをリンクさせて情報操作を行っていた。しかし、リボンズに利用されていたことを最後の最後で告げられてしまう。
ただし、リボンズ自身もアレハンドロに対して何らかの好意を抱いていたようで、後に「アレハンドロは残念だったが、計画のためやむを得なかった」と告げている。
なお、リボンズはアレハンドロのことを「器量が小さい」と評しているのだが、2ndシーズンでのリボンズ自身の言動を顧みるに、アレハンドロのことは言えないものである。
ラグナ・ハーヴェイ
リニアトレイン公社の総裁であるが、同じ監視者のメンバー。彼の財力で擬似太陽炉(GNドライヴ[Τ])やGN-Xを建造したが、GN-Xの配備が終了時点で用済みとしてサーシェスに抹殺命令を下した。
チームトリニティ
彼らを監視者の一人であるクレーエ・リヒカイト(SRW未登場)に創造させた。そして、チームトリニティにガンダムを与え、世界各国に過剰な武力介入をさせている。
しかし、チームトリニティはアレハンドロの野心の道具でしかなく、最後は用済みとしてサーシェスに抹殺命令を下した。
アリー・アル・サーシェス
傭兵。サーシェスとは連絡を通じており、用済みとなったチームトリニティの始末チームトリニティのガンダムを与える等、彼のスポンサーとなっていた。
イオリア・シュヘンベルグ
ソレスタルビーイングの創設者。密かに野心を抱くアレハンドロは、イオリアや彼の遺志を継いで行動するプトレマイオスチームを憎悪していた。
そして、ヴェーダ掌握後にコールドスリープしていたイオリアを銃殺するが、彼は不測の事態も予想済みであり、トランザムの解放等かえってプトレマイオスチームに利する結果となってしまった。ある意味、イオリアはアレハンドロにとって「最大の敵」であったと言えなくもない。
刹那・F・セイエイ
かねてよりガンダムマイスターに相応しくないと思い見下していたが、皮肉にも直接対決で敗れる事になる。
スメラギ・李・ノリエガ
擬似太陽炉の存在からヴェーダへのハッキングを推理し、事前にガンダムへの独自のバックアップシステムをオペレーターに構築させていたことを評価した。
なお、劇中では彼女とは対面することは無かったが、『第2次Z破界篇』では彼女およびプトレマイオスクルーとの直接対決が実現する。
マリナ・イスマイール
アザディスタンを支援し、国連での発言力を強めていった。

他作品との人間関係[編集]

ガンダムシリーズ[編集]

トレーズ・クシュリナーダ
彼やシュナイゼルと共に世界の統治を討議していたが、自身の野望を見透かされるなど彼らとの力量の違いを露呈する結果に。
ドーリアン外務次官
『第2次Z破界篇』序盤で時空転移してきたフロンティア船団へ彼と共に赴き、同船団を国連が一国家として認定した旨を報告する。
ムルタ・アズラエル
CC』では、彼に核兵器のデータを渡す。

リアル系[編集]

シュナイゼル・エル・ブリタニア
彼やトレーズと共に世界の統治を討議していた。中盤ではリモネシアの侵攻によって、一つの国家が消滅した事を「仕方の無い事」と評した為、彼から発言の迂闊さを窘められる一幕も。
レオン・三島
第2次Z破界篇』序盤の会談で、彼にバジュラについての詳細を訊ねる。
グレイス・オコナー
『第2次Z破界篇』ではリボンズを介して彼女に裏から協力を受けていた。
ゼロ
『第2次Z破界篇』ではガンダムキャラとクロウ以外では唯一アレハンドロとの戦闘前会話がある。

バンプレストオリジナル[編集]

エルガン・ローディック
国連での上司だが、その存在を疎ましく思っており、後々にはトレーズやシュナイゼル共々彼を排除せんと考えていた。
クロウ・ブルースト
彼から見ればとある人物がバカにされたように見えたため、「アルヴァトーレの装甲をはぎ取って借金返済の資金にしてやる」と激怒される羽目に。
さらに、イマージュが人類を見限った理由の具体例として自身を挙げられてしまう(自業自得ではあるが)。
カルロス・アクシオン・Jr.
アレハンドロの死後、彼から「このままじゃアレハンドロ・コーナーのような輩が出てくるだけだよ」と発言されるように、軽蔑の対象とされている。

