ムーンクレイドル

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

ムーンクレイドル(Moon Cradle)とは、『αシリーズ』及び『OGシリーズ』に登場する施設

概要[編集]

プロジェクト・アーク」の一環として開発されたの大規模施設。アースクレイドルの対として、人類とその遺伝子を保存するのが主な目的であり、地下の人工冬眠施設、そしてその防備のための地上の軍事施設で成り立っている。

αシリーズではα外伝で完成しており、OGシリーズでは建設中である。開発したのがマオ・インダストリー社。

αシリーズ[編集]

α外伝で月面に建造され、マイクロウェーブ送信施設が内部施設(地表部分)の一つとして存在する。未来世界ではその更に内部にあるD.O.M.E.も出てくるため、「どこまでがムーンクレイドルで、どこまでがマイクロウェーブ送信施設で、どこまでがD.O.M.E.なのか」が非常にややこしい。現代では訳あり機体であるR-GUNパワードウイングガンダムゼロカスタムガンダムデスサイズヘルカスタムガンダムヘビーアームズカスタムが保管されていた。

OGシリーズ[編集]

DC戦争前から建設途中であり、コロニー統合軍にプラントとして利用されそうになった。また、インスペクター事件では異星人インスペクターによって占拠され、彼らの生産プラントとして利用されていた。占拠されたムーンクレイドルはヒリュウ隊の部隊により開放された。

関連用語[編集]

プロジェクト・アーク
アースクレイドル
マオ・インダストリー