超銀河グレンラガン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
超銀河グレンラガン
外国語表記 Super Galaxy Gurren Lagann
登場作品
デザイン 吉成曜
初登場SRW 第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇
SRWでの分類 機体
母艦
テンプレートを表示
スペック
分類 ガンメン
全高 衛星サイズ
動力 超銀河大グレン内超絶螺旋エンジン
エネルギー 螺旋力
次形態 天元突破グレンラガン
所属 グレン団
主なパイロット シモン
ヴィラル
テンプレートを表示

超銀河グレンラガンは『天元突破グレンラガン』の登場メカ

概要[編集]

原作第4部、および劇場版『螺巌篇』に登場するグレンラガンの究極形態。超銀河ダイグレンアークグレンラガンを格納、合体、変形することによってその姿を現す。

衛星サイズという凄まじい大きさを誇るが、これでも原作のスケールからすれば中堅

変形するためにアークグレンラガンを通じて莫大な量の螺旋力が必要となるため、変形完了まで20分ほどかかるという弱点がある(ただしこれはデススパイラルマシーンが干渉している状態での発言であるため通常状態では同様なのか不明)。劇中では反螺旋族軍の猛攻を受けて苦戦を強いられたが、螺旋力を得たブータの協力とキタンの特攻によるデススパイラルマシーン破壊により、再変換されたエネルギーを吸収して顕現した。

小惑星が激突しても揺るがないほどの螺旋障壁と、惑星規模の敵を片手で粉砕するパワーが武器。何より凄まじいのは、グレンラガンの頃から存在した「螺旋界認識転移システム」により、時間軸を飛び越えた攻撃が可能であること。

ちなみに、ラガンのガンメン乗っ取り能力による合体形態はこれが最後で、天元突破及び超天元突破は、超銀河をベースに大グレン団の意志が認識宇宙で実体化した存在である。

『螺巌篇』ではアークグレンラガンの出番が増えた分、出番が少なくなっている。

構成機体[編集]

アークグレンラガン
動力となる「超銀河大グレン内超絶螺旋エンジン」。
超銀河ダイグレン

登場作品と操縦者[編集]

Zシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇
第2次Z再世篇』のアークとは違い単独ユニットとして、終盤の第58話でようやく使用可能になる。但し最終話のみ天元突破グレンラガンに変化する。登場時にはガドライト、第59話ではアシュタンガ級、エピローグでは尸空、とタフな敵がいるため活躍の場は多い。
超銀河ダイグレンとグレンラガンの合体形態として扱われる。ちなみに戦艦扱いで搭載も可能。使用できるのは実質3話しかない(第58話、第59話、エピローグ。最終話では天元突破に入れ替わる)が、原作通り圧倒的な性能を持ち、サイズ差補正と合わせて火力が非常に高い。強化パーツはグレンラガンと超銀河ダイグレンに装備した物が適応されるが、両方パーツを1つしかつけられないのが悩みどころか。ちなみにフル改造ボーナスはグレンラガン、超銀河ダイグレン、超銀河グレンラガンのそれぞれに適応させる事が出来るため、グレンラガン、超銀河ダイグレンに強化パーツスロット増加のボーナスをつけるとパーツスロット4つの超銀河グレンラガンが完成し、その上で超銀河グレンラガンの方にボーナスを適用可能。残りのステージは宇宙しかないため、宇Sをつければ更に火力が跳ね上がる。この仕様は天元突破グレンラガンも同様。
注意点として、合体はグレンラガンからしか出来ないが、行動判定はダイグレンの方にあるので、合体の時はうっかりどちらかを行動終了させてしまわないこと(『W』をプレイしたユーザーならばヴァルガードを思い出せばいい)と、合体時にはダイグレンの方にグレンラガンが移動するので、ダヤッカが後方にいるとシモンが一気に前線から後退してしまう点。
ちなみに今回はキタンの特攻ではなく、ゲッタービームを吸収して変形している。合体イベントでもっとも驚愕すべき点は、原作であった螺旋海溝全てがゲッター線で賄われているという点である。
細かい点として、超銀河ダイグレンの時にもあるダヤッカの汎用台詞にシモンの返しが用意されている。
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
今作も終盤の第50話で使用可能になる。更にその6話後に真化融合が解禁されると天元突破グレンラガンにコマンド「天元突破」で変化することが可能になる。
フル改造ボーナスの仕様は変わらないので前作と同じ運用で行うことも可能。

