EOTI機関

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search

概要[編集]

Extra Over Technology Inquiry Organization。EOTを研究するための学術機関。数多くの科学者らが参加した。換装武器の共通規格『ユニバーサル・コネクター』を提唱したのも同機関である。

アイドネウス島に落下した隕石「メテオ3」の調査団でもあり、メテオ3から発見された異星技術の研究が行われた。これにより地球圏の技術は飛躍的に発展していくのだが、これを管理する地球連邦政府EOT特別審議会により一般に公表されることはなかった。

のちに南極事件を皮切りにビアン・ゾルダーク総裁により武装組織ディバイン・クルセイダーズDC)へと生まれ変わる。

関連人物[編集]

ビアン・ゾルダーク
総裁。結果的に当時所長を務めていたテスラ・ライヒ研を辞する形となり、この時に多くの科学者が彼に従って機関に参加した。
カオル・トオミネ
元所属の科学者。
カール・シュトレーゼマン
上位組織であるEOT特別審議会の議長。彼の意向により機関が結成された。
リュウセイ・ダテ
「イテマエ機関」と呼び間違え、ライにツッコミを受けた。

関連用語[編集]

EOT
メテオ3
ディバイン・クルセイダーズ
EOT特別審議会