イセリナ・エッシェンバッハ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
イセリナ・エッシェンバッハ
外国語表記 Icelina Eschonbach
登場作品

ガンダムシリーズ

声優 潘恵子(TV版)
上田みゆき(劇場版)
名越志保(特別版)
初登場SRW スーパーロボット大戦GC
SRWでの分類 NPC
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人
性別
出身 アメリカ・ニューヤーク市
テンプレートを表示

イセリナ・エッシェンバッハは『機動戦士ガンダム』の登場人物。

概要[編集]

ジオン軍の占領下にあったアメリカ大陸のニューヤーク市・前市長エッシェンバッハの娘。ガルマ・ザビとは相思相愛の仲であったが、父親からは結婚を反対されていた。

ガルマがホワイトベース隊と戦って戦死したため、その部下であったダロタと共にガルマを慕っていた兵士らを率いて無断出撃、自身もガウに同乗してガルマの敵討ちに参加する。ガルマ戦の傷が癒え切らぬホワイトベース隊を士気の高さと戦力差で一時苦戦させるも敗北、一矢報いるべくガンダム特攻し擱座させるがダロタを失い、本人も深手を負う。最期にガウの上からアムロに銃を向けるも、そのまま事切れ転落、遺体はアムロたちによって埋葬された。死の直前にアムロに「仇」と言い放ったことで、彼に衝撃を与えた。

ちなみに劇場版では特攻エピソードがカットされているため、彼女の死は描かれていない。

登場作品と役柄[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦GCXO
初登場作品。原作でのパーティーのやりとりが再現された。クロスオーバーとして、ドレス姿のアイナ・サハリンとの会話もあり。

人間関係[編集]

ガルマ・ザビ
恋人。
エッシェンバッハ
父親。ニューヤーク前市長にして、財界の名家エッシェンバッハ家の当主。「THE ORIGIN」版ではヨーゼフというファーストネームがある。
ジオン軍の侵攻に際して行われた絨毯爆撃によってニューヤークが廃墟と化してしまったため、大のジオン嫌い。財界からの要請によって渋々占領統治に協力してはいたものの、当然ながら娘とガルマの婚約には猛反対だった。密かに反ジオンゲリラを支援しており、パーティの際の襲撃は彼が手引きしたもの。後にこれが露見して反逆罪で拘束されそうになり、抵抗したためジオン兵に射殺される。

名台詞[編集]

「ガルマ様の仇!」
アムロに向けての言葉。

余談[編集]

  • 漫画『THE ORIGIN』では父親の名前がヨーゼフ・エッシェンバッハという名前で登場しているが、イセリナ自身のその後は不明。

資料リンク[編集]