コスモクラッシャー隊

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

コスモクラッシャー隊(Cosmo Crusher Team)とは、『六神合体ゴッドマーズ』に登場する、地球圏を防衛するため結成された部隊。

概要[編集]

コスモクラッシャーによる防衛、救難などを担当する。原作では地球圏防衛はもとより、外宇宙の危機にも立ち向かった。

主要メンバー[編集]

飛鳥ケンジ
クラッシャー隊の隊長。
伊集院ナオト
木曽アキラ
日向ミカ
明神タケル

関連人物[編集]

大塚茂
クラッシャー隊の上官。
ロゼ
明神静子
明石ナミダ
クラッシャー隊公認の隊員。

登場作品[編集]

Zシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦Z破界篇
ケンジやタケルら実働部隊の隊員が機体と共にZEXISに参加。終盤、改心したロゼも加入する。
第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
調査のために宇宙へ行ってる本家クラッシャー隊に代わり、大塚長官の依頼を受けた竹尾ゼネラルカンパニーの面々らがブランチロボット・マフィアに対抗すべくクラッシャー隊の代理を務める。その後、本家クラッシャー隊やS.M.Sとの合流によりマクロス・クォーター旗艦とした「新生クラッシャー隊」となり、その後も旧ZEXISメンバーとの合流を繰り返し、やがて旧ZEXISメンバーの半分近くが所属する一大精鋭部隊となる。そのため、序盤の終わり頃にZEXISが再結成されるまで、ルート次第ではしばらくこの新生クラッシャー隊を中心にストーリーが展開されることになる。
第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦D

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦64