デナン・ゲー

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
デナン・ゲー
外国語表記 Den'an Gei
登場作品

ガンダムシリーズ

初登場SRW スーパーロボット大戦COMPACT2第2部
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 モビルスーツ
生産形態 量産機
型式番号 XM-02
頭頂高 13.9 m
重量 19.2 t
動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 4,020 kW
スラスター推力

17,790 kg×2
11,030 kg×2
8,700 kg×2
1,340 kg×4

総推力
60,400 kg
アポジモーター 76
装甲材質 チタン合金ハイセラミック複合材
開発 ブッホ・エアロダイナミックス社
所属 クロスボーン・バンガード
主なパイロット クロスボーン兵
テンプレートを表示

デナン・ゲーは『機動戦士ガンダムF91』の登場メカ

概要[編集]

クロスボーン・バンガード量産型モビルスーツ

デナン・ゾンをベースにした強化型。武装はショット・ランサーを廃止し、スタンダードな武装に変更され、一撃離脱戦を主眼においている。基本性能もデナン・ゾンより上で、操作性も良好。訓練用にも使用されている。

ベラ・ロナが訓練用として初めて乗った機体も本機であり、ベルガ・ギロスを損傷させてしまったザビーネ・シャルの代替機として使用された。

劇中ではクロスボーン・バンガードの主力機の一つとして運用され、地球連邦軍モビルスーツ部隊を圧倒していた。特にジェガンの頭部をサッカーボールキックで破壊していたシーンは印象的。

登場作品と操縦者[編集]

デナン・ゾン同様に登場作品は多くない。ショットランサーを装備していないため、デナン・ゾンよりやや印象が薄い。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦COMPACT2第2部
シーン3より登場。攻撃力と射程はデナン・ゾンに劣るものの、他の能力は高くなっている。
スーパーロボット大戦COMPACT2第3部
能力は第2部と変わらず。ただし相対時期の関係で、あまり苦戦はしないと思われる。
スーパーロボット大戦IMPACT
一般機と黒の部隊用が登場。射程は短いがビームシールドの使用回数が多めで、雑魚にしてはしぶとい相手。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

3連装グレネードラック
左肩に装備。
ビームガン
左腕のビームシールド基部に1門内蔵。
ビームシールド
左腕に発生器を固定装備。
ビームサーベル
ビームライフル
本機の携行兵装。

特殊能力[編集]

剣装備、盾装備
切り払いシールド防御を発動。

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

M

対決・名場面[編集]

ジェガン
劇中序盤の戦闘で、ジェガンの頭部を蹴り飛ばしていた。

関連機体[編集]

デナン・ゾン
開発のベースとなった機体。

商品情報[編集]

資料リンク[編集]