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦X
第49話で使用可能となる。第3次Zと同じくグレンラガン・超銀河ダイグレンとは別にフル改造ボーナスを設定できるので忘れずに。
合体後は両者のExCまで統合されるため、Exオーダーを使うなどして残量を調整しておきたい。
今回はイノセントウェーブにより変形した。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

劇中で披露する機会は無かったが、下記以外にも下位形態の武装、技、機能は全て使用可能である。

格闘
指のドリルで敵を突き刺し、爆破する。

武装[編集]

フルドリライズ
グレンラガン時はこれ自体が攻撃として機能したが、超銀河では攻撃形態の名称となっている。本体そのものが巨大であるため、ドリルの一つ一つがさらにフルドリライズモードであり、さらにそれらすべてが超螺旋砲となっている。
超螺旋砲(メイルシュトローム砲)、メガボルテックスキャノン
主力兵装。螺旋エネルギーを破壊力に替えて撃ち出す。
可能時空軸一斉射撃
多次元確率変動制御ワープにより、出現位置と存在時間軸を予測できない敵に対して使用した技。近過去・近未来にまでトレースの範囲を広げ、フルドリライズ状態で超螺旋砲を一斉射、全方位を掃滅する。無量大数の数の敵さえもまとめて殲滅してしまうことが可能。
グレンブーメラン超銀河大切断
頭部と胸部にアタッチメントされたサングラスパーツを合体させ、投擲する。アシュタンガ級を一撃で粉砕した。『螺巌篇』ではこれで切断された空間からアンチスパイラルが出現した…。
超銀河ギガドリルブレイク
読んで字の如く。基本は同じで、両肩のギガドリルを連結させ、右手に装着して放つ。

特筆機能[編集]

螺旋界認識転移システム

特殊能力[編集]

螺旋力発動

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

3L

対決・名場面[編集]

お前の遺志は受け取った!!
本編25話より。アンチスパイラルの罠により螺旋力の海に沈められてしまった超銀河ダイグレン。脱出するには螺旋力を質量に変えているデス・スパイラルマシーンを破壊するしかない。自らの決意を固め、スペースキングキタンで出撃するキタン。そして彼は自らの螺旋力で巨大ドリルを顕現、デス・スパイラルマシーンへ特攻し、破壊するのだった…。自らの胸に悲しみを封じ、シモンは叫ぶ――「行くぞ、変形だ!」。彼の言葉の発する通り、巨大な人型へと変形する超銀河ダイグレン。そしてシモンのグラサンも星形へと変形していく。そして今、友の想いをこの身に刻み、無限の闇を光に変える、天上天下一騎当"神"の巨大ガンメン「超銀河グレンラガン」が誕生したのだった…!

スパロボシリーズの名場面[編集]

進化! 超絶螺旋超弩級ガンメン!!
『時獄篇』第58話。次元の狭間から掘り起こされ、再びその威容を表したカテドラル・ラゼンガンに乗り込んだシモンは超銀河ダイグレンと命名。膨大な螺旋力をもって、更に変形を果たそうとする。しかし、ジェミニスの妨害にあい、思うように集中できないでいた。そこへ「見ちゃいられないな」真・ゲッター1駆る竜馬が救援に現れた――かに見えたその時、ゲッターは何と超銀河ダイグレンにフルパワーのゲッタービームをぶちかました。一体何をしている、と自軍部隊が竜馬へ総ツッコミ状態の中、何とシモンの螺旋力が更に膨大なものへと転じていく。「これでしゃんとした」とシモンはゲッター線の力を借りることで倍増した螺旋力をもって超銀河グレンラガンへと変形を完了させた。漢の想いをこの身に刻み、無限の闇を光に変える。天上天下にそびえ立ち、神に匹敵――否、それすらをも超越する超ド級のグレンラガンがここに誕生したのだった――!

関連機体[編集]

カテドラル・ラゼンガン
元々の変形形態。超銀河はこの形態への変形機構をアークグレンラガンが乗っ取ることで発現した新形態である。

商品情報[編集]