南極事件

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search

南極事件(Antarctic Event)とは、『スーパーロボット大戦シリーズ』における出来事

概要[編集]

南極コーツランド基地で行われた地球と異星人との会談が、グランゾンに搭乗するシュウ・シラカワの反乱によって決裂した事件を指す。

なお、詳しい内容については各項目を参照。作品によって経緯が異なっており、まとめると

  • 『第4次』はおそらくシュウの独断で引き起こされたもの
  • 『F』はゼゼーナンの陰謀により引き起こされたもの
  • OGシリーズでは実行こそシュウが行ったものの、独断ではなくEOTI機関(ビアン・ゾルダーク)の意向を受けてのもの

と分けることができる。

第4次スーパーロボット大戦S[編集]

国連ゲストの部隊が南極でグランゾンの攻撃を受け壊滅。ラングラン王都を壊滅させ地上に赴いたシュウ・シラカワが自らを利用した双方に報復したもの。マサキ・アンドーはこの事件に居合わせていた。旧シリーズの時系列的には『第2次スーパーロボット大戦』以前に起こった事件である。

事件の内容についてはマサキの口から語られ、ブライト・ノアも事件の出来事については知っていたが詳細は知らなかった。

魔装機神シリーズ[編集]

「メモリアル・デイ」において、マサキの回想としてマサキが南極事件に遭遇したエピソードが語られる。ここで判明した事は、マサキは事件後に南極を訪れシュウから「これからビアン博士と会う」という言葉を受け、ディバイン・クルセイダーズDC)を追うことになった事である。

『第4次』ではマサキはゲストがこの事件に関わっていた事やこの事件が特記事項としてあらゆる記録から抹消されている事まで把握していたが、この回想場面ではシュウが襲撃した相手の一部が異星人だった事までは掴めていないので、その辺りの事は後でシュウに聞いたものと思われる。『OGサーガ魔装機神I』ではリュウセイ・ダテが登場している。

スーパーロボット大戦F スーパーロボット大戦F完結編[編集]

国連ゲストテイニクェット・ゼゼーナンが、それぞれの目的で策謀した結果起こった事件として扱われる。

異星人側には『第4次』と同様の経緯で発生した事件として伝わっていた。また地球側はゲストの持つ技術を独占するべく軍を動かそうとした結果、発生した爆発として認識していた。真相はいずれとも異なり、ゲストの特使の一人であったテイニクェット・ゼゼーナンが、ゲストの穏健派であった高官を抹殺し実権を握るために起こした事件であった。グランゾンのブラックホール機関を暴走させ爆発を起こそうとしたところ、南極地下にある第1使徒アダムがこれに共鳴反応し、当初の意図を上回る大爆発が発生した。

これらの真相はシュウの口から語られる。

スーパーロボット大戦α ORIGINAL STORY[編集]

表向きはシロガネの竣工式とEOTI機関の新型機のお披露目の式典だったが、その裏で行われた地球側のEOT特別審議会エアロゲイターの会談が、シュウの反乱で決裂したもの。エアロゲイターはイングラム・プリスケンら以外にも複数の工作員を送り込んでおり、それらを通じて行われた。

OGシリーズ[編集]

『スーパーロボット大戦α ORIGINAL STORY』と同様の経緯で発生した事件だが、その背景設定はより細かくなっている。

地球に落ちた隕石メテオ3から得られた超技術EOTを管理していたEOT特別審議会は、もしもメテオ3を落とした異星人が本格的に地球に攻めて来た場合、到底勝ち目はないと判断。和平交渉ではなく、無条件の完全降伏をするべきと主張したのである。この裏には審議会が無条件降伏を果たした功労者と異星人側に認められれば、異星人支配下の地球で審議会が特権階級につくことができるという打算もあったようだ。審議会は「メテオ3を落とした異星人(つまりはエアロゲイター)のメッセンジャー」として接触してきたニブハル・ムブハルのコネクションを使い、彼を通じて地球側の情報の多くを売払い、そして向こうから要求されるがままに地球の物資を使ってEOTを使った兵器を開発していった。そして異星人に献上する「貢物」を用意し終わった審議会は、それの受け渡しと無条件降伏の調印のために南極に「ゲスト(お客さん)」として異星人たちを招待する。

だがそこにやってきたのはエアロゲイターを装ったゾヴォークであった。審議会は騙されて全く別の異星人のために働かされていたのだが、どうも最後までそのことには気づかなかった様子。一方、この秘密裏の降伏計画を知ったEOTI機関のビアン博士とシュウは、彼らの正体がエアロゲイターではないことにも気づいており、地球を売り渡すために行われた会談を襲撃することで地球を売り渡すことを阻止した(告死鳥戦記ではこの時、『F』と同様に政府高官とゲストの要人の大半が死亡したことが語られている)。そしてEOTI機関はディバイン・クルセイダーズを名乗り連邦政府に宣戦を布告。異星人に献上するために用意されていた兵器群はほとんどがDCによって接収された。

『第2次OG』でこの時にゲストと呼ばれた異星人が本格的に地球に侵攻してきたこともあり、特異点崩壊の際にシュウが改めてその事実を語っている。

旧シリーズと異なり、表向きシロガネとグランゾンの竣工式として公開されていたため、事件そのものも特に秘匿されていない。また、このときの映像がDCのプロパガンダとして広まったため、ヴァルシオンを差し置いてグランゾンがDCの旗機と認識されるに至っていたようである(コトブキヤ グランゾンの解説書より)。

余談だが、『第2次OG』にて『D』のキャラが参戦したため、南極にはファブラ・フォレースがあることになった。南極でのグランゾンの破壊行動がファブラ・フォレースへの干渉となったかどうかについては不明だが、南極事件とアインストの襲撃がジョッシュが機動兵器に乗るきっかけになったという設定がある。

関連人物[編集]

共通[編集]

シュウ・シラカワ
南極事件の当事者。
テイニクェット・ゼゼーナン
ゾヴォークゲスト)側の代表者で、この当時は筆頭書記官。
マサキ・アンドー
事件を目撃した人物。神聖ラングラン王国崩壊後に地上に上がり、直ぐにシュウを追跡して偶々出くわした。

版権キャラクター[編集]

タシロタツミ碇ゲンドウトレーズ・クシュリナーダ
Fで同席。

OGシリーズのみ[編集]

アルバート・グレイ
EOT特別審議会より、大使として出席していた(『ディバイン・ウォーズ』ではシュウと共にゼゼーナンと対面する様子が見られる)。この事件の段階では上記の事実を考えると負傷のみで済んだのはある意味幸運だったのだろう(もっとも、その後エアロゲイターの襲撃で死亡してしまうのだが)。
リュウセイ・ダテアヤ・コバヤシライディース・F・ブランシュタイン
警備任務に就いていたが、この時点では裏の事情を知る由もなかった。後に「暁の決戦」で真相が明かされた時に驚愕することになった。なおリュウセイはこの関係でOG版『魔装機神』における事件の回想シーンにも登場している。
ニブハル・ムブハル
異星人とコネクションを持つ謎の人物で、会談の仲介役を行っていた。審議会からはエアロゲイターの人間と思われていたようだが、実際はゾヴォークの出身。
ジョシュア・ラドクリフ
直接には関わっていないが、この事件と後のアインスト襲撃が機動兵器に搭乗するきっかけとなった。
アルバーダ・バイラリン
直接は関わっていないが、この事件で恋人を失った。

関連用語[編集]

ゾヴォーグ
ゲスト
グランゾン
エアロゲイター
EOT特別審議会