リモネシア共和国

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search

リモネシア共和国(Republic of Rimoneshia)とは、Zシリーズに登場する南太平洋の島国で、初出は『第2次スーパーロボット大戦Z破界篇』。

概要[編集]

ADWにおいて、元々リゾート地として有名であること以外にはやや貧しいだけの普通の小国だったが、ある時「DEC」という希少鉱石が発見されたことにより、世界的に大きな発言権を得ることとなる。しかし、リモネシア共和国外務大臣であるシオニー・レジス個人の野心によって「プロジェクト・ウズメ」が強行され、その結果、次元力暴走が原因で国(正確に言うと、都市部)が消滅する「カラミティ・バース」を引き起こしてしまった。

もっとも、リモネシア共和国の都市部こそ跡形も無く吹き飛んだものの沿岸部は無傷だったようであり、『第2次Z再世篇』では昔ながらの長閑な島国として復興がある程度進んでいることが明らかとなった。

第3次Z時獄篇』では、エタニティ・フラットの影響を色濃く受け、更には1万2000年前に築かれたと思われる遺跡が発見される等した。なお、この遺跡に関しては後にトライア博士の手で「リモネシア・レポート」として解読され、1億2000万年に一度の宇宙の大崩壊のメカニズムについて記されたものだと判明した。

関連用語[編集]

DEC
この国で産出される希少鉱石。『マクロスF』に登場するフォールドクォーツとほぼ同等のものらしい。
聖インサラウム王国の王都、マヤン島惑星エス・テランのサクリファイの庭
それぞれの並行世界の同座標にある。