ラグナ・ハーヴェイ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
ラグナ・ハーヴェイ
外国語表記 Laguna Harvey
登場作品

ガンダムシリーズ

声優 ふくまつ進紗
種族 地球人
性別
役職 リニアトレイン公社総裁
テンプレートを表示

概要[編集]

リニアトレイン公社の総裁。JNNなどの大手企業の株主でもある。その裏ではソレスタルビーイングの「監視者」としての顔を持つ。

アレハンドロ・コーナーに唆されて、ソレスタルビーイングの全権掌握の計画に協力し、自身の財力を利用してガンダムの研究及び、ガンダムスローネシリーズを開発。更にはその発展型であるGN-Xの開発や運用試験、そして提供を実施する事で、国連軍の結成に一役買うが、結局はアレハンドロに利用されていただけであった。

最後は、用済みと見なしたアレハンドロの命を受けたアリー・アル・サーシェスにより、射殺される結末となった。

登場作品と役柄[編集]

Zシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦Z破界篇
ほぼ原作通りだが、ソルブレイン社を買収してR-ダイガンを配下に収めているため、原作よりも目立ったかもしれない。

人間関係[編集]

アレハンドロ・コーナー
同じ監視者の一員。
アリー・アル・サーシェス
ネーナ・トリニティ
配下。彼女の軽率な発言のせいで絹江にCBとの関わりを疑われる事になった。
絹江・クロスロード
彼女にCBとの関係を疑われ、突撃取材を受けそうになった(門前払いにしているので対面していない)。

他作品との人間関係[編集]

ウラジミール
俗物とみなされ、人類の未来を任せるわけにはいかないと軽蔑されている。