名台詞[編集]

TV版[編集]

「リボンズ、始まったよ。人類の変革がね」
1st第1話での記念すべき第一声。ソレスタルビーイングによる全世界への武力介入開始後の感想を従者リボンズに対して意味あり気に語る。
「私は『監視者』であって実行者ではない。私に出来るのは、彼らを見つめ続ける事。たとえ、それが滅びの道だとしても…」
1st第10話にて。付き人のフリをしていた頃のリボンズに「良いのですか? このままにしておいて」と聞かれたときの台詞。
この頃のアレハンドロは、監視者としての役割を果たそうとしていたようである。もっとも、公式外伝『機動戦士ガンダム00P』で描写されているところだと、口だけだったようだが。
「力任せだ。ガンダムの性能に頼り過ぎている。パイロットは、刹那・F・セイエイだったか…」
1st第12話より。刹那の戦い方を評価して。アレハンドロのこの発言は一理有るが、後に刹那と直接対決した際には、MSの操縦技術が格段に向上した彼に追い詰められてしまうことになる。
なお、上記の台詞はランバ・ラルアムロ・レイに対して放った名台詞「(お前が私に勝てたのは)そのモビルスーツの性能のおかげだということを忘れるな!」を踏まえたものであろうか。ついでに、従者リボンズに向かって言った台詞なので、彼の声優の正体を考慮すると、ニヤリとさせられるかもしれない。
「リボンズ…君はまさしく、私のエンジェルだ」
1st第20話より。量子型演算処理システム・ヴェーダを掌握した際の台詞。この頃は得意の絶頂だったが…。
「主役はこの私、アレハンドロ・コーナーだ!」
1st第22話より。この台詞に限らず、やたらと自分を「主役」と主張したがる。アレハンドロは高笑いしながら、コールドスリープ中のイオリアを射殺する。しかし…。
「イオリア・シュヘンベルグは、私の計画変更すら予測していたというのか?」
を気取る不遜な理想主義者に、これ以上踊らされてたまるものか!」
1st第23話より。イオリアを射殺したことがアダとなリ、GNドライヴに秘匿されていた機能トランザムを解放させてしまったことにあ然として。
なお、二行目の台詞はある意味正論であるが、世界をこの手に収めようと企むアレハンドロが言っても説得力が無い。
「フハハハハハハハハハッ! 忌々しいイオリア・シュヘンベルグの亡霊共め…!」
「この私、アレハンドロ・コーナーが貴様らを新世界への手向けにしてやろう!」
1st第24話より。乗機のMAアルヴァトーレを直接攻撃してきた刹那およびラッセに対して。「世界を影で操ってきた黒幕登場」といった趣きの台詞である。
ちなみに、一行目の台詞(高笑いを除く)は、スパロボシリーズにて対ソレスタルビーイングメンバーへの特殊戦闘台詞として使用されている。
「ソレスタルビーイングの武力介入により世界は滅び、統一という再生が始まった」
「 そして私はその世界を、私色に染め上げる!」
1st第25話より。MAアルヴァトーレを破壊された後、MSアルヴァアロンを駆ってエクシアを攻撃する。
なお、アレハンドロの所持する拳銃やパイロットスーツ、MAとMSが金色であることから、視聴者に「アレハンドロは、世界を金色で染め上げるつもりなのか?」とネタにされることも。
「正しく導くと言った!」
「だが、その新しい世界に君の居場所は無い!」
「塵芥と成り果てろ、エクシア!」
「世界を支配しようというのか!?」と問いかける刹那に対する返答。
なお、三行目の台詞はスパロボシリーズにおいて、MAアルヴァトーレの装備である大型ビーム砲使用時の台詞としてアレンジされて使用されている。
「リボンズゥゥゥゥッ!!」
最期の台詞。自分がリボンズに利用されていた事を最後の最後でようやく知って呪詛の叫びを上げた。
ちなみに、リボンズが映っていたモニターを殴った瞬間にアルヴァアロンが爆発したため、視聴者からはネタにされる事に。

小説版[編集]

イノベイターである彼を見つけ出し、保護したのは私だ。
彼の能力に気づき、ヴェーダを掌握させたのも私。
彼の細胞を調べ、トリニティたちを作らせたのも私。
(中略)
全て、全てっ!
それが。違うというのか!?
私は私の計画を自ら選んでいたのではなく、リボンズに選ばされていたというのか!?
小説版におけるリボンズに裏切られた直後の独白。ちなみに、中略した部分ではメメントモリの建造計画に着手していた事も語られている。

劇場版[編集]

「フッハッハッハッハッハッ! 反政府勢力カタロンなど、我々の敵ではない!」
「そうとも。世界はアロウズによって統治され、初めて恒久和平を得ることができるのだ!」
「ソレスタルビーイング。紛争根絶を掲げる私設武装組織か。しかし! 貴様らの出番は無い! 世界は我々アロウズによって統一された!」
…以上が劇場版における映画『ソレスタルビーイング』に登場する悪役としてのアレハンドロの台詞である。TV版のアレハンドロ・コーナー本人と比較してテンションが高い。
なお、このように戯画化された悪役としてアレハンドロが再登場したことに関しては、視聴者に衝(笑)撃を与えた。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

戦闘台詞[編集]

「黄金は永遠の色…! それは私だけに許される!」
百式スモーとの特殊戦闘台詞
「き、貴様は世界を敵にして、まだ戦うというのか!」
刹那に撃墜された際の特殊戦闘台詞

シナリオ[編集]

「確かに次元獣は強力だが、数的な限界がある以上、最終的には量の戦力の前に屈するさ」
第45話「リトル・クィーン」にて。しかし、その気になればガイオウ次元獣を際限なく増やすことができる上に、彼一人の力でも国連軍を潰す事は容易であり、この見解は完全な誤りであった。
ZEXISにもそのような機体があるはずだが?」
クロウとの戦闘前会話でアルヴァアロンに難色を示す様子を見せたクロウに対しての一言。言うまでもなく、百式やスモーの事を言っているが、クロウからは「比較するな」と一蹴される。
ちなみに、その機体のパイロットとの戦闘前会話は、残念ながら設定されていない(乗り換えにより、それらの機体に乗っていない可能性もあるため)。

搭乗機体・関連機体[編集]

アルヴァトーレ
自身専用の大型モビルアーマー。
アルヴァアロン
アルヴァトーレに搭載されているモビルスーツで、こちらが本体。
メメントモリ
独立治安維持部隊アロウズが保有する衛星兵器。小説版では最期の瞬間にメメントモリ建造に着手した事を口に出しており、何気に2ndシーズン本編への伏線となった。

余談[編集]

  • アレハンドロ・コーナーの専用機のアルヴァトーレだけでなくパイロットスーツや拳銃も金色であるため、視聴者から「金色好き」とネタにされている。
    • アルヴァトーレの金色はアレハンドロ本人の趣味とは別に、「対ビームコーティングが施されている」とされているが、真相は不明。仮に対ビームコーティングが施されていても機体が目立つ為、その後のモビルスーツでは採用されなかった。
    • 実はアレハンドロを演じる声優の松本保典氏は、かつて「SDガンダム外伝」で黄金神「スペリオルドラゴン」を演じている。その為、金色好きはある意味声優ネタである。
  • キャラクターデザインの千葉道徳氏は、アレハンドロを「織田信長のような傑物になるのでは、と思ってデザインした」とコメントしている。ちなみに、彼の従者のリボンズは信長の小姓・森蘭丸とのことである。 ……結果は御覧の通りであるが(ただし、己の野望実現を目前にして部下に裏切られて最期を遂げたという意味では、織田信長と似てなくもない)。

資料リンク[編